http://mobile.example.com/article100.html サッカー(WORLD CUP・W杯) | ANSWER is my life AX

ANSWER is my life

アナタはいくつ知ってますか?
ほぼ毎日!話題&流行キーワードをピックアップ中です。
GET UP AND GO☆彡

※韓国、とんねるず関連
【石橋貴明 & 木梨憲武】情報もね

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート格安航空券 国内持続的で良質な被リンクが得られるディレクトリ登録はSEO対策に必須です!

 
インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | - | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
W杯 アルゼンチン マラドーナ監督 報道陣に謝罪を求める
2010年
FIFA WORLD CUP
南アフリカ大会




サッカー=マラドーナ監督、メッシへのラフプレーに怒り
6月23日14時19分配信 ロイター

[ポロクワネ(南アフリカ) 22日] 
サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は22日、1次リーグB組の最終戦が行われ、アルゼンチンはギリシャに2―0で勝利した。ディエゴ・マラドーナ監督は試合後、FWリオネル・メッシに対するギリシャのラフプレーに怒りをあらわにした。
記者会見でマラドーナ監督は、「メッシがボールを持つたびにギリシャはラフプレーをしてきた。私たちは一体何の競技をやっているのか」と発言。
また監督は、ファウルが繰り返されるようなら、メッシを倒した3人目の選手にイエローカードを出せばいいと話し、「そうすればラフプレーを犯すディフェンダーがいなくなるだろう」と語気を強めた。

「お前らは間違っていた!」マラドーナ監督、報道陣に謝罪求める
6月23日11時42分配信 産経新聞

3連勝の土つかずで1次リーグを突破したことで、アルゼンチンのマラドーナ監督は、いつもにもまして“強気”になったようだ。苦戦した南米予選からチームの実力に疑問符をつけ続けていた報道陣に対して謝罪を求めた。
ギリシャ戦後の記者会見で、「お前らが言ってきたことは間違っていた! お前らは選手たちを尊敬する気持ちが欠けていたんだ!」と語気を強めると、「選手たちは100%プロフェッショナルだ。ピッチの上で全力を尽くした選手らに謝罪すべきだ!」と報道陣に要求した。
マラドーナ監督は昨年、報道陣に対する不適切な発言で2カ月間、活動禁止処分を受けている。そのときの苦い思いもどこへやら。冗舌なマラドーナ監督の口から次はどんな発言が飛び出すか…。

アルゼンチン代表のマラドーナ監督「メディアは選手たちに謝罪すべきだ」
6月23日12時6分配信 スポーツナビ

22日に行われたグループリーグ最終戦でギリシャを2−0で下したアルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ監督は、チームが3連勝でグループリーグを首位突破したことに満足の意を表した。
「国民には、ピッチで素晴らしいパフォーマンスを見せているこのチームを安心して見守ってほしい。ここまでチームは固い結束を見せている。このラウンドを通過したことに満足している」
一方で、この試合でエースのリオネル・メッシがギリシャのDFから執ようにファウルを受けたことに怒りが収まらなかったようで、皮肉交じりに主審を批判した。
「“フェアプレーの精神”はどこへいったんだ? メッシがボールを持つたびにつかみ倒されそうになるというのに、いったい何をしているんだ? こういう行為を止めさせるためにイエローカードを出すべきだろう。それがルールっていうもんじゃないのか」
さらに、チームが決勝トーナメント進出を決めたことで、これまで事あるごとにアルゼンチン代表を批判してきた母国のメディアに対し、謝罪と反省を促した。
「メディアは選手たちに詫びるべきだ。選手たちは100%プロフェッショナルだ。われわれは、自分たちがなすべきことをやっている。『アルゼンチンのユニホームを守る』ということをね。もちろん、彼らだって間違いを起こすことはある。だが、彼らをさんざん批判してきた連中も間違いを犯してきたということを認め、彼らに謝罪すべきだ」
また、決勝トーナメントについて聞かれたマラドーナ監督は、次のようにコメントした。
「各代表が格の違いを見せてくるのは、勝ち残る確率が狭まるこのラウンドからだ。ドイツ、イタリア、イングランドはまだ本調子じゃないが、最後には必ず勝ち上がってくるはずだ。次の相手であるメキシコには敬意を持っているが、われわれは落ち着いている。ウルグアイには敗れたが、彼らはハビエル・アギーレ監督の下、独自の戦術を有している。彼がアトレティコ・マドリーの監督をしているときにはよく話をした。だから、わたしは彼のことはよく知っているんだ。彼らの弱点を突いていきたい」

色んな方のコメント
・マラドーナは選手と共に戦っている。いい監督になったじゃないか。

・永遠のサッカー小僧なんだなこの人は。
精神的にも。

・どこの国でもメディアって自国の味方なのか敵なのかわからないよね。手の平返しのスペシャリストなのは間違いない

・不気味な程に「良いコメント」だなーwww
なにはともあれ、次戦以降も楽しみではある。

・勢いがあり過ぎる!これでメッシが爆発したら優勝しちゃうわ。アルゼンチンに賭けてる力士たちもウハウハだな。

・個人的にはメッシに謝れ。
売国奴呼ばわりしていたメディアと国民全てだ。
マラドーナが庇ってくれなければメッシは精神的にも大変だったと思う。

・とても立派なコメントでビックリした。
選手達の擁護もしているし。
選手は負けたら、
形はどうあれ謝罪や反省を述べるし、
マスコミが選手に謝罪ってのは理に適ってるね。

・マラドーナの元、チームが不思議なほどまとまってるね。
これも監督の一つの能力であり、仕事でもある。
フランス代表と比べると尚更。

・日本も決勝トーナメント残ったら岡田JAPANにごめんなさいしてからありかとうを言おう

・マラドーナが優勝カップにキスするところをもう一度見たい

・アルゼンチンの練習風景を観てたら
マラドーナが選手達に冗談で殴られてた(笑)
選手に近い監督。

・マラドーナの気持ちがよく分かる
彼とメッシはあれだけ国内メディアに卑屈に叩かれていたのだから(NHKでもその中身が放映されていた)

・メッシよりさらにチビでもマラドーナ世界最高の選手だった。
今ではイエローが当然のチャージを食らいながらも、一人でゲームを支配した。
94年大会では追放されたけど、ピーク去ってもすげぇパスセンスだった。
もう、マラドーナすげぇ

・マラドーナは しょっちゅう話題を提供してくれて面白い さすが 生涯異端児かな

・迷監督扱いされてきたが、ここまでの結果を出すのは素晴らしい!
マラドーナのピクシーみたいにベンチからのゴールが見たい!(笑)

・フェアプレーのくだりにはツッコミを入れたいが、
あとは全くその通りといいたい。
ここからが本当に監督としての
力量が問われるところ。
だが、何故かつい応援したくなるのは
やはりマラドーナなのかなー。

・試合見てて いつも思う
この人可愛いw
選手大事にしてる
ただでさえ強いチームはプレッシャー掛かってるから
監督が軽減してあげるべきだといつも思ってた
この人本当にサッカー好きなんだねw

・メッシがチェルシー着たらこんな感じか。
ちょっとカッコイイな
(笑)

・カンビアッソ、サネッティをはずした時はどうなるかと思ったが、チームワークはかなり良くなって来たな

・記事を読んだ限りでは、理想的な上司だな。
まあまあまあ その辺で抑えて ドウドウドウ 先があるから

・全く正しい。
これくらいのキャラじゃないと、オレオレ集団は制御できないんだろうね。

・面白い!応援します

・マラドーナは、監督しての戦術や采配などがいいのかよくわからないが、選手をこよなく愛し、選手と共に一丸となって戦っている事で、チームの団結や士気が上がっているのは間違いない。

・私はそう思わない1点どこの国でもマスコミは勝手な論評で批判を展開しておいてそれに対して責任は持たないもんなんですね。

・本当にメディアが謝罪したら面白いけどね。

・私はそう思わない2点全くだ!
世界各国でマスコミの無責任な記事や報道にうんざりしている。
なんでも煽ればいいと思ってんじゃないぞ!

・まさか、ディエゴからこんなコメントが聞けるとは
本当に素晴らしい監督になりつつあるね
今回は内紛が多いけど、アルゼンチンはチーム内の雰囲気は物凄く良さそう
ディエゴみたいな監督が日本にいればなぁ

・確かにメディアは自己反省しないもんな
それにしても、アルゼンチンはチーム状態いいな

・素晴らしいコメントじゃないか!!
マラドーナは素晴らしい戦術をもっているとは今でも思ってない。
でもそんなものは周りのスタッフでも出来る。
つまりディエゴはヘッド・コーチではなく監督なのだと思う。
チームをまとめるのが一番の仕事だ。
そりゃそーだ、こんなタレント集団よほどの人でないと言う事きかないよ。
どこぞの国の監督は素晴らしい戦術は持っていたが、人望がなくて(人格も悪く)内紛が起きてとっとと去ってしまった。
まーそんなゴタクは置いといて、やっぱこの人面白いな。
なんだろこの人を引き付ける魅力は。

・このコメントには共感できます

・マラドーナってメッシより背が低かったんだ、それであの伝説って、凄すぎやしないかい。

・今は各国メッシを抑えればアルゼンチンの攻撃力は半減すると思ってる!
まずその考えを周りの選手が崩す事が大事!
それで初めてメッシにスペースが与えられる!
まぁ潰れ役も大事やけど俺は暴れまくるメッシを見たい!

・何かとピッチ内外で問題行動は認められるが、選手を守り、結果も残す素晴らしい監督。応援したい。優勝したら、更なる英雄になる。

・アルゼンチンはメッシだけでなく、マラドーナが発したコメントからも目が離せないね!

・点入った時のマラドーナのリアクションがなんかウケる。

・マラドーナが怒るのも無理ないと思う。

・メッシーは本物の天才ですわ。

・マラドーナなんか大人になったな

・マラドーナは、スーツよりも、当時のユニホームを来て監督してほしい
マラドーナのいう通り!日本のメディアも日本が決勝トーナメントに残ったら謝罪して欲しい。

・やべぇ、マラドーナカッコいい。
理想の上司かも…

・マラドーナのカリスマ性は凄いな

・祖国アルゼンチンへの愛と、自分が率いる選手たちへの愛を出し惜しみしないマラドーナ。そんな彼がとても素敵だ。

・苦しむ強豪国の中にあってアルゼンチン、チームのまとまりという意味では大会に入ってからの上昇度がいちばん高いんじゃないか?

・日本人でこういう事言える人いないよな・・・

・「メディアは選手たちに詫びるべきだ。選手たちは…彼らに謝罪すべきなのだ」

もし日本が16強に残ったら岡田監督も言う権利が得れるね。

・いつの時代もマラドーナは格好いいな

・メディアは謝罪しない。だってこの後にはもうマラドーナを陥れる準備をしているのだから。骨まで食い尽くすハイエナ、それがメディア。

・マラドーナは、やっぱりマラドーナだ

・ブラジル=規律正しくチームワークを大事に組織的なプレーが合う
アルゼンチン=自由に伸び伸びと英雄(マラドーナ)と共にグラウンドで戦うほうが合う

・今回は内紛チームが多いけど、アルゼンチンはチーム内の雰囲気が良さそう。

・マラドーナ監督には大変申し訳ないが、麻原彰晃とダブってしまう。

・コメントを読むと、選手思いの良い監督ですね。
サッカーが好きでたまらない、そんな監督に思います。

・マスコミ達が何て言おうが結果だしてるマラドーナの勝ちだよ

・ハートが熱い監督に成ったよね。

・なんかまたお騒がせな発言してるかと思いきや・・・
いいコメント残してるね〜
それほど今回の予選は満足できる内容だったってことだ。
ホント強さと勢いを感じるチーム。
決勝Tがますます楽しみ♪
それに比べてフランスの監督ときたら。。

・マラドーナみたいな監督が日本にも欲しいな

・『この監督に恥かかせちゃいかーん!』って
スター監督だけが発揮できる効果って絶対あると思う
ミスターとか王さんもそうだったし
(-_-)うまくいかんケースもあるけどさ

・日本人も
耳が痛いか?
2年くらい前ベロベロに酔っ払ってパパラッチに投石してたのと同一人物には見えない…。

・こういう指導者は好感が持てる。
この人の為に頑張ろうって気になれる。

・マラドーナは選手と同じ目線で戦ってる。いい監督だ。

・選手を守る監督。
こりゃあ選手の信頼も厚いな。
正直ベスト4はカタいと思う。

・確かにメディアって、相手には謝罪を執拗に求めるが、自分達が間違った報道をした場合は、スルーだよね。
報道の自由ってのは分かるけど、適当に書いたり、相手が不愉快になる記事を書いたりするのはやめた方がいい。
ミスがあったなら謝る。コレ常識ね

・最初はマラドーナのパフォーマンスの方ばかりに目がいって始まったけど結果全勝勝ち点9で決勝進出すごいよね!!

・今回のワールドカップで何よりも断トツにオモロイのは、このオッサンだろ
点取った時は特にオモロイ
これからの決勝トーナメントは益々このオッサンから目が離せない

・こんな風に選手を親身に想ってくれる監督は素敵ですね。
チームが一丸となってまとまるのもわかる。

アルゼンチン代表のプレーは見ていてテンションが上がる。
これからもたくさんいいプレーをしてワールドカップを盛り上げてほしい!

・でもマラドーナは、ハンドしても、黙ってた

・私はそう思わない1点エウゼビオ、ペレ、ミュラー、ロッシ、フォンテーヌ、ロナウド等、歴史に名を残すFWはたくさん居るが、やはりマラドーナが一番だと思ういかがかな

・私はそう思わない1点私生活で見るべきものはないが、サッカーに関することは言動すべて的を得てるな・・・おそるべし、ディエゴ・マラドーナ。

・キャラは最高に立ってて面白すぎるけど、周りのスタッフは大変だろうね

・「メディアは選手たちに詫びるべきだ.」
名言だね。

・私はそう思わない0点超一流のドリブルや、ずば抜けたプレーなどに対して止めることができないからといって、ファールで止めることを認めてしまえば、素晴らしいプレーやゴールシーンは少なくなり内容がつまらなくなってしまう。
ぶつかり合うプレーは当然必要だが、サッカー自体を見てて楽しく、エキサイティングな試合にするには得点に繋がるような素晴らしいプレーを反則で止めた場合に厳しく警告し排除していくことが必要。

・マラドーナは見てておもしろい。監督だけど何かやってくれるんじゃないかってね

・ベッケンバウアーみたいに選手と監督の両方でW杯制覇するかもね。

・神。

・格好良い時も、格好悪い時も、とにかく魅力的なキャラだなあw
オレは謝ります。ドメネクと並べて語ってたことをw

・マラドーナはクラブチームの監督としては全然成績を残してないけど
選手全員が世界最高峰のプロフェッショナルだと驚くほどの結束力を生み出しそれが試合に出るんだな〜
来期も是非代表監督としてやってほしい

・選手の気持ちがわかる監督として最高にいい方です。頑張ってほしい。
やっぱりこの人は英雄なんですね。
今回の優勝はアルゼンチンじゃないかな?

・どこの国のメディアもいっしょだな◎

・メッシがされてるあのしつこいディフェンスはひどい

・マラドーナ見てるとアルゼンチンに優勝してほしくなる。

・フランスの監督とはえらい違いだ

・日本が負けた時に俊輔は空気読めない発言しそう…

・どこかの国と違い、監督と選手同士が尊敬しあってる。

・日本のメディアも代表チームと監督に謝罪すべき

・ここまで言ってくれたら 選手はホントに嬉しいと思うな

・下手すりゃ予選落ちと思っていた。マラドーナさんスイマセン!恐れ入りました。でも岡田には謝罪しないよ予選突破しても。あんなクソサッカーに未来はない。

・マラドーナを見てると、本当は自分がプレーしたいんだろうなってこっちが思う。
サッカーを楽しみたいって気持ちが強いんだろうね。
自分が活躍して、監督があんなに喜んでくれるってのは選手としても嬉しいだろうし、モチベーションが上がるんじゃないかな?

・マラドーナ「今大会は守備的布陣をとるチームが多いから、攻略法教えてやる。みんな集まれ」
ぞろぞろと選手集まる
マラドーナ「よし、ディフェンス誰でもいいから三人立て。いいか、ゴール前まで来ると三人ぐらいに囲まれてしまう。そういう時はだな…」
華麗にディフェンス三人を抜き去る
マラドーナ「ほら、こうやって簡単に三人交わしてしまえばいい」
メッシ「こんな感じですか?」
同じく三人抜き去る
マラドーナ「そうそう、そんな感じ。な、簡単だろ?」
メッシ「はい、簡単っすね!」
マラドーナ「よし、他の皆もやってみろ」
アグエロ「あ、出来た出来た」
テベス「ほんとだ、簡単だ」
イグアイン「俺は三人なんか無視してシュート決めるからいいや」
マラドーナ「よし、これで対策バッチリだな。プールで遊ぼうぜ」

・めちゃめちゃカッコイイ!!
どっかのヒネたプライドばかり高い○○監督にも見習ってもらいたいものだ

・マラドーナも、その出過ぎた腹について、スーパーマリオに謝罪しろ

・いい監督だな
仲間思いじゃないか

・数年前には病で死に掛けたなんて信じられないほど元気そうで何より。

・やはり、代表監督にはカリスマ性も大事なんだなと
つくづく思う。

・マラドーナが悪いわけでもなく、アルゼンチンが弱いのでもなく、
南米勢がやたら強いってことがはっきりしてきた。

・人間としてのルールを守れなかった人がサッカーのルールを説いてる
監督をすることでこうも変わるんだね
ノムさんの言ってた「立場が人を作る」の言葉はやっぱり本当だった

・日本も決勝トーナメント行って
岡田監督に同じ事言ってほしい。
メディアと一緒に謝りますから。



ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | サッカー(WORLD CUP・W杯) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
2010 FIFA WORLD CUP 1次リーグB組 ギリシャ(GREECE) vs アルゼンチン(ARGENTINA)
2010年
FIFA WORLD CUP
南アフリカ大会




〜GREECE〜
W杯:貧窮の中の歴史的勝利…さらなる「神話」目指すギリシャ
6月18日12時38分配信 サーチナ

日本時間17日深夜に行われたサッカー・ワールドカップ南アフリカ大会グループリーグB組の試合で、ギリシャがナイジェリアを2−1で降した。今大会初の逆転勝利となるとともに、ギリシャにとってワールドカップ初勝利となった。昨年から続く財政破たんで「お金がない」中でつかんだ歴史的勝利と言えそうだ。騰訊網は「生活苦」にあえいでいるギリシャサッカー界の内情を伝えた。
「お金が無いのが最大の困難。お金が無いから練習環境が整わない。お金が無いからキャンプは近隣のスイスにしか行けない。お金が無いからプレマッチが2試合しかできなかった…」とギリシャのタキスコーチが嘆いた。昨年10月より財政が悪化したギリシャにとって、今大会が始めて迎える大型の国際マッチとなった。
2004年にはアテネオリンピックを成功させ、サッカー欧州選手権でも優勝し、「ギリシャ神話」と呼ばれた時もあった。しかし、ギリシャ国内はこのチャンスをスポーツ経済発展の足がかりにしなかったために、今日の経済危機下で大きな打撃を受けているのである。ナショナルチームに十分な資金援助が与えられないばかりでなく、資金が底をついてリーグから脱退させられるクラブチームも出ている。国内リーグでプレーしていたギリシャの選手にとって今大会は、優れたパフォーマンスを見せて国外リーグからの誘いを待つという、自身の生活がかかった場なのだ。
ギリシャのグループリーグ最終戦は、ギリシャを破った韓国から4点を挙げて快勝した強豪アルゼンチン。敗れれば即敗退、勝ってもナイジェリア―韓国戦の結果次第という厳しい状況だが、ギリシャ選手たちは自らのアピールのためにも新たな「神話」作りを目指して全力で強豪に立ち向かって行くことだろう。

〜Argentina〜
タレント豊富なアルゼンチン、最終節は控え組投入か
6月19日19時21分配信 ISM

2010年W杯のグループリーグで2連勝し、現地時間22日(以下現地時間)にギリシャとの最終節を控えるアルゼンチン。アルゼンチンのディエゴ・マラドーナ監督は、主力に警告を受けているメンバーがいることもあり、控え組を複数投入して試合に臨むかもしれない。ロイター通信が報じた。
勝ち点6、得失点差4でグループBのトップに立っているアルゼンチンは、ギリシャ戦で引き分け以上の結果を出せば、無条件でグループリーグ突破が決まる。18日は、前日の韓国戦に出場したメンバーは休養を取り、リザーブメンバーが練習試合に臨んだ。
この日はふくらはぎの負傷で韓国戦を欠場したMFフアン・セバスティアン・ベロンがトレーニングに参加。また韓国戦で太ももに痛みを訴え途中交代したDFワルテル・サムエルも、「運よく肉離れではなかった。だからできるだけ早く復帰して、次の試合は出場したいと思っている。チームにはいい意味での競争があるし、誰だってポジションを失いたくはないからね」と、意気込みを示していた。
リザーブメンバーをテストしたことから、マラドーナ監督が最終節にそのうち数選手をピックアップすることが考えられる。MFホナス・グティエレスが2試合でイエローカード1枚ずつをもらい、累積警告により出場停止のため、右サイドバックにはアリエル・ガルセが起用される見込み。また、イエローカードを1枚もらっている左サイドバックのガブリエル・エインセの代役にはクレメンテ・ロドリゲス、同様にカードを1枚受けている主将ハビエル・マスチェラーノに代わって、マリオ・ボラッティがピッチに立つと思われる。

16強濃厚のアルゼンチン アグエロが初先発でメッシとコンビか/W杯プレビュー
6月22日7時30分配信 ISM

2010年W杯は現地時間22日、グループリーグ第3節の4試合が行なわれる。グループBで首位に立つアルゼンチンは、1勝1敗のギリシャと対戦。決勝トーナメント進出がほぼ確実なアルゼンチンは、主力メンバーを休ませるようだ。
ナイジェリアとの初戦で白星スタートを切ると、韓国との第2節で4対1と圧勝を飾ったアルゼンチン。ギリシャ戦では3ゴール差以上で敗れなければ、グループリーグ突破が決まる。引き分けでもグループ首位でのベスト16進出を決められるとあり、ディエゴ・マラドーナ監督は出場停止のDFホナス・グティエレスのほかにも、韓国戦で途中交代したDFワルテル・サムエルなど、主力メンバーを休ませると見られている。
また、FWセルヒオ・アグエロは「監督からは、僕とレオ(リオネル・メッシ)を組ませると練習で言われた」とコメント。前線でのメンバー変更もあることを明らかにした。また、同選手は「レオとはお互いのことをずいぶん前から知っている。より理解し合っているよ」と、メッシとのコンビネーションに問題がないことを強調している。
ナイジェリアとの第2戦で先行を許しながら、相手選手が暴力行為で退場になったことも幸いし、逆転でW杯初勝利を収めたギリシャは、決勝トーナメント進出に向けて勝利が欲しいところ。アグエロは「彼らは全力でくるだろう」とコメント。ギリシャの気迫に警戒を示した上で、「大事なのは、ほかの試合でやったように、僕らがボールを持てるかどうかだ」と、プレースタイルを変えることはないと語った。

アルゼンチン、16強進出濃厚もメッシは休まず
6月22日13時52分配信 ISM

現地時間21日(以下現地時間)、アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ監督は22日に行なわれるギリシャとの2010年W杯グループリーグ最終節に向け、エースのFWリオネル・メッシを休ませることはないと明かした。ロイター通信が報じている。
開幕2連勝と好スタートを切り、ギリシャ戦では引き分けでもグループ首位での決勝トーナメント進出が決まるアルゼンチン。だが、マラドーナ監督は「メッシは出場する。彼は常に試合に出たいと思うし、私もその姿勢が好きだからだ」とコメント。「休ませることも考えたが、圧倒的に世界最高の選手であるレオ(メッシ)のような選手がいるなら、チームや国民に彼を与えないのは罪だろう。彼に伝えたら、すごくうれしそうだった」と、エースを欠場させるわけにはいかないと語った。
マラドーナ監督はベテランMFファン・セバスティアン・ベロンがふくらはぎの負傷から回復したことを明かしている。主将のMFハビエル・マスチェラーノが欠場すると見られるため、本来ならばベロンが代わりにキャプテンマークを巻くのが普通だ。だが、メッシが主将を務める可能性について問われると、マラドーナ監督は「明日に分かるさ」と含みのある返答をしている。
そのほか、アルゼンチンはMFホナス・グティエレスが出場停止のほか、イエローカードを1枚受けているマスチェラーノとDFガブリエル・エインセも欠場の予定。前線もFWカルロス・テベスとゴンサロ・イグアインがベンチに座り、セルヒオ・アグエロ、ディエゴ・ミリートが代わりに出場すると見られている。
ギリシャはマラドーナ監督が1994年W杯において、代表最後となるゴールを決めている相手だ。同監督は「レオにはこの試合でゴールのバトンを引き継いでもらいたいね」とコメント。自らの後継者になってもらいたいと語った。

メッシ躍動のアルゼンチン、全勝で決勝T進出! メキシコと対戦決定/W杯
6月23日8時53分配信 ISM

2010年W杯は現地時間22日(以下現地時間)にグループリーグ最終節の試合が行なわれ、グループBではアルゼンチンがギリシャに2対0と快勝し、全勝でのグループ突破を決めた。ロイター通信が報じている。
開幕2連勝で首位を走るアルゼンチンが、悠々と16強入りの切符を手中に収めた。ここまでレギュラーとしてプレーしてきた前線のテベスとイグアインに代え、ディエゴ・ミリートとアグエロをピッチに送り出すなど、第2節の韓国戦から7名を入れ替えてきたマラドーナ監督率いる“セレステ・イ・ブランコ(アルゼンチン代表の愛称)”。層の厚さを見せ付けるかのように序盤から攻勢に出ると、ベロンやメッシのミドルなど、次々にシュートを放ってリズムをつかんでいく。
ギリシャGKの好守もあって、ゴールはなかなか生まれなかったものの、迎えた77分、アルゼンチンがついに先制に成功。CKから最後はデミチェリスが押し込んだ。さらに、これまでギリシャにマンマークを付けられ、なかなか持ち味を披露しきれていなかったメッシが、キレのあるドリブルでギリシャ守備陣を切り裂いてポスト直撃のシュートを放つと、89分にも再び細かいステップワークから強烈なシュート。これがパレルモのゴールにつながり、アルゼンチンがダメ押しの2点目を挙げる。
23歳の誕生日を2日後に控えたこの日、W杯でのアルゼンチン史上最年少キャンプテンを務めたメッシは、終わってみればマン・オブ・ザ・マッチの栄誉に輝いた。カウンターに活路を見出すギリシャを零封したアルゼンチンは、見事にグループ全勝を飾ってみせた。
上位2チームが決勝トーナメントに進むことができるグループリーグ。最終節を終えたグループBでは、全勝で勝ち点9のアルゼンチンが文句なしの首位突破、同4の韓国(1勝1分け1敗)が2位での通過を果たし、同3のギリシャ(1勝2敗)、同1のナイジェリア(1分け2敗)は大会から姿を消すこととなった。
なお、アルゼンチンは決勝トーナメント1回戦で27日にグループAを2位で通過したメキシコと対戦する。



ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | サッカー(WORLD CUP・W杯) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
W杯 観戦に・・・ コンドーム&大人用おむつの他に お供は??? IN.KOREA(韓国)
2010年
FIFA WORLD CUP
南アフリカ大会


<W杯>観戦のお供、一番人気は「チキン」
6月25日16時23分配信 聯合ニュース

【ソウル25日】
サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、韓国代表の試合が行われた日に最も売り上げが伸びた間食はチキンだった。
新韓カードが25日、韓国代表の1次リーグの試合が行われた12日と17日、ソウル地域の主な間食業界チェーン店の売上高を1週間前の同じ曜日と比べた結果を明らかにした。
チキンチェーン店の売り上げは、ギリシャ戦が行われた12日は76%、ナイジェリア戦があった17日は125%増えた。次いで、豚足・豚肉料理のポッサム(12日10%、17日42%増)、ピザ(同14%減、55%増)の順で売り上げが伸びた。中華料理は逆に売り上げが小幅に減少(4%減、9%減)した。
スーパーマーケット業界では12日、試合前の午後5〜6時の売り上げが1週間前の同じ時間帯に比べ、23%と大幅に増加した。だが、試合が行われた午後9〜10時は売り上げが1週間前に比べ65%減少した。同時間帯、美容室、書店、ガソリンスタンドも売り上げが大きく落ちた。
一方、共同応援イベントが開かれた全国33か所の居酒屋の売り上げも、12日と17日に大きく増加した。6月の一日平均売り上げは950万ウォン(約71万円)だが、12日は305%、17日は247%、それぞれ増加した。

【情報・関連サイト】
まさか ホントに使用していたとは… 妙な国だこと。
じゃ、コイツもイッておくか・・・ダサっ W杯と何の関係があるんだろ?低知能な民衆だな


ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | サッカー(WORLD CUP・W杯) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
日韓友好?どころか 対抗心ありありでしょ? 毎回×2 我が国と比べたがる所を見ると???
2010年
FIFA WORLD CUP
南アフリカ大会


韓国がW杯決勝トーナメント進出!次は日本の番だ!
6月23日6時28分配信 サーチナ

22日、サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会のB組韓国−ナイジェリア戦が行われ、韓国が2−2で引き分け、勝ち点4で決勝トーナメント進出を決めた。
韓国は前半12分、ナイジェリアのカル・ウチェのシュートで先制点を許したが、38分にフリーキックからイ・ジョンスが大会2得点目となるシュートを決め、同点に追いついた。
後半開始直後、韓国のパク・チュヨンが26メートルのフリーキックを直接決め、勝ち越しに成功。しかし、後半24分にはナイジェリアがPKを獲得、これを確実に決められて同点にされてしまったが、その後は一進一退のまま試合終了のホイッスルが鳴った。
一方、勝ち点3で並んでいたギリシャは強豪アルゼンチンと対戦。決勝トーナメント進出のためには勝つことが要求されたギリシャだったが、アルゼンチンの前に2失点を喫し、負けが確定。その結果、韓国はナイジェリア戦での引き分けで得た勝ち点1を加え、勝ち点4でグループリーグ2位となり、決勝トーナメント進出となった。
韓国のSBSテレビが試合前に行ったアンケートによると、試合は深夜3時30分からの中継にもかかわらず、回答者の67.6%が「生中継を見る」と回答したほか、78.5%の回答者が「韓国は決勝トーナメントに進出できると信じている」と回答するなど、韓国国民は韓国代表の決勝トーナメント進出に高い期待を寄せていたが、韓国代表は見事にこたえた形だ。
今大会、アジア勢で最初の決勝トーナメント進出を決めた韓国だが、同じアジア勢の日本は24日にデンマークと決勝トーナメント進出をかけて対戦する。

色んな方のコメント
・サーチナさん、なんでもかんでも韓国とからめて日本を記事にするの止めてもらえませんか?
遠まわしに日本と韓国のケンカを煽ってるとしか思えません。
あんたら中国の企業でしょ?中国はW杯出てないじゃん。日本の応援なんてしてる余裕あるの?虚しくならないの?

・日本を応援して見る韓国人は少ないだろうなw

・日本が決勝トーナメントに進めればアジア枠は守られそう。アフリカ勢はおそらくゼロになるだろうから。D組首位のガーナは最終戦がドイツ(&セルビアがオーストラリアに負けるとは思えない)、C組のアルジェリア、G組のコートジボワールも可能性は非常に低い。アジア勢は3ヵ国が大敗しているから、唯一大敗していない日本は絶対に残って欲しい。

・オージーも日本もチャンスが有る、北は残念。

・今大会は韓国お得意の審判買収がしにくいだろうから
どうせすぐ負ける!

・何だ、ナイジェリア敗退か。残念。

・アジア枠確保の為に、韓国の決勝トーナメント進出は嬉しいニュースです。
韓国という国とキム・ヨナを知る前なら心から喜べました。
日本も、決勝トーナメント進出して欲しい!欲しい!欲しい!

・韓国決勝トーナメント進出おめでとう。
次は日本だ、言葉どうりになるよう夜中でも一生懸命応援するぞ。

・韓国はいい試合で決勝トーナメント進出を決めたようで、
おめでとうございま・・・
うう・・・普段嫌韓だからすなおにおめでとうが言えない。
改めて・・・決勝T進出おめでとうございます。
決勝では上位目指してがんばってください。
日本も全力を出し切ってほしい。
負けてもくいなしではなく、負けたら炭鉱送りにされる気でがんばってほしい。
いや、それは冗談だけど、とにかく負けてくれるなと。
日本がんばれ!!

・アジア勢として、両国で盛り上げるため、
ぜひとも決勝トーナメントに出場してくれ。
しかし、今回のW杯の日本関連ニュース、
何かと「韓国」とタイアップされる。
それも日本を誹謗中傷した記事が多い。

・韓国が、決勝トーナメントに行けば、
次のアジア枠が減らない可能性がある
それは、良かったのでは?
日本も行こうぜ

・現在 W杯で中心活躍している朴や李はJリーグ出身である。Jリーグでの経験が今効果を出しているのは確実!!!
環境がいい日本で習得した実力を発揮しているんだ。こんな面で見れば日本のサッカ環境に感謝すべきだ。
韓国人として日本とともに4強まであがるのを見たい。(決勝までは無理かな? ^^)

・韓国はどうでもいい。
岡ちゃんには大きな期待はしない方がいいと思う。

・この記事を読んで思うこと。
「アジアで出場してるの、日本と韓国だけじゃないんだけどなぁ〜」
他の国も書いてやれよ。

W杯、韓国がベスト16に「アジアのプライド、日本も続け!」−韓国メディア
6月23日12時8分配信 サーチナ

サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会第10日の23日、ダーバンのモーゼス・マヒダ・スタジアムで1次リーグB組の韓国対ナイジェリアの一戦は、2−2で引き分けとなった。同時刻に行われた同B組の試合で、ギリシャがアルゼンチンに敗れたため、勝ち点4の韓国がグループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。
互いに積極的なプレーを見せた前半は、ナイジェリアが先手を取った。12分に右サイドからのクロスにMFカル・ウチェ(アルメリア)が決めて、先制点とした。その後は激しい攻防が続き、韓国も38分にDF李正秀(イ・ジョンス、鹿島アントラーズ)がFKを大外から押し込んで同点とし、1−1で前半を終えた。
後半の開始早々の4分にFKを得た韓国は、FW朴主永(パク・チュヨン、モナコ)が直接ファーサイドに決め、勝ち越しに成功。その後は韓国が守勢に回ったが、ナイジェリアは決定機にシュートミスを連発、得点に至らなかった。しかし、24分にナイジェリアはFWヤクブ・アイェグベニ(エバートン)がPKを決め、同点とした。試合は2−2の引き分けで終わった。
複数の韓国メディアは、韓国代表が、海外開催のW杯では初となる16強進出という快挙を成し遂げたと、速報で伝えている。
許丁茂(ホ・ジョンム)監督と23人の代表選手、そして5千万人の韓国国民の念願である16強進出の夢をつかんだ韓国は、26日には1次リーグA組を1位で勝ち抜いたウルグアイを相手に、8強進出という新しい夢に向かって進むとしている。
また、日本代表も、韓国と同様に海外開催のW杯で初の16強に挑戦する。第2戦までの試合を見れば、アジアの代表となった韓国、北朝鮮、オーストラリア、日本の4カ国の中で、一番良い内容で「アジアのプライド」を見せたといっても過言ではない。この勢いのまま、韓国とともに16強進出をと、日本代表にエールを送る韓国メディアも見られた。
日本は現地時間24日、デンマークと16強進出をかけて戦う。

色んな方のコメント
・政治的なことはひとまず抜きにして、韓国はよく頑張ったと思う。
日本もグループステージを突破すれば、アジアのサッカーも多少は敬意を持たれるだろう。

・そうだね。アジア枠の問題もあるから
ここは日本も続いていきたいところだなぁ。
まさに日本にとっても快挙になるわけだし。

・まあ、よかったな。(16強

・日本も渋谷に50万人集まってフィーバーしないかな。
凄い光景になるぞ。日本よ、一致団結だ。

・次ウルグアイじゃベスト8も夢じゃないな

・お前らが日韓大会で日本の敗退を大喜びしたのを俺は一生忘れない

・韓国人です
韓国と日本が一緒に 16強進出すれば自慢です
最近日本の勢いと精神力はよさそうに見えます
日本応援します
熱心にしてください

・表向き「韓国とともに16強進出を。」
本音「ウリたちだけが勝ち進めば良いニダ。倭猿チョッパリは予選敗退しろ。」
これが、韓国人。

・日本にも2点獲る得点力があればな・・・

・まぁ応援してくれるのはありがたい。
日本も続きたいところ

・これで、本当に日本が16強へ進出した場合の
韓国メディアの声がどう変わるか、楽しみでもある。

・なんか、朝鮮人の上から目線がムカつくんですけど・・・

・アジア枠や他国の応援もありがたいですが、まずは純粋に予選を突破して欲しいです。
ただそれだけです。

・よかったねー(棒
うれしいのは分かったから、いちいちこっちみんなよ…。

・引き分けでもいいから何が何でも決勝T行くぞ!!
そっから先は・・・勢いだ♪

・韓国中が発狂状態だっただけに無事引き分けてよかったね。
この国の怖さと選手のプレッシャーを思い知らされる一夜でした。

・日本のグループリーグ敗退を熱望
韓国国内では「日本ごときに韓国のマネはできない」の記事が準備されている

・決勝Tをつかみとれ!

・ドロー以上で、と好条件の土台までは持ってこれたけれども、正直、ここ一番に弱いのが日本、という印象があって、デンマーク戦は敗れてしまって『〇×の悲劇』とか名前をつけられそうな気がする。正直、迷監督の動向にもよるんだけれども・・・

・事実、先に抜けたんだから後に続けっていうのは表現として普通でしょ、別に上から目線じゃないし...どれだけ自意識過剰なんだよ...
...おまえら友だちいないだろ...

・韓国も北朝鮮も素晴らしい戦いぶりだった 今大会は南北朝鮮のための大会と言っていい

・アジアのプライド?
もし、韓国がグループリーグで敗退していたらこのような記事は出なかったでしょ?そのときは(おそらく日本と比較して)組み合わせが悪いとか、審判が悪いとか、言い訳を探すような記事を書くんでしょ。そして日本も負けて欲しいと願う。
所詮、自分のことしか考えていない国。アジアのプライドじゃなく、韓国のプライドの間違い。度量が狭い。

・サッカーであれ、何であれスポーツにおいて
お隣の国同士にいい刺激になるのは間違ってない事だと思います。

・よく言うぜ
絶不調のナイジェリアに押されまくってたクセによー

・WCで見る世界のアジア国に対する見下した態度には時々カチンッとくるものがある。
ただ実力が実力なだけにやり返せないのが今の現状。
日本も韓国も今大会で好成績を上げて世界を見返してほしい。

・よしよし。
韓国、よくやった!
これで日本も続けば、アジア枠4チーム中2チームが決勝トーナメントへ。
参加32チーム中16チームが決勝トーナメントなんだから、
出場チーム中の半分が決勝トーナメントに進めれば、出場枠の設定通りってこと。
文句あるまい!?
ってなると、ヨーロッパはどうなのよ?って思っちゃうけどね。
13チームも出てるんだから6〜7チームは決勝トーナメントに残ってあたりまえ。
それ以下なら出場枠を削減した方がいいんじゃないのかい?
少し南米に譲ったら?
白人至上主義の崩壊???(笑)

・やったか。いけるとは思ってたけど。

・ナイジェリアに何度もゴールを脅かされていたし、試合が終わったときは、ホッとした選手が多かったんじゃないか。オーストラリアも北朝鮮もトーナメント出場は無理だし、最後にアジアで残っているのは日本。日本は、偶然にも、ピーク状態にあるし、デンマークは強敵だけど、同点だったらそんなに難しい注文ではない。

・それでも韓国国民は日本は負ければいいのに・・・・と思っていると思う・・・・

・正直キムチがちょっとうらやましいな。。

・「続け」と来たか・・・・なんかムカつく。
しかし、日本代表にはベスト16目指して頑張ってほしい。

・勝てば官軍。
リップサービスでも何とでも言える。
もし韓国がナイジェリアに負けて予選突破できなかったとして
「日本はアジアのためにも予選突破してほしい」なんていう声が出たかどうかは甚だ疑問だろう。
そして、もし日本がデンマークに負けて予選突破できなかったら
結局上から目線で「ざまぁ」とか言うに決まっている。
半島南部国家は所詮、そんな国だ。

・言われなくても日本も続くぜ。ガンバレ日本!

・正直、決定的なチャンスを作れない日本はかなり厳しいだろ!

・すべては明日決まる。デンマークに勝ってはじめて今までの苦労が報われる。

・サッカーで欧米が日本を見下すのは仕方ないと思う。
だって日本人も、野球WBCでヨーロッパの国と当たったら、
「まあ、10中8,9勝てるだろう」と思うだろ。
相手が米国やキューバだったら「う〜ん、手強い相手に当たったなあ」だろうけどw。

・グダグダから、早速上から目線

・ん?
ふ〜ん
ナイスな韓国人も極稀にいるんだな
日本人より

・デンマークは格上だが、引き分けならいけそうな気もする。
こんなチャンスは二度と来ないかもしれない。
それに負けた時の韓国の報道がどうせ上から目線のムカつく内容だろうから見たくない。
絶対に負けられない戦いとはこのことだ。

・アジアから二つ勝ち抜ければ現状維持だろうな。
アジア4か国中2カ国が16強入りすれば成功だろ
南米がすごい。すべて勝ち抜きそうだ。
欧州はいつもより振るわない
アフリカが全滅の危機。
おめでとう!
日本はデンマークに勝って決勝Tに進出してくれるはず!

・日本も続け?なんだか偉そうなコメントだな。
日本の方を向かないで同胞の北朝鮮に対してなにか言ってやれよ。

・確かに大物これだけコケて居るんだしチャンスだよな

・日本の事がひたすら気になる韓国気質は分かるけど
オーストラリアも激励してあげてよ

・ち、韓国が勝ち上がっちまったか。
アジア枠の削減の為に、日本には是非敗退していただきたい。

・韓国が負けていればこんなことは言わなかっただろうな。

・チェ・ホンマンをキーパーにすれば、ベスト8まで行けるかもね。
なんだろう。この安心感。

・>日本も続け!
って、斜め上の応援?
腹の中は負けろだろ?

・まぁ、4.5枠は多いかなと思う
日本16進出 → 現状維持
日本敗退、北・豪がラスト勝 → 3.5 (最後意地を見せたというお情けで)
日本・北・豪負け → 3
が妥当かな

・>少し南米に譲ったら?
南米枠が少ないのは事実だが
どこを削るのが適当かといえば
やはり4もあるアジア枠だろう。
オーストラリアも無事敗退しそうだし。

・続かなくていいよ。
負けて日本は。

・続きたいさ。・・・でも正直言って「不安」だよ。

ガンバレ!日本!

・うん、後に続ければいいねぇ。

・サッカーで欧米が日本を見下すのは仕方ないと思う。
だって日本人も、野球WBCでヨーロッパの国と当たったら、
「まあ、10中8,9勝てるだろう」と思うだろ。
相手が米国やキューバだったら「う〜ん、手強い相手に当たったなあ」だろうけどw。

・政治的なことはひとまず抜きにして、韓国はよく頑張ったと思う。

日本もグループステージを突破すれば、アジアのサッカーも多少は敬意を持たれるだろう。

・良かったな、南朝鮮。日本も続きたいけど如何なんだろ。

・同じアジアとして韓国に続きたい。

・日本VSデンマーク
韓国戦みたいに寝ずに応援してくれたら信じる

・残りの全試合0-0の引き分け狙いでいったらベスト16に上がれんの?
点取らなきゃいけないとなれば無理なんじゃない?

・デンマークに勝ったら竹島返してね。
負けたら小沢・鳩山・菅の豪華三点セットを進呈するから

・>エールを送る韓国メディアも見られた
も、ということは一部だろ、日本ならかなり多いと思うよ。
サーチナにあまり一喜一憂するのはどうかな?
ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | サッカー(WORLD CUP・W杯) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
2010 FIFA WORLD CUP 1次リーグB組 ナイジェリア(NIGERIA) vs 韓国(KOREA)
2010年
FIFA WORLD CUP
南アフリカ大会




〜Nigeria〜
ナイジェリア代表監督「まだ決勝トーナメントに進む可能性は残されている」
6月18日11時50分配信 スポーツナビ

17日に行われたワールドカップ(W杯)グループBの第2戦で、ギリシャ相手に1−2で逆転負けを喫し2連敗となったナイジェリアだが、ラーシュ・ラガーベック監督は、まだ同国代表の予選通過を信じているようだ。
「22日に行われるグループ最終戦で、アルゼンチンがギリシャに勝利してくれることを期待したい。われわれには、まだ決勝トーナメントに進む可能性が残されている。今日も、ギリシャ相手に序盤はうまく試合をコントロールすることができたし、得点も決められた。だが、33分にカイタが退場してからは、特に前半が終了するまでの間、非常に苦しい状況に追い込まれた」
なお、試合の明暗を分けることになったカイタの退場処分が妥当だったかについて、ラガーベック監督は明言こそしなかったが、納得はしていないようだ。
「わたしがいた場所からは見えなかった。『相手を故意に蹴りつけたようだ』と説明されたが、ギリシャの選手がピッチに横たわっているのが見えただけだ。何が起きたのかは分からないが、少し腑に落ちないことも確かだ」
初戦のアルゼンチン戦に続き2連敗となったナイジェリアがグループリーグを突破するためには、22日の最終戦で韓国を倒し、なおかつ、アルゼンチンがギリシャに勝利することが必要となる。

一発退場のナイジェリアMFカイタに死の脅迫
6月21日17時9分配信 ISM

現地時間20日(以下現地時間)、2010年W杯グループリーグ第2節のギリシャ戦(17日)で退場処分となったナイジェリア代表MFサニ・カイタが、死の脅迫を受けていることが明らかになった。ロイター通信が報じている。
カイタは、ナイジェリアが1点先行して迎えた33分、ギリシャDFヴァシレイオス・トロシディスを蹴ったとして一発退場に。数的不利に立たされたチームはその後1対2と逆転負けを喫した。ナイジェリアは2試合を終えて勝ち点0。決勝トーナメント進出はかなり難しくなっている。
ナイジェリア代表の広報担当者はロイター通信の電話取材に対し、「カイタには、ナイジェリア国内から1000通以上の脅迫メールが届いている。我々はこの問題をとても深刻にとらえており、ナイジェリア政府とFIFA(国際サッカー連盟)に報告した」と、状況を語った。
同担当者は「彼は若く、国と代表のためにベストを尽くしている。だからこそ、我々はこの問題を深刻に受け止めている。代表チームは彼が死の脅迫を受けていることに大きなショックを受け、失望している。ナイジェリア政府には彼を保護する対策を緊急に求める」と、衝撃の大きさを表していた。なお、現在24歳のカイタはひどく動揺しているものの、チームメイトや関係者が同選手を力強く支えているという。
ナイジェリアは22日、グループリーグ突破をかけて韓国と対戦する。

サッカー=ナイジェリア、脅迫受けるケイタの警備強化を要請
6月22日16時11分配信 ロイター

[ヨハネスブルク(南アフリカ) 21日] 
サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の1次リーグB組で韓国との対戦を控えるナイジェリア代表が、当局に警備の強化を求めていたことが分かった。南アフリカの警察が21日明らかにした。
ナイジェリアは17日のギリシャ戦で、MFケイタが一発退場処分となった後に逆転負けを喫しており、同国サッカー協会によると、本国のナイジェリアから同選手あての脅迫状が、電子メールを中心にこれまでに1000通以上届いている。
南アフリカの警察は声明で、ナイジェリア代表チームから、特にケイタ選手の身辺に注意するよう依頼されたと明かしている。また、同選手への脅迫については国際サッカー連盟(FIFA)も認識しているという。
ナイジェリア代表チームの広報担当者は、ケイタ選手は脅迫を受けて非常におびえており、チームメートや関係者のサポートを受けていると話している。

〜KOREA〜
<W杯>許丁茂監督「アルゼンチン戦敗北をバネに」
6月18日9時31分配信 聯合ニュース

【ヨハネスブルク17日】
サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会第7日の17日、B組の韓国はアルゼンチンとの1次リーグ第2戦で1−4の敗北を喫した。
試合終了後、硬い表情で会見に臨んだ韓国代表の許丁茂(ホ・ジョンム)監督は「選手らはそれなりにベストを尽くした。きょうの敗北をバネにナイジェリア戦の準備に万全を期す」と決意を新たにした。
以下は一問一答。

――予想できなかった点差だが。
「わたしもやはり予想できなかったが、ナイジェリア戦ですべてが決まるだろう」
――十分備えたにもかかわらずアルゼンチンのメッシを抑え込むことができなかった理由は。
「前半の2失点は韓国のミスだ。後半に失点しなればメッシを抑え込む作戦に出ようとしたが、失点を挽回(ばんかい)しようとしたためにメッシを完全に封じることができなかった」
――守備はどのように補完するのか。
「ナイジェリアとの試合が重要だ。ベスト16入りに決定的な影響を与える試合だ。どのようにプレーするか分析を行ない、試合に備えたい」
――ギリシャ戦のときのようなプレーがみられなかったが。
「アルゼンチンはよくやったが韓国は不足した点が多かった。アルゼンチンは幸運のゴールもあったが、韓国はゴールのチャンスを生かすことができなかった」

<W杯>韓国の決勝T進出、ナイジェリア戦がカギ
6月18日9時34分配信 聯合ニュース

【ヨハネスブルク17日】
サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、1次リーグB組の韓国は17日(以下、韓国時間)に行われたアルゼンチンとの第2戦で完敗したが、決勝トーナメント進出への可能性は残っている。
ナイジェリアとの1次リーグ最終戦(23日)で勝利すれば2勝1敗、ベスト16への光が見える。ギリシャが予想を覆しナイジェリアに2対1で勝利したため、韓国に有利とも言える。
しかし、決勝トーナメント進出へのシナリオは非常に複雑だ。
現在B組では、アルゼンチンが2勝(5得点1失点)で1位、韓国が1勝1敗(3得点4失点)で2位。ギリシャは1勝1敗(2得点3失点)で、韓国と勝ち点、得失点差は同じだが総得点差で3位となっている。ナイジェリアが2敗(1得点3失点)で最下位。
アルゼンチンがギリシャとの1次リーグ最終戦(23日)に勝利すれば、韓国に最も有利なシナリオとなる。アルゼンチンが3戦全勝でB組1位を確定し、韓国はナイジェリア戦引き分けで1勝1敗1引き分けで決勝トーナメント進出が決まる。当然、ナイジェリアに勝てば2勝1敗でやはり進出だ。ナイジェリアに敗れた場合は、韓国、ギリシャ、ナイジェリアの3チームが1勝2敗で並び、得失点差と総得点で争うことになる。
アルゼンチンとギリシャが引き分けた場合、アルゼンチンが2勝1引き分けでB組1位確定、ギリシャは1勝1引き分け1敗となる。韓国はナイジェリアに勝てば2勝1敗で組2位となるが、引き分けるとギリシャと1勝1敗1引き分けで並び、得失点差と総得点差で争う。韓国とギリシャ、どちらが1次リーグ最終戦で多くのゴールを入れ引き分けるかで、組2位の座が決まる。韓国がナイジェリアに負ければ1勝2敗、2位はギリシャのものとなる。
アルゼンチンがギリシャに負ければ、両チームともに2勝1敗となり、韓国もナイジェリアに勝たなければ、2勝1敗で並ぶことができない。この場合も、得失点差と総得点で、決勝トーナメントへの切符を争う。韓国がナイジェリアに引き分けた場合は1勝1敗1引き分け、負ければ1勝2敗で、1次リーグ敗退が決まる。

<W杯>敗北をカンフル剤に、譲れない一戦に向け準備
6月18日11時22分配信 聯合ニュース

【ルステンブルク17日】
サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、韓国はB組1次リーグ第2戦、アルゼンチンに1−4で敗れた。試合を終えロッカールームに戻った許丁茂(ホ・ジョンム)監督は、選手らに対し「敗北の記憶を振り払い、ナイジェリアとの最後の試合に備えよう」と、短く語った。
選手らは3点差という衝撃的な敗北に、口数も少なく暗い雰囲気に包まれていたが、失意に落ち込む間もなく宿泊先に戻り、ナイジェリアとギリシャの試合をテレビで観戦。ナイジェリアを分析した。ナイジェリア戦は必ず勝利し、初の国外開催W杯決勝トーナメント進出を実現するという決意を改めて誓った。その後、車両でベース・キャンプ地のルステンブルクに移動。1晩休み、現地時間18日午前11時から回復トレーニングを開始する。負けられない最終戦に備え、コンディションをベストに引き上げていく。
得点を上げることなく、オウンゴールで先制点を献上した朴主永(パク・チュヨン)は、大量失点の引き金を引いたという自責感が大きい。ほかの選手よりも内省的でプライドが高いほうという朴がここから抜け出すことができなければ、ナイジェリア戦でベストの競技力を発揮することは難しくなる。しかし、この敗北がカンフル剤にもなり得る。痛みを乗り越え心機一転すれば、むしろ期待以上の良い結果を導き出す可能性もある。
ベテランの李栄杓(イ・ヨンピョ)は「まだW杯は終わっていない。もともとギリシャとナイジェリアに勝利することに焦点を当てていた。強いチーム、ベスト16進出の資格があるチームなら、今日のように望まない結果が出たとき、精神的に克服できなければならない」と語った。また、「主永1人だけのミスではなく、皆の失点だ。これで悩むことがあってはいけない」と、後輩を激励した。
主将・朴智星(パク・チソン)は「ロッカールームの雰囲気は良くなかったが、早く忘れ、次に備えなければいけない。まだ16強進出の希望はある」と、力強く語った。唯一のゴールを決めた李青龍(イ・チョンヨン)も、「16強に大きな支障はない。ナイジェリアは十分ぶつかれる相手。韓国も選手も笑えるはず」 と、淡々と新たな覚悟を示した。
韓国は22日午後20時30分(韓国時間23日午前3時30分)、B組1次リーグ最終戦をナイジェリアと戦う。

W杯:韓国メディア「ナイジェリア戦には青信号が点灯」
6月18日19時6分配信 サーチナ

サッカーのFIFAワールドカップで17日、B組上位2チームのアルゼンチンと韓国が決勝トーナメントの進出をかけて対決したが、韓国は1点を返したものの、4点を取られて大敗。厳しい現実に直面することなったが、許丁茂監督もメディアも「ナイジェリア戦には勝ちにいく」、「勝てる」と意気軒昂だ。
試合後の記者会見で、韓国の許丁茂監督は「最善を尽くした」と選手を称え、「ベスト16進出の夢は諦めない」と述べた。予想外の大敗に韓国では衝撃が走ったが、許監督によると、決勝トーナメント進出の鍵はナイジェリア戦。「すべてをかけて絶対に勝つ」と意気込みをみせた。
今回の惨敗について、韓国では「許監督に采配ミスがあった」との声が多い。ギリシャ戦で好プレーをみせたDF車ドゥリを出場させなかったことなどだ。車ドゥリの代わりに出場した呉範錫(オ・ボムソク)にも「ファールが多すぎた」と非難が相次いだ。
監督の采配をめぐる論争だけではなく、「後半3点目を決めたイグアインがオフサイドだった」とする見方もあり、「不運」と伝えるメディアもある。
一方、韓国にとってグループリーグ最終戦の相手となるナイジェリアは、アルゼンチンとギリシャに連敗し、勝ち点0。しかもMFカイタがギリシャ戦で反則退場、DFタイウォが痛みを訴え交代した。
韓国メディアは、「ナイジェリアはもともと、守備が弱点」、「しかも、状態はベストでない」と指摘。主力メンバーが欠場するナイジェリアと対戦する韓国チームに「青信号が点灯した」と主張している。
B組は、決勝トーナメント進出がほぼ確実なアルゼンチンを除き、ギリシャ・韓国・ナイジェリアが、決勝トーナメント行きの最後の1枚のチケットを争う展開となった。韓国では関係者もメディアも「ナイジェリア戦は必ず勝利」と、意気軒昂だ。

<W杯>負けられない一戦、ナイジェリア戦の先発固まる
6月20日16時2分配信 聯合ニュース

【ルステンブルク19日】
サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、韓国は23日午前3時30分(韓国時間)、ナイジェリアとB組1次リーグ最終戦を戦う。1954年にスイスW杯に初出場して以来、初の国外開催W杯決勝トーナメント進出をかけた、運命の一戦だ。
2002年の韓日W杯で準決勝にまで進んだ韓国は、これまで7回連続・合計8回W杯本大会に出場したが、国外開催の大会ではすべて予選敗退した。
リーグ最終戦を戦うナイジェリアは、1994年と1998年に2大会連続で決勝トーナメントに進出。1996年のアトランタ五輪で金メダル、2008年の北京五輪で銀メダルと、国際舞台で着実に成績を上げている。ただ、2002年の韓日W杯では予選敗退、2006年のドイツW杯では地域予選で敗れ、本大会に出場できなかった。
8年ぶりのW杯本大会となるナイジェリアは、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング21位と、韓国(47位)より26ランク高い。だが、ナイジェリアが今大会で力を発揮できず、2敗で最下位にいることは韓国にとって好都合だ。
韓国は初戦でギリシャを2−0で下し、第2戦ではアルゼンチンに1−4で敗れ、1勝1敗としている。ナイジェリアを下せば2勝1敗で決勝トーナメントのチケットを「予約」することになる。同時刻の試合でギリシャがアルゼンチンを負かせば3チームが2勝1敗で得失点差を争う状況も考えられるが、ナイジェリア戦の勝利は決勝トーナメント進出の「保証小切手」も同然だ。
ナイジェリアと引き分ければ1勝1敗1分でアルゼンチン・ギリシャ戦の結果を見なければならないが、ナイジェリアに負ければすぐに荷物をまとめて帰国の途につかねばならない。
許丁茂(ホ・ジョンム)監督はアルゼンチン戦後のミーティングで、「破釜沈船(背水の陣)」の覚悟でナイジェリアとの一戦に挑むと決意を新たにした。アルゼンチン戦で見せた「4−2−3−1」のフォーメーションより、さらに攻勢の強い「4−4−2」で挑むようだ。
看板ストライカーの朴主永(パク・チュヨン)が攻撃の主軸を担い、李東国(イ・ドングク)か「左足の達人」廉基勲(ヨム・ギフン)のどちらかが朴のパートナーとして息を合わせる。
両サイドのウイングには朴智星(パク・チソン)と李青龍(イ・チョンヨン)、中央MFには金正友(キム・ジョンウ)と奇誠庸(キ・ソンヨン)。守備ラインは左から李栄杓(イ・ヨンピョ)、李正秀(イ・ジョンス)、趙容亨(チョ・ヨンヒョン)、車ドゥリ(チャ・ドゥリ)が並ぶ。アルゼンチン戦で突破された右サイドに、呉範錫(オ・ボムソク)の代わりに車ドゥリが入った。GKは、2日前に男児が生まれたばかりの鄭成龍(チョン・ソンリョン)が務めるようだ。
対するナイジェリアは、ヤクブ・アイェグベニを主軸に韓国のゴールを狙う。アイェグベニの活用度に応じ、「4−4−2」または「4−3−3」のフォーメーションを取るようだ。

<W杯>ナイジェリア戦、朴主永と廉基勲が2トップ
6月21日14時21分配信 聯合ニュース

【ダーバン21日】
サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、許丁茂(ホ・ジョンム)監督率いる韓国代表は23日(韓国時間)午前3時半、ダーバン競技場でナイジェリアと1次リーグB組の最終戦を行う。W杯出場から56年目にして国外開催で初の決勝トーナメント(ベスト16)進出という挑戦に乗り出した韓国にとっては、運命の一戦となる。
1954年スイス大会でW杯初出場を果たした韓国は、1986年メキシコ大会から7大会連続でW杯の舞台を踏んでいる。2002年韓日大会でベスト4に進出したものの、6回にわたる国外大会ではまだベスト16入りを果たしていない。2006年ドイツ大会でトーゴに遠征初勝利を挙げただけで、1勝11敗5分けと厳しい成績を残している。
史上初の遠征ベスト16入りという記念すべき挑戦に臨む韓国代表の対戦チームは、アフリカの伝統強豪国ナイジェリア。1994年米国大会と1998年フランス大会でベスト16入りを果たし、1996年アトランタ五輪で金メダル、2008年北京五輪で銀メダルを獲得するなど、国際舞台で着実に成績を残している。しかし、2002年韓日大会では1次リーグで脱落し、2006年ドイツ大会では地域予選を通過できなかったため、今大会は8年ぶりの出場となる。
ナイジェリアは国際サッカー連盟(FIFA)ランキングも21位で、韓国(47位)より26ランク高いが、今大会では力を発揮できず、2敗でB組最下位。韓国にとっては好都合だ。
韓国は第1戦のギリシャ戦で2対0で快勝した後、第2戦のアルゼンチン戦で1対4で敗れ、1勝1敗を記録している。ナイジェリアに勝てば、2勝1敗で決勝トーナメントの進出チケットを「予約」することになる。
ギリシャがアルゼンチンに勝てば、3チームが2勝1敗で並び、得失点差を争う状況になり得るが、ナイジェリアに勝てば決勝トーナメント進出は事実上確定する。
ナイジェリアと引き分ければ1勝1敗1分けとなり、アルゼンチン・ギリシャ戦の結果次第でベスト16入りへの可能性がなくはないが、ナイジェリアに負ければすぐに荷物をまとめて帰国の途につかねばならない。許監督は、「破釜沈船(背水の陣)」の覚悟でナイジェリアとの一戦に挑むと決意を新たにした。
幸い韓国はナイジェリアとの国際Aマッチ対戦成績は2勝1分けでリードしている。韓国代表はナイジェリア戦を想定し3月に行ったコートジボワールとの強化試合で2対0で勝利し、自信に満ちている。許監督は「4−4−2」のフォーメーションで、得点を狙う構えだ。
看板ストライカーの朴主永(パク・チュヨン)と「左足の達人」廉基勲(ヨム・ギフン)が攻撃の2トップとして乗り出す。許監督は、廉と李東国(イ・ドングク)の間で悩んだ末、セットプレーのキッカーとして活躍する廉を最終的に抜てきした。
両サイドのウイングには朴智星(パク・チソン)と李青龍(イ・チョンヨン)、中央MFには金正友(キム・ジョンウ)と奇誠庸(キ・ソンヨン)。守備ラインは左から李栄杓(イ・ヨンピョ)、李正秀(イ・ジョンス)、趙容亨(チョ・ヨンヒョン)、車ドゥリ(チャ・ドゥリ)が並ぶ。アルゼンチン戦で突破された右サイドに、呉範錫(オ・ボムソク)の代わりに車が入った。GKは、ギリシャ戦から3試合連続で鄭成龍(チョン・ソンリョン)が務める。
対するナイジェリアは、ヤクブ・アイェグベニを主軸に韓国のゴールを狙う。アイェグベニの活用度に応じ変わるだろうが、「4−4−2」のフォーメーションになる可能性が高い。

韓国「ドローは狙わない」 ナイジェリアは敗退覚悟か?/W杯プレビュー
6月22日7時31分配信 ISM

2010年W杯は現地時間22日、グループリーグ第3節の4試合が行なわれる。グループBでは1勝1敗の韓国が、2連敗と崖っぷちのナイジェリアと対戦。引き分けでも決勝トーナメント進出の可能性がある韓国だが、あくまでも勝利を目指すつもりのようだ。
ギリシャとの初戦で2対0と好スタートを切ったものの、続くアルゼンチン戦では1対4と完敗した韓国。グループ内で圧倒的な力を誇るアルゼンチンがギリシャを下せば、韓国はナイジェリアとドローでも16強進出が決定する。
だが、MFキム・ジョンウは「グループリーグを突破するために勝ちたい」とコメント。「ドローで十分なんて声もあるみたいだけど、僕らは勝利を望んでいる。特に序盤に失点しないようにし、高いクオリティを持たなければならないんだ」と、2002年の自国開催以来となるグループリーグ突破に向け、消極的に勝ち点1を狙ってはいけないと強調した。
一方、黒星スタートで迎えたギリシャとの第2戦で、幸先よく先制に成功したにもかかわらず、MFサニ・カイタが不用意な暴力行為で退場となり、逆転負けを喫したナイジェリア。連敗で勝ち点0の同代表は、韓国に勝利を収めた上で、ギリシャがアルゼンチンに敗れた場合、得失点差でグループリーグ突破の可能性がある。
しかし、キャプテンのDFジョセフ・ヨボは「次で勝っても、ラウンド突破はできないようだ。基本的に、僕たちは大会から外れてしまっているよ」とコメント。チームは“奇跡の大逆転”を目指すムードにないようだ。

韓国国民78%“W杯ベスト16へ進出”話題はアイドルより韓国代表! 
6月22日11時1分配信 WoW!Korea

韓国国民の78.5%が「南アフリカワールドカップ(以下、W杯)韓国代表は、ベスト16へ進出する」と回答したことが、テレビ局の調査で明らかとなった。
SBSは今月19日、韓国リサーチ協力のもと、全国の19歳以上の男女1,000人を対象に“サッカー韓国代表のベスト16進出の可能性”について世論調査を行った。この結果、回答者の78.5%が「進出する」と答えたことが21日、発表された。
また、韓国代表がベスト16へ進出した場合、試合時間に関係なく(韓国代表チームの)試合を視聴するか、という問いに関しては90.7%の回答者が「視聴する」と答えたという。
今月12日に行われた韓国対ギリシャ、17日の韓国対アルゼンチン戦の観戦に関する調査では、それぞれ89.2%、91.2%の回答者が生中継で試合を観戦していたこともわかった。
なお、韓国時間(日本も同時刻)で23日午前3時30分より行われる韓国対ナイジェリア戦については、回答者の67.6%が生中継で視聴すると答えた。
同調査は、住民登録人口の状況に合わせ、調査対象者を地域別、性別、年代別に分けて無作為に選出、電話で調査を実施したものだ。

色んな方のコメント
・日本、韓国がそろって決勝トーナメント進出を!!

・ギリシャの結果にもよるがこちらも引き分け以上でOKだからね。
アジア枠確保のためにも日本と韓国には頑張ってもらわないといかんよ。
あっ、北朝鮮と豪州はお疲れ様でした〜

・ここ数年は韓国のが強いと思ってたけどデンマーク戦を見る限りわからんね

<W杯>許丁茂監督「16強進出、やれると信じている」
6月22日15時50分配信 聯合ニュース

【ダーバン22日】
「選手たちはベスト16進出に向け2年半走ってきた。終着駅に最後の勝負を残している。ベスト16進出への熱望は強く、選手たちも志をひとつにしている。やれると思っているし、わたしも選手たちを信じている。良い結果を出せるようベストを尽くす」――。
サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会、B組1次リーグ第3戦ナイジェリア戦を控える韓国代表の許丁茂(ホ・ジョンム)監督は21日、ダーバンで行われた公式記者会見で、初の国外開催大会決勝トーナメント進出を賭けた戦いに挑む心境を語った。「破釜沈船(釜を破り船を沈める)」、決死で戦うという意味の故事成語で覚悟を示した。

以下は一問一答。
――ナイジェリア監督をどう見るか。また、最も恐るべき選手は。
「試合を数度見たが、ラーゲルベック監督はすばらしい人物だ。攻撃陣ではアイエグベニ、オデムウィンジ、ウチェら優れた選手を抱える。守備陣もヨボら良い選手が多く、良いチームだ」
――ベスト16進出の道は複雑だが。
「ほかの試合を見守らなければならないが、わたしたちがどれだけ良い試合を展開し、良い結果を得るかが重要だ」
――攻撃型と守備型、プレースタイルの選択は。
「アルゼンチン戦は、守りの試合、攻めの試合と考えていたのではない。守りの試合のように見えるが、ナイジェリア戦では、攻撃と守備のバランスを取りながら、勝つ試合をする」
――先制ゴールを許せば、展開が苦しくなると思われるが。
「試合は誰にも分からない。先制ゴールを入れれば良い方向に余裕ある展開ができるだろう。先制ゴールを与えれば難しい試合になり得る。仮想で語ることは難しい。先制ゴールを決めたいが、試合は予測不可能だ。どのような状況になっても粘りの勝負が必要だ」

<W杯>ナイジェリア戦、芸能人も熱い声援
6月22日17時15分配信 聯合ニュース

【ソウル22日】
サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の1次リーグ突破がかかっている韓国代表の最終戦、ナイジェリア戦で、芸能人も参加する様々な応援イベントが開催される。
ナイジェリア戦は23日午前3時30分(韓国時間)にキックオフする。
SBS社屋の1階ロビーでは23日午前2時から、タレントのソ・ギョンソクとキム・グラの司会で応援イベント「勝利の喚声」が行われる。お笑いコンビ・カルトゥのキム・テギュン、歌手グループ・スーパージュニアのイトゥク、ウニョク、イェソン、グループT−araなどが参加する予定だ。
漢江市民公園の盤浦地区では22日午後8時から23日午前6時まで、歌手のPSY(サイ)やキム・ジャンフン、4Minute、ブラウンアイドガールズなどが参加するコンサートや応援イベントが行われる。
また、サッカー代表の公式サポーター「レッドデビル」の今大会公式応援曲「勝利の喚声」を歌ったトランスフィックションは23日、オリンピック公園で応援ムードを盛り上げる。
俳優のチャン・グンソクは22日午後11時から23日午前6時まで、シェラトン・グランデ・ウォーカーヒルホテルで1000人が参加するイベントを開催する。歌手のク・ジュニョプらとともにDJプレイなどを披露し、参加者らと試合を観戦する。イベントの収益金は漢陽大学病院に寄付する予定だ。
南アフリカ共和国にも芸能人が応援に駆けつけている。俳優のチョン・ジュノや歌手のキム・フングクは2022年W杯の韓国誘致(招致)委員会の広報大使として16日から現地に滞在し、韓国代表に声援を送っている。


ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | サッカー(WORLD CUP・W杯) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
あのFRANCEが… 1勝もできずに 2010 FIFA WORLD CUP 終了! 色んな意味でスゴイです
2010年
FIFA WORLD CUP
南アフリカ大会


「フランスの敗退、喜ばしい」誤審で出場逃したアイルランドでは祝杯 W杯
6月23日11時9分配信 産経新聞

結局、1勝もできずに南アフリカを去ることになったフランス代表チームの悪夢を、昨年「世紀の大誤審」で出場を逃したアイルランド国民は誰も同情しなかった。「ここでは、ドメネク監督を好きなものはいない」「われわれが出るべきだったのだ」。W杯史上最悪の成績にうちひしがれるフランス国民をよそに、アイルランドのサッカーファンは祝杯をあげた。
昨年11月のW杯欧州予選プレーオフ。名将トラパットーニ監督率いるアイルランドは、決勝点をアシストしたフランスFWアンリのハンドの反則が見逃されて、土壇場で出場を逃した。トラパットーニ監督は試合後、「我々は主審がためらって、アンリに目をやるのを見た。あれはハンドだった」と食い下がり、アイルランド閣僚が再試合を要求する事態にもなったが、結局、フランスの出場が決まった。
その後、アンリのハンド見逃しは「世紀の大誤審」と言われ、語りぐさとなった。
それだけに、アイルランドでは今回のワールドカップを複雑な感情で迎えた。南アのピッチにフランスの「ラ・マルセイーズ」が流れるのを恨めしそうに聞いた。
17日のフランス−メキシコ戦の前に、スタンドのファンがアイルランドの国旗を持って、「アイルランドvsメキシコ」と掲げた写真は国内で大きく取り上げられ、「メキシコがわれわれを支えてくれている」と伝えられた。
フランスの不調はアイルランドのサッカーファンのイライラを解消させることになった。「祝杯だ」「俺たちは絶対に、アンリのハンドを忘れない。南アには俺たちが行くべきだった」
アイルランド代表選手として72キャップを持ち、トラパットーニ監督の下でコーチを務めたリアム・ブレイディ氏は22日、フランス敗退の知らせを受け、「こんな形で終わって、私は喜ばしいよ。彼らは南アで間違ったやり方を通してしまったね」と答えた。
フランスの敗退でようやく、アイルランドの南アW杯も終わった。

フランス代表引退の花道?0−2の劣勢で途中出場のアンリ
6月23日11時24分配信 サーチナ

グループリーグ最終戦で南アフリカに1−2と敗れ、グループA最下位という屈辱とともに南アフリカの地を後にすることが決まったフランス。最終戦では、劣勢の中でベテランのアンリが途中出場した。騰訊網スポーツチャンネルは、この投入について「アンリにとっては代表引退のための演出としか考えられない」と評する記事を掲載した。
アンリはフランス代表史上唯一ワールドカップに4大会連続で出場した選手だ。初出場の1998年フランス大会では優勝メンバーの栄誉に浴し、2002年の日韓大会では予選敗退の戦犯扱いを受け、06年のドイツ大会ではイタリアとの決勝でジダンが退場する直前に足をつって無念のリタイア。そして4度目のワールドカップをかけた昨年の欧州予選プレーオフでは決勝ゴール直前にハンドを犯していたことが取り沙汰され、チームは出場を決めたものの彼自身の地位は低下していた。
大会が始まると、アネルカの暴言事件でチームが崩壊状態になった。練習のボイコットを首謀した選手を外した最終戦では、アンリに先発のチャンスが回ってくるとの予測が出たが、結局彼がスターティングメンバーに名を連ねることはなかった。崩壊したチームに対して「若返りを図るべきだ」という批判が各方面から出るようになり、今年33歳になるアンリにとって、次のワールドカップ出場の望みは薄い状況にある。
0−2という敗色が漂った中で登場した35分間は、彼の代表引退の花道になってしまうかもしれない。

色んな方のコメント
・アネルカの暴言以前に、このチームは崩壊していたよ。
どういう力学が働くのかわからないけど、あの監督が続けるのはありえなかっただろう。
フランス人の考えることはわからん。

・サッカー選手の寿命は15年程度…スターの引退は寂しいな。
でもってエブラの
「フランスは真実を知る必要がある。人々は来週にそれを知ることになるだろう」
が気になる。

・この大会がW杯最後の勇姿だったと思うけど
あまりにも残念すぎるよな。

・フランスには落胆したよ。選手が一丸になるのが練習ボイコットのときだけだなんて。

・汚い手を使ってW杯出場を決めたバチが当たったと思う。さようなら。

・フランスにはがっかりしたけど、
アンリはやっぱりいい選手だ。

・アンリと俊介が重なって見えてしまう。俊介には是非頑張ってほしい。

・フランスにはアンリ、日本にも川口君

・こうして負ければ「ハンドで本大会に出て来たんだから」と言われてしまうわけだけど、あまりに不甲斐ないサッカーだったね。

・盛者必衰・・・

・誰が重なって見えるって!?俊輔が入ってからとアンリが入ってからとでは明らかだろうが!!

内紛のフランス、空中分解…まさかのA組最下位で敗退
6月23日16時56分配信 夕刊フジ

1分け2敗でまさかのA組最下位。前回準優勝のフランスは未勝利のまま大会を去る。
苦戦した欧州予選。W杯切符はアイルランドとのプレーオフで、ハンドの反則ありきのゴールでつかんだ。本大会で汚名をそそぐどころか、最後の最後まで世界中に恥をさらし続けた。
かすかに1次リーグ突破の望みが残った南アフリカとの最終戦。先発メンバーは5日前のメキシコ戦から、実に6人が入れ替わっていた。
FWアネルカはメキシコ戦のハーフタイムで暴言を吐き、すでに強制帰国に。この処分に異を唱えて練習ボイコットを主導したエブラ主将も、出場を許されなかった。
「謝罪はいらない。結果を出せ」。今大会限りで退任するドメネク監督が送り出した先発11人も、底が知れていた。キックオフ前に円陣を組む南アに対し、フランスはバラバラ。希望の灯は前半20分の失点で一気にしぼみ、25分のレッドカードで完全についえた。
相手選手の顔面にひじが入り、不運な退場となったのは、監督が寵愛してきたMFグルキュフ。端正なマスクの23歳は、1998年の優勝、前回の準優勝をもたらした英雄ジダンの後継者「プチ・ジダン」と期待され、CMでも引っ張りだこに。だが内気すぎる性格が災いして、ベテラン選手らとなじめなかった。
「あいつに何か伝えるには、あいつと仲のいいトゥラランを通さないといけない。直接しゃべれないなんて、普通じゃない」(エブラ)
南ア戦の前に実施された仏テレビ局のアンケートで、「1次リーグ突破できない」は95%、「南アに負ける」も52%に達した。国民の冷めた見方も覆せず、悪夢のW杯に終わりを告げる笛に、選手たちはむしろホッとしたような表情を見せた。
だが三つ星級の変人指揮官は、最後まで物議を醸す。試合後、ドメネク監督は南アのパレイラ監督からの握手を拒否。会見では3度も真意を問われたが、「他に質問は? なければ帰る」と取り合わず。ノーサイドの精神とも無縁なようだ。
「6年間、輝かしい冒険ができた。フランス代表は不滅だ。彼らは進み続ける」。これでお役ご免の指揮官は「彼ら」と人ごとのように語った。
「フランス代表は国民に吐き気をもよおす」と仏紙レキスプレスは、こき下ろした。国民から見放された「レ・ブルー」の指揮を引き継ぐのは、1998年W杯優勝時の主将ブラン。焦土からの出発となる。

フランス代表はボーナスなし アンリはサルコジ大統領と面会へ
6月24日13時55分配信 ISM

フランスのニコラ・サルコジ大統領は現地時間23日(以下現地時間)、フランス代表チームが2010年W杯期間中に生じた内紛で世界中に醜態を晒した件を受け、選手たちにボーナスは支給しないことを明らかにした。また、これを機にフランスサッカーの抜本的な改革を行なうねらいだ。ロイター通信が報じた。
FWニコラ・アネルカの発言を端に生じた内紛や練習ボイコットが影響し、22日のグループリーグ最終節の南アフリカ戦を1対2で落としたフランス。結局1勝も挙げることができず、グループA最下位で南アフリカを去ることになった。この事態を重く受け止めたサルコジ大統領は23日、フランソワ・フィヨン首相、スポーツ大臣のロズリーヌ・バシュロ氏らと会い、フランスサッカーの危機的状況について議論した。
大統領執務室によると、サルコジ大統領はフィヨン首相らに対し、今回の失態は関係者が招いたものであることを確認するよう求めるとともに、代表チームにW杯のボーナスを一切出さない点についても確認するよう指示を出したという。ただ、選手たちはこれより以前に、報酬は受け取らないと表明している。
思わぬ内紛の勃発で散々な結果に終わったフランスだが、今回の騒動にもメリットはある様子。サルコジ大統領はこれを機にサッカー界の大幅な改革に取り組む意向を示しており、10月にも徹底的な監査を行なうとしている。フランスサッカー連盟らの監査は長く懸案となっていたが、南アフリカでの失敗から学び、同国に新しい風が吹くことになりそうだ。
なお、代表チームは24日に帰国する予定。選手たちは自分たちの見解に基づき、一連の騒動について真相を明かすと約束している。また、ベテランFWティエリ・アンリは帰国後、サルコジ大統領と面会予定だという。政府の広報担当者は23日、「ティエリ・アンリは南アフリカから大統領に電話し、帰国次第、大統領に会いたいと話していた」と報道陣に語っている。

最下位敗退のフランス 国内メディアは批判の嵐
6月24日18時31分配信 ISM

現地時間22日に行なわれた2010年W杯グループリーグ最終節で南アフリカに1対2で敗れ、1勝もできないまま最下位で敗退が決まったフランス。直前に内紛が生じ、選手が練習をボイコットするなど混乱したチームについて、国内メディアは怒りや悲しみ、皮肉を交えて報道している。ロイター通信が伝えた。
批判の矢面に立たされているのは主にレイモン・ドメネク監督だが、もちろん選手やFFF(フランスサッカー連盟)も厳しい言葉を頂戴している。『ルパリジャン』紙は「『日常の憂さを晴らしてくれる』とチームに期待していたフランス国民の初夏を台無しにしてくれて感謝する。(ドメネク監督が)サッカーの風景から消えることが、この日唯一のいい知らせだ」と、W杯後の退任が決まっているドメネク監督に痛烈な皮肉を見舞った。
『フランス・ソワール』紙は「ル・ブルー(フランス代表の愛称)のイメージは、ピッチの内外を問わず破滅的なものになってしまった」と報道。「大会11日間で、レイモン・ドメネク率いる一味は、見事、世界中の笑いものになってみせた。競争力もないのに傲慢で、才能にもプロ意識にも欠けた集団として」と、チームをこき下ろす。
また『シュッド・ウエスト』紙も「敗北に対してこれほどの安堵を感じることはまれだろう」「ル・ブルーが南アフリカに行っていなければよかったのだが」と綴るなど、主要紙は一斉に代表チームを責める内容を掲載した。

色んな方のコメント
・これに比べりゃ日本の岡田批判なんて優しいものよ

・だからアイルランドに謝れって・・・

・「たかがサッカー」で済まないのがワールドカップ。
世界中に恥を晒したとなれば、世論やメディアに叩かれるぐらいは甘んじて受けるしかないのだろう。
日本の協会も、いかなる結果になろうときちんと総括して強化に努めてほしい。

・「大会11日間で、レイモン・ドメネク率いる一味は、見事、世界中の笑いものになってみせた。競争力もないのに傲慢で、才能にもプロ意識にも欠けた集団として」
↑↑↑
辛らつだが、あまりにもその通りなので、笑ってしまった。

・欧州予選で疑惑の勝利でアイルランドの国民は怒り爆発していたから
W杯でフランスは他国からも嫌われていた感じだ!

・今回は余りにも酷すぎたね・・・
まともに健闘して負けたんじゃなくて、内部崩壊だからな。
アイルランドも怒ってるだろうな。

・フランスはワールドカップの調子の波が激しいですね。

・こういう番狂わせがあるから面白いんだ。
ニッポンがんばれっ!!

・マジで殺されないように…

・規律性って大事だな。

・自由・平等・友愛どこへいったのやら。
あ、そういやこの言葉でた時から弾圧の雨アラレだったかな。フランス。

・頑張れ日本。フランスは可哀想。
監督は二度と表に出るな。

・ベンゼマがわらっているの。

・フランスは自業自得だ
かわいそうなのはアイルランド国民よ

・日本人にとっての相撲というか、サッカーはフランス人にとっては国技なんだな、と思わせるほどの騒ぎっぷり。ただ、メディアも悪いんだが、政治家がこの騒ぎに便乗している感が。どこにでも口をだす大統領の悪い癖が出たかと思えば、今度は政府内で調査委員会を設置するだの、協会側に刑事罰を課すとか言い出した。正直そんなことに関わってる場合かってくらい社会問題山積なのに、フランスは。
解決しない年金改革問題や経済治安のことから国民の目をくらませようとしてるよう、といわれても仕方あるまい。国民は何があったかの真実さえ知れれば他はどうでもいい。

・フランスに限らず内紛ネタ多いよね。
W杯は選手のケガとかは仕方がないけど、
チームの結束力だけは最高の状態で臨んで欲しい。
試合終了後に南ア監督の握手を拒否した
ドメネク監督は最悪。最後までダメだった。

・「自由・平等・博愛」ばかりが有名だけど、その後のひと言が重要なんだよ。
しからずんば死を
できればダメネクのサッカー人生に死を与えてやってほしい。


ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | サッカー(WORLD CUP・W杯) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
2010 FIFA WORLD CUP 1次リーグA組 フランス(FRANCE) vs 南アフリカ(South Africa)
2010年
FIFA WORLD CUP
南アフリカ大会




<南アW杯>フランスがけっぷち 22日の対戦カード
6月22日16時59分配信 毎日新聞

サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は第12日の22日、1次リーグA組2試合とB組2試合が行われる。今日から続々と決勝トーナメント進出チームが決まる。A組は98年大会王者で前回準優勝のフランスが進出に黄信号。B組はアルゼンチンが最有力だが、全チームに可能性が残っている。(時間は日本時間)

▽1次リーグA組 
メキシコ−ウルグアイ
22日午後11時(ルステンブルク)

両チームともに1勝1分けで、決勝トーナメント進出圏内で迎える第3戦。メキシコは第2戦のフランス戦で、持ち味の細かいパスワークを随所に見せて圧倒。ウルグアイは南アフリカ戦で2得点を挙げたエースのフォルランが好調をキープしている。守りに入った時の対応が勝負のカギを握りそうだ。

▽1次リーグA組 
フランス−南アフリカ
22日午後11時(ブルームフォンテーン)

両チームとも、勝っても1次リーグ突破が厳しい状況。フランスはFWリベリら、前回大会準優勝メンバーが意地を見せられるか。開催国・南アフリカは、まだ無得点のムペラ、ピナールら攻撃陣の奮起に期待。

▽1次リーグB組 
ナイジェリア−韓国
23日午前3時半(ダーバン)

韓国は、02年日韓大会を除けば初となる決勝トーナメント進出に向け、確実に勝ち点3を確保したい。アルゼンチン戦でも果敢な攻めが目立った朴主永の決定力に期待。1次リーグ突破にわずかな可能性を残すナイジェリアは、MFケイタの出場停止が痛手だ。

▽1次リーグB組 
ギリシャ−アルゼンチン
23日午前3時半(ポロクワネ)

アルゼンチンは敗れても決勝トーナメント進出の可能性がある。韓国戦で華麗なパスやFKなどから全4得点に絡んだエース・メッシの動きは鋭さを増してきている。ギリシャは「堅守速攻」を発揮して勝機を探りたい。


〜FRANCE〜
内紛に揺れるフランス代表、選手たちが声明文
6月21日14時39分配信 ISM

レイモン・ドメネク監督に暴言を吐いたことで、FWニコラ・アネルカがチームから追放された出来事に揺れるフランス代表。現地時間20日(以下現地時間)、主将のパトリス・エヴラはチームの広報担当者に選手たちがまとめた声明文を渡し、FFF(フランスサッカー連盟)へ強く抗議した。ロイター通信が報じている。
17日に行なわれたメキシコ戦のハーフタイムにドメネク監督と口論になり、その後同監督を侮辱する言葉を口にしたというアネルカ。FFFは同選手をチームから外すことを決定したが、選手たちはこれに抗議し、20日の練習をボイコットした。これにより、練習場でエヴラとコーチが衝突し、最終的にはFFF幹部でチームのマネージングディレクターでもあるジャン・ルイ・ヴァレンティン氏が選手たちに怒りを示し、辞意を表明する事態へと発展した。
広報を通じて声明文を手にしたドメネク監督は、憔悴し切った様子で報道陣の前に現れ、「メキシコ戦のハーフタイムに生じた件は残念である。しかしそれよりも、内部の出来事、それも、W杯を戦っているチームにとって重要な出来事が公にされたという事実を遺憾に思う」との文面を読み上げた。声明文はさらに「ニコラ・アネルカを追放したFFFの対応について、我々選手は全員がこれに反対する」と続いていた。
ドメネク監督はアネルカの件でこれより先にコメントを述べており、同選手の行為は理解できるものの、謝罪を拒否したことが納得いかないと話していた。しかし声明文には、アネルカには釈明の余地が与えられなかったと書かれている。
グループリーグの2試合を終えて、1分け1敗のフランス。ピッチ外でも厳しい状況にある。しかし選手たちは、ひとり一人が力を尽くし、一致団結して22日の南アフリカ戦に臨むと声明のなかで語っており、苦しい状況のなか最後まで戦い抜くつもりのようだ。一方のFFFは「受け入れられない振る舞いだ」と選手たちを非難する声明を出し、ファンには謝罪を述べている。
なお、この事態を収めるため、フランスのニコラ・サルコジ大統領は、スポーツ大臣の南アフリカ滞在を延長させ、21日にエヴラ、ドメネク監督、FFFのジャン・ピエール・エスカレット会長と話し合うよう指示を出したという。

色んな方のコメント
・結局優秀な選手が幾らいても、纏める側が無能であれば、
チームは勝てない、と言うことだな。
これだけいい選手がいて、この結果で終わってしまうのは余りに惜しいが…

・ほんとに最近のフランスは見ていて勝てる気がしない。
リベリーが居なけりゃ欧州予選の終盤には既に脱落してたと思う。
だから早々たるメンバーを連ねながらグループリーグで敗退しても別に驚かないよ。

・まぁ選手と監督はお互いのリスペクトが必要だろうから、選手から監督に対しての暴言
(ホントにあったかどうかは知らないけど)への謝罪がなければ、今回のような措置になるのは
ある程度理解できる。
監督と一選手の確執ならば単にレギュラーから外してベンチ外にすれば済む話と思うけど。
ドメネクの無能・無策振りは今に始まったことではないし、予選の体たらくを見ていれば
現在の状況の仕方ないか。
でも、タイミング的には、フランス国民の(予選突破はほぼ無理なので)怒りの矛先を
アネルカに向けようとした意図が何となく見えるけど、どうなのか。
いずれにせよ次の監督はブラン氏だったかな?
将来を期待したいね。
そこにアネルカがいればいいけど・・・

・無能な監督で4年間だらだらやってきたつけだよ。
アネルカの行為も,ほめられたものではないが。。。

・選手あっての代表なのに、無能な監督を据え続けてきたFFFの責任は極めて重大だと思います。
確かにアネルカの行為はほめられたものじゃありませんが、ここまで問題を放置しておきながら、選手にキレて辞めていったバレンタインは筋違いでしょう。

・そう、オランダも昔内紛に揺れて駄目になった。
全てはドメネクを起用を決断したフランスサッカー協会にある。

・フランスが出場辞退してりゃ、こんな問題は表面化しなかっただろうにね・・・
フランスサッカー連盟も日本サッカー協会と大差ないってことですねぇwww

・私はそう思わない3点姉ルカ

・根本的にフランスは今大会に及びでなかったということ。

・FFF = Final Fantasy Five かと思った

W杯:泥沼のフランス代表「世界の笑いものに」―中国メディア
6月21日15時50分配信 サーチナ

サッカー・ワールドカップ南アフリカ大会のグループリーグで、2戦を終えて1分け1敗と苦境に立たされているフランス。17日にはFWアネルカがメキシコ戦のハーフタイムにドメネク監督に対して暴言を吐いたとして19日にチームを追放された。この「事件」により選手が20日の練習をボイコットする事態も発生し、まともに戦えないほどの「内紛」に発展した。中国新聞網はフランスのチーム崩壊について「世界的な笑いものになった」というMFリベリのコメントを見出しにして伝えた。
記事では「事件」の詳細を伝えるとともに、過去の選手、国内の官僚などのコメントを紹介した。バシュロ保健・スポーツ・青年相はサルコジ大統領の指示によってエブラ主将、ドメネク監督らと面会する事を明かした上で「現在はその時ではないが、ほどなく処罰が下るだろう」とコメントしたことを伝えた。
また練習のボイコットについて、かつて飛び込み選手として活躍したというラガルド財政相が「寒気がする。ナショナルチームの袖を通した時には責任感が増すものだ。やるべきことは試合で最大のパフォーマンスを発揮すること、そして模範となるイメージを作ること。多くの子供たちが見ているのだから」と激高したことや、1998年フランス大会の優勝メンバーのプティ氏の「プロ意識のかけらもなく、受け入れられるものではない」というコメント、70〜80年代に活躍したアラン・ジレス氏の「これは恥辱であり、非常に悲しい」というコメントをあわせて紹介した。

色んな方のコメント
・中国さん、あなたも笑われてますよ

・人のことがとやかく言えるか。
あんたの国で作ったブブゼラで,どんだけ迷惑かけてんだ。

・まぁ、中国2軍に負けた辺りは、ホントに笑いものにされていたと思う。
しかし、ここまで来ると、悲惨すぎて笑うに笑えん・・・

・だ〜か〜ら〜…EURO2008のときにドメネクをクビにしなかったからこうなったわけで。
暴言のアネルカにももちろん問題はあるが、選手の人心掌握ができなかった監督も悪いわけであって、アネルカ一人を一方的に切るのはちょっとおかしい気が。
喧嘩両成敗って言葉もあるし。思えばアンリのハンド以来ずっとフランスは大荒れだな。
まぁ、フランスはいったんどん底に落ちてもらって、ここからの復活に期待しよう。

・このような事態が本番前に起きたらよかったのにな。
それだったら辞退できたのだろうに。

・そうは思うけど、中国人が言うのはおかしい

・上海万博で笑いものにされてるのはどの国だ?

・記事の内容はともかく、
何で中国メディアがしゃしゃり出てくるのかが分からない。

・ブブゼラを許可した奴だろ

・出てないおまえらは笑うな。
それと日韓の勝利は日韓(それぞれ)の勝利であってお前らの勝利ではない。

・笑えるときは笑う。理にかなっている。
中国とフランスは因縁の仲。

・W杯の事前試合で勝った影響もありそうだな。
フランスに限らずに優勝候補筆頭にヨーロッパ勢はオランダ以外、ガタガタだからね。

・ブブゼラは騒音だけでなくチームの不協和音まで奏でたのか?・・・(うまいと思います。)

・移民ばっかりやから、
代表の意味が分かってないんやろう。

・フランスが潰れるのは勝手だが、この様は、W杯と南アに迷惑を
かけている。
それでなくとも、アイルランドから不正に奪った出場権なのだから、
少しは、身を慎むがよかろう。

・記事と関係のないコメントばかりだな。

・私はそう思わない0点フランスは予選から酷かった。
今回は本大会に出場出来ただけでラッキーくらいに思うべき。
何よりドイツ大会から若手が全く育っていないのは大問題。
リベリ・アンリが抜けたら一気に脆弱化してしまいそう。

・W杯とは関係ないバカなコメントばっかりだ

・パクリ文化が主流のお前らの国の方が見ていて片腹痛いわ

・過敏に反応しすぎだろ。
もし日本がW杯本大会に出てなかったとしても
時事ネタとして、国内スポーツ紙(放置あたり)には同じように事書いてただろーよ。

・世界の技術をパクれる国なのにサッカーの技術はなかなか盗めないんですね。中国さん。

サッカー=仏代表の内紛に広告見合わすスポンサーも
6月22日14時34分配信 ロイター

[パリ 21日] 
サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場しているフランス代表メンバーの内紛騒ぎを受け、フランス国内では21日、広告を見合わせるスポンサーが現れた。
保険商品のCMにフランス代表チームを起用している仏大手銀行クレディ・アグリコールは、テレビCMの放映を一時中止したと発表。このCMは25日までの放映を予定していた。
チームを追放されたFWニコラ・アネルカをCMに起用していたファストフードのクイックも、放映の中止を決定。また、2014年まで代表チームおよび同国サッカー協会と契約を結んでいる仏公共事業大手のGDFスエズは、大会後に協会側と協議するとしている。
公式ユニホームのサプライヤー契約を結んでいるアディダスは今回の騒動を「ショックで胸が痛む」としながらも、「フランス代表の今大会での試合が終わるまで広告を継続する」と表明。同ブランドのフランス大使として起用しているヨアン・グルキュフについても同様の考えを示した。

〜SOUTH AFRICA〜
敗退危機の南アフリカ、内紛のフランスを破って奇跡を待つ/W杯プレビュー
6月22日7時29分配信 ISM

2010年W杯は現地時間22日(以下現地時間)、グループリーグ第3節の4試合が行なわれる。グループAでは開催国の南アフリカとフランスが対戦する。
W杯史上、これまでホストカントリーが決勝トーナメントに進出できなかった例は一度もないが、南アフリカが屈辱の歴史を刻もうとしている。グループリーグ2試合を終えた現在の勝ち点はわずかに1ポイント。上位2チームとの勝ち点差は3となっており、フランスに勝てば、もう1試合の動向次第では勝ち点で2位のチームに並べる可能性はある。
ただ、南アフリカは現時点で2位メキシコに得失点差で5ポイント離されており、ウルグアイ対メキシコの試合で大差が付かない限り、フランス戦では大量得点での勝利が必須と条件は非常に厳しい。
ここから決勝トーナメント進出を決めることができれば、まさに奇跡と言えるが、追い風は吹いている。フランスがピッチ外の問題で大きく揺れており、内部崩壊の道を進んでいるのだ。
エースのニコラ・アネルカが第2節のメキシコ戦のハーフタイム中にレイモン・ドメネク監督を侮辱する言葉を吐いたとして、FFF(フランスサッカー連盟)から追放処分を受けて試合には出場できないことになった。
すると協会側のこの対応にチームが反発。なんと暴言を受けたと報道された監督本人も含む選手団が「連盟に抗議をするため」(ドメネク監督)に20日の練習を拒否する事態にまで発展した。キャプテンのパトリス・エヴラは「チームのなかに裏切り者がいて、記者に情報を提供した人間がいる。このなかに、フランス代表に被害を及ぼしたい人間がいるんだ」と叫んでおり、泥沼化は避けられない情勢になっている。
ただ、南アフリカも懸念材料を抱えている。守護神イトゥメレン・クーンがウルグアイ戦での退場により出場停止。さらにカギショ・ディガコイも累積警告により出場停止と大事な一戦で主力ふたりを欠くことになる。
「開催国がファーストラウンドで消えるなんてことになったら悪夢だよ」とスティーヴン・ピーナール。果たして、南アフリカは絶体絶命のピンチから生き延びることができるか。



ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | サッカー(WORLD CUP・W杯) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
2010 FIFA WORLD CUP 1次リーグA組 メキシコ(MEXICO) vs ウルグアイ(URUGUAY)
2010年
FIFA WORLD CUP
南アフリカ大会




<南アW杯>第12日の見どころ
6月21日20時31分配信 毎日新聞

(時間は日本時間)
▽1次リーグA組
メキシコ−ウルグアイ
22日午後11時
(ルステンブルク)

【メキシコ・ウルグアイ】
両チームともに1勝1分けで、決勝トーナメント進出圏内で迎える第3戦。メキシコは第2戦のフランス戦で、持ち味の細かいパスワークを随所に見せて圧倒。ウルグアイは南アフリカ戦で2得点を挙げたエースのフォルランが好調をキープしている。守りに入った時の対応が勝負のカギを握りそうだ。

 ▽1次リーグA組
フランス−南アフリカ
(22日午後11時)
(ブルームフォンテーン)

【フランス・南アフリカ】
両チームとも、勝っても1次リーグ突破が厳しい状況。フランスはFWリベリら、前回大会準優勝メンバーが意地を見せられるか。開催国・南アフリカは、まだ無得点のムペラ、ピナールら攻撃陣の奮起に期待。

▽1次リーグB組
ナイジェリア−韓 国
23日午前3時半
(ダーバン) 

【ナイジェリア・韓国】
韓国は、02年日韓大会を除けば初となる決勝トーナメント進出に向け、確実に勝ち点3を確保したい。アルゼンチン戦でも果敢な攻めが目立った朴主永の決定力に期待。1次リーグ突破にわずかな可能性を残すナイジェリアは、MFケイタの出場停止が痛手だ。

▽1次リーグB組
ギリシャ−アルゼンチン
23日午前3時半
(ポロクワネ)

【ギリシャ・アルゼンチン】
アルゼンチンは敗れても決勝トーナメント進出の可能性がある。韓国戦で、華麗なパスやFKなどから全4得点に絡んだエース・メッシの動きは鋭さを増してきている。ギリシャは持ち前の「堅守速攻」を最大限発揮して勝機を探りたい。

メキシコとウルグアイ、引き分けなら仲良く決勝T進出だが…/W杯プレビュー
6月22日7時28分配信 ISM

2010年W杯は現地時間22日(以下現地時間)、グループリーグ第3節の4試合が行なわれる。グループAでは勝ち点4でトップに並ぶメキシコとウルグアイが激突する。
第2戦を終えた時点でメキシコとウルグアイは勝ち点4で並び、開催国の南アフリカとフランスが同1で肩を揃えている。この試合が引き分けに終わった場合はメキシコとウルグアイがそのまま決勝トーナメント進出となるため「仲良く」引き分けに持っていく可能性もあるが、グループ2位で通過した場合、ベスト16では強豪アルゼンチンとの衝突が濃厚のため、現在2位のメキシコは白星を狙いにいくとみられる。
メキシコはフランスを2対0と撃破したことで自信を付けている。ハビエル・アギーレ監督は「我々は3カ月も一緒に行動しているし、オイルのよく効いたマシンのように機能している。アップセットを起こせるだけの攻撃のポテンシャルがあるんだ」と手応えを口にしている。
ただ、過去2戦から若干の陣容変更を強いられるのは気がかりだ。エフライン・フアレスが累積警告で出場停止となるのに加え、カルロス・ベラが右足の故障により欠場濃厚となっている。
ウルグアイは引き分けでも首位通過が決まるため、得意のカウンター戦術でメキシコに挑む可能性が強い。フランス戦、南アフリカ戦で強い存在感を示したエースのディエゴ・フォルランを中心に速攻を仕掛けていくことになるだろう。
「メキシコは難しい相手だ。彼らは素晴らしいサッカーをしている。しかし、我々には彼らのやり方をダメにする武器があるし、ダメージの与え方も知っている」とフォルランは堅守速攻のスタイルに自信を見せている。
メキシコとウルグアイはこれまで17回対戦し、メキシコが7勝7分3敗で勝ち越している。W杯では1966年に一度だけ顔を合わせており、そのときはスコアレスドローに終わっている。

〜MEXICO〜
メキシコ
スターティングメンバー
GK 1 オスカル ペレス
DF 2 フランシスコ ロドリゲス
3 カルロス サルシード
4 ラファエル マルケス
5 リカルド オソリオ
15 エクトル モレノ
後半12分
MF 6 ヘラルド トラード
18 アンドレス グアルダード
後半0分
FW 9 ギジェルモ フランコ
10 クアウテモク ブランコ
後半18分
17 ジオバニ ドス サントス

ベンチ入りメンバー
GK 13 ギジェルモ オチョア
23 ルイス ミチェル
DF 12 パウル アギラル
19 ホニー マガジョン
MF 8 イスラエル カストロ
後半12分
20 ホルヘ トーレス
FW 7 パブロ バレーラ
後半0分
14 ハビエル エルナンデス
後半18分
21 アドルフォ バウティスタ
22 アルベルト メディーナ
監督:ハビエル アギーレ

〜URUGUAY〜
ウルグアイ
スターティングメンバー
GK 1 フェルナンド ムスレラ
DF 2 ディエゴ ルガーノ
4 ホルヘ フシーレ
6 マウリシオ ビクトリーノ
16 マキシミリアーノ ペレイラ
MF 11 アルバロ ペレイラ
後半32分
15 ディエゴ ペレス
17 エヒディオ アレバロ
FW 7 エディンソン カバーニ
9 ルイス スアレス
後半40分
10 ディエゴ フォルラン

ベンチ入りメンバー
GK 12 フアン カスティージョ
23 マルティン シルバ
DF 19 アンドレス スコッティ
後半32分
22 マルティン カセレス
MF 5 ワルテル ガルガーノ
8 セバスティアン エグレン
14 ニコラス ロデイロ
18 イグナシオ ゴンサレス
20 アルバロ フェルナンデス
後半40分
FW 13 セバスティアン アブレウ
21 セバスティアン フェルナンデス
監督:オスカル タバレス


ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | サッカー(WORLD CUP・W杯) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
サッカー W杯 SMAPの香取慎吾をはじめ 色々と サポーターにお熱い模様です。
2010年
FIFA WORLD CUP
南アフリカ大会


香取慎吾 自腹でも!「みんなで応援しない?」
6月20日7時4分配信 スポニチアネックス

19日のW杯南アフリカ大会、日本−オランダ戦は、地上波ではテレビ朝日が生中継した。後半ロスタイムで、DF長友佑都がゴールライン際で背後から相手DFのチャージを受けて転倒すると、実況を担当した進藤潤耶アナウンサー(33)が思わず「PK!」と絶叫。日本中が最も沸いた瞬間となったが、実際はPKではなく、“勇み足”の実況だった。
長友はペナルティーエリア内の右サイドを攻め上がった際、転倒。次の瞬間、主審がゴール前を指さしたため、進藤アナが「PK!」と叫んでしまうと、東京ドームや国立競技場など、各地のパブリックビューイング(PV)に集まった日本サポーターは“奇跡”を信じてお祭り騒ぎとなった。しかし、主審はゴールキックのジェスチャー。間もなく試合は終了し、サポーターたちは「あれ、終わっちゃった」「PKはどうなったの?」とぼう然とし、日本中が“ぬか喜び”に終わった。
東京都港区の同局内では、局のサッカーW杯応援団長を務めるSMAPの香取慎吾(33)が試合を見守っていた。進藤アナの「PK!」に、腰を浮かせて期待する一幕もあったが、間もなく周囲からも「えーっ!」の悲鳴。試合終了のホイッスルが響くと、一瞬、うつむいた。
だが、応援団長だけに気持ちの切り替えは早い。優勝候補相手に1失点で終えた日本代表に手応えを感じたようで「よく戦った」とねぎらいの言葉も送った。24日(日本時間25日)のデンマーク戦に勝ち、2大会ぶりの決勝トーナメント進出を信じている様子。最後は「僕がお金出してもいい。デンマーク戦もテレビ朝日にセット組んで、みんなで応援しない?」とスタッフに呼びかけた。

応援団長・慎吾「まだ終わりじゃない!!」
6月20日7時52分配信 サンケイスポーツ

サッカーW杯南アフリカ大会の日本−オランダ戦が行われた19日、試合を中継したテレビ朝日の応援団長を務めたSMAPの香取慎吾(33)は東京・六本木の同局特設スタジオで観戦。唇をかみしめながら、0−1で敗れた日本代表に「悔しいけど、惜しかった!希望はすごく見えた」と発奮を促した。また、タレントの吉澤ひとみ(25)らが都内各所のパブリックビューイングで熱戦に声をからした。
後半戦8分、オランダの司令塔、スナイダー選手(26)が強烈なシュートを決めた瞬間、日本代表のユニホームに身を包んだスタジオの400人が悲鳴を上げた。
無情のホイッスルが響き、FIFAランキング4位のオランダに0−1の惜敗が決定。応援団長の香取は「くっそぉ〜。悔しいけど、惜しかった!」と顔をゆがませたが、リーダーの責任感を発揮。「これで終わったわけじゃない。われわれ、サポーターは日本を応援しつづけましょう!」と「ニッポン!!」コールを先導した。
この日はおなじみの金髪はそのままに前髪にチームカラーであるブルーのメッシュを入れて応援。試合終了後は持ち前のポジティブシンキングで日本代表を鼓舞した。
「強豪オランダとの戦いで1−0は今までの日本代表にはなかったと思う」と興奮。一番印象に残ったプレーに岡崎選手の最後のシュートをあげ、「シュートひとつで何百万人の心を大きく変えることができると改めて実感した」とあきらめない精神をたたえた。
24日のデンマーク戦は日本テレビが中継するが、「テレビ朝日でみんなと観戦できませんかね? (スタジオ使用の)実費を(自分が)出してもいいので。1人じゃ見られない、心配で。日本代表の試合だから、みんなで共有して応援したい」とアピール。「僕らの想像を超えて急激なチームワークを生み出し、瞬間瞬間、新しく生まれ変わる日本代表を見逃さずに応援しましょう」と呼びかけた。
香取は、本番前から応援団長としてフル稼働。同局のW杯直前の5時間SPに生出演。テレビ朝日が放送日の6月19日ににちなんで掲げた平均視聴率61・9%を実現するため、正午スタートの特番から午後10時40分の中継終了までほぼ出ずっぱりだった。
1失点で踏ん張った日本代表の雄姿を全国民はかたずをのんで見守った。香取が全力で中継したオランダ戦の視聴率は目標突破も夢じゃない。

石川梨華は前向き「勝ってリーグ突破して」
6月20日9時18分配信 サンケイスポーツ

サッカーW杯南アフリカ大会の日本−オランダ戦が行われた19日、日本の敗戦を受け、フットサルチーム「ガッタス」で活躍する元モーニング娘。の石川梨華(25)がサンスポにコメントを寄せた。
「悔しい。優勝候補の相手に勝てる希望が見えていたから、余計に。決定打がなかったのが残念。前半の早い段階で駒野選手がケガをしながらもプレーを続けたり、後半に闘莉王選手が上がって果敢に攻めたり、日本の熱い闘争心が伝わってきました。デンマーク戦、勝ってリーグ突破して!」

安田美沙子「日本から安田パワー送る」
6月20日9時18分配信 サンケイスポーツ

サッカーW杯南アフリカ大会の日本−オランダ戦が行われた19日、日本の敗戦を受け、タレントの安田美沙子(28)がサンスポにコメントを寄せた。
「残念です。負けても頑張りきった姿に勇気と感動をもらいました。また次戦のデンマーク戦を精いっぱい応援しまくります、日本から安田パワーを送ります」

AIらアーティストがサムライブルーに声援
6月20日9時20分配信 デイリースポーツ

歌手のAI(28)やCHEMISTRYらワールドカップとゆかりのあるアーティスト4組が19日、さいたまスーパーアリーナで行われた南アフリカW杯・日本対オランダ戦のパブリックビューイングイベントに登場し、サポーター約1万人とともにサムライブルーへ声援を送った。
FUNKY MONKEY BABYSのDJケミカル(28)がサッカーボールの着ぐるみ姿で登場するなど、4組はブブゼラの音がこだまする南アフリカのスタジアムさながらの会場で試合前にライブも開催。最後まで世界ランキング4位のオランダを苦しめた日本代表へ、パワーを送った。
髪をサムライブルー色に染めて登場したAIは「日本の選手に届かせなきゃね!!」と、日本コカ・コーラのFIFAワールドカップキャンペーンソング「ウェイヴィン・フラッグ」など3曲を熱唱。オランダ相手に一歩も引けをとらぬ惜敗に「私は優勝できると思ってます」と大胆予想し、25日未明に行われるデンマーク戦での予選リーグ突破を“予言”した。

ナイナイ・矢部「もっと攻撃見たかった」
6月20日9時26分配信 サンケイスポーツ

サッカーW杯南アフリカ大会の日本−オランダ戦が行われた19日、日本の敗戦を受け、テレビ朝日のW杯キャスターとして現地入りしているナインティナイン、矢部浩之(38)がサンスポにコメントを寄せた。
「ぼこぼこにやられた試合じゃないので、その分悔しい。サッカーファンとしては、守備だけじゃなく、もっと日本の攻撃を見たかった。とくに(途中交代となった)松井、大久保両選手は、後半ももっと見たかった。デンマーク戦では試合開始から点を取りに行くことを期待しています」

安田団長「長友選手のスピードすげぇ」
6月20日9時26分配信 サンケイスポーツ

サッカーW杯南アフリカ大会の日本−オランダ戦が行われた19日、鳥取城北高にサッカー推薦で入学した安田大サーカスの団長こと、安田裕己(36)は韓国・ソウルで行われた「ワールドカップ日本戦応援イベント」に応援リーダーとして参加し、日本の戦いぶりにコメントを寄せた。
「最後の最後までねばり強い試合で、後半15分の捨て身の攻撃的な布陣はとても楽しませていただきました。長友選手のスピードすげぇ。次のデンマーク戦楽しみです。ファンが楽しめる采配でした」

城田優「堂々挑んだ侍かっこよかった!!」
6月20日9時26分配信 サンケイスポーツ

サッカーW杯南アフリカ大会の日本−オランダ戦が行われた19日、日本の敗戦を受け、俳優でサッカーファンの城田優(24)がサンスポにコメントを寄せた。
「悔しい〜!! 勝ち点はもらえなかったけど、優勝候補のオランダを相手に堂々と戦いを挑んでいた侍ジャパンはかっこよかった!! デンマーク戦、必ず勝って決勝トーナメントへの切符をゲットしてもらいたいです!! 頑張れニッポン!!」

ペナルティ・ワッキー「大久保が良かった」
6月20日9時26分配信 サンケイスポーツ

サッカーW杯南アフリカ大会の日本−オランダ戦が行われた19日、日本の敗戦を受け、高校サッカーの強豪、市立船橋高サッカー部出身で国体出場経験があるお笑いコンビ、ペナルティのワッキー(37)と相方のヒデ(39)がサンスポにコメントを寄せた。
ワッキー「負けました。でも何にもできなかったわけじゃない。強引にシュートを打ちにいっていた大久保選手が良かった」
ヒデ「初戦から確実に成長した。前半は組織力で狙い通りの展開ができたと思う。ただ少ないチャンスを確実に決める。これが世界。あと1試合。予選突破が楽しみです」

マエケン、サッカー日本代表へ勝ち運応援届かず!?
6月20日12時50分配信 スポーツナビ

前日、リーグ単独トップの9勝目を挙げた広島・前田健太。一夜明けた19日、「悪いなりに粘りの投球ができた。出来が悪くても、それなりの投球ができるのがことしの好調の要因だと思う」と自己分析した。前日はサッカーW杯の日本代表が2戦目のオランダ戦ということもあり、お立ち台では「夜は日本代表を応援しましょう」とファンに呼びかけた前田だが、本人は「(登板後ということもあったので)あまり見ることができなかった。ちゃんと見ていたら勝ってたかもしれないですね」と苦笑い。勝ち運を南アフリカまで届けることはできなかった!?
取材協力:野球専門タブロイド紙 Baseball Times Weekly

熊田曜子の注目は「本田選手」
6月20日14時19分配信 スポーツ報知

タレントの熊田曜子(28)が20日、都内でフォトブック「Juicy Girl」の発売イベントを行った。
恋愛観からSEX観までを赤裸々につづった衝撃本。「忘れられない人はいる」と明かしたが、交際中の彼氏はおらず「長く付き合いたいので、結婚はあと3年はない」と話した。19日のW杯オランダ戦はテレビ観戦し、大興奮。次戦のデンマーク戦は「勝つのは日本。注目はミーハーなので、本田選手」と若きレフティーへ熱視線を送っていた。

辻希美、妊娠中を忘れW杯見てハッスル!
6月20日16時27分配信 デイリースポーツ

タレントの辻希美が20日、東京・福家書店銀座店でハローキティとのコラボブック「辻ちゃん×キティちゃんHAPPY LIFE」の発売記念イベントを行い、妊娠発表後、初めて公の場に登場した。現在4カ月目で、来年1月上旬の出産を予定。前夜のW杯・日本対オランダ戦は夫の杉浦太陽ら家族でテレビ観戦し「闘莉王に恋してるんです。昨日は妊婦っていうのを忘れて、ジャンプしまくり、おなかが5回ほどツリました」とハッスルしたという。同書は、辻がキティちゃんのドレスをデザインするなどキティちゃん尽くしの内容となっている。

新妻エビちゃん「グッときました」
6月21日9時24分配信 デイリースポーツ

パリでの挙式から帰国した蛯原友里=成田空港(撮影・会津智海)
モデルの蛯原友里(30)が、夫でヒップホップユニット・RIP SLYMEのILMARI(35)と仏・パリでの挙式を終えて20日、成田空港に帰国した。
出国時と同様、2人は時間差で到着ゲートに姿を見せ、ラブラブ2ショットはならなかったが、ショートパンツからスラリと長い美脚を披露したエビちゃんは「すごく楽しかったです!!」と“新妻スマイル”。16日(現地時間)にパリ郊外の教会で挙げた結婚式では、自身でデザインしたウエディングドレスを着用し、「誓いを交わすところが、結構グッと来ました」と人生最良の日を振り返った。
蛯原は日本×オランダ戦をテレビ観戦したといい、「負けちゃって残念でした。次は頑張ってほしいです」と岡田JAPANにエール。
また、蛯原より5分早く報道陣の前に現れたILMARIは、「ウエディングドレス姿にほれ直した!?」という問い掛けに、満面の笑みでうなずいていた。

東京Dの2万5千人「チョ〜悔しい」
6月20日9時31分配信 デイリースポーツ

W杯サッカー、日本‐オランダ戦のパブリックビューイング(PV)が19日、東京ドームで行われ、当初、主催者が予想した5000人を大幅に上回る2万5000人のサポーターが集結。惜しくも0‐1で敗れたが、世界ランク4位の強豪相手に善戦したサムライジャパンをたたえた。
終了間際、DF長友がペナルティーエリア内で倒されると、PKを確信したサポーターからドームが割れんばかりの大歓声がわき上がった。だが、PKでないと分かると、歓声は大きなため息に変わった。1点が届かなかったが、試合が終わると、誰からともなく大きな拍手が上がった。
昼間はプロ野球、巨人‐中日戦が行われた東京ドームが、夜は一転してサムライブルーに染まった。開場前から多くのサポーターが行列を作り、当初の予定を30分繰り上げて開場。約2万5000人ものサポーターが、グラウンドと内野スタンドを埋め尽くした。
後半早々、MFスナイダーに先制のゴールを許すと、歓声は悲鳴に変わった。それでも、その直後に「ニッポン、ニッポン」の大合唱で日本代表を鼓舞。必死にゴールを目指す選手に届けとばかりに、懸命にエールを送り続けた。埼玉県在住の恩田綾子さんは「最後はPKだと思って喜んだのに、チョー悔しい。次のデンマークには勝って決勝トーナメントにいってほしい」と力を込めた。


ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | サッカー(WORLD CUP・W杯) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
2010 FIFA WORLD CUP オランダ(HOLLAND) vs 日本(JAPAN) 【まとめ】
2010年
FIFA WORLD CUP
南アフリカ大会


日本、オランダに0対1で敗戦 ゴール奪えず/日本代表速報
6月19日22時27分配信 ISM

2010年W杯は現地時間19日(以下現地時間)、グループリーグ第2節の試合が行なわれ、グループEの日本はオランダに0対1と敗れた。
前半をスコアレスで折り返した試合で、日本は何度かオランダゴールに迫ったものの、得点を挙げることは叶わず。53分にオランダのスナイデルに強烈なシュートを叩き込まれると、中村俊輔らの途中投入も実らず、強豪オランダ相手に黒星を喫することとなった。
上位2チームが決勝トーナメントに進むことができるグループリーグ。現在グループEではオランダが勝ち点6(2試合消化)、以下日本が勝ち点3(2試合消化)、カメルーン、デンマーク(以上勝ち点0/1試合消化)と続いており、このあとカメルーン対デンマーク戦が行なわれる。
なお、グループリーグ最終節では日本はデンマークと、オランダはカメルーンと、それぞれ24日に対戦する。

=以下、日本代表・オランダ代表出場メンバー=
日本代表:
川島永嗣;阿部勇樹、駒野友一、田中マルクス闘莉王、長友佑都、遠藤保仁、松井大輔(64分:中村俊輔)、大久保嘉人(77分:玉田圭司)、長谷部誠(77分:岡崎慎司)、本田圭佑、中澤佑二

オランダ代表:
ステケレンブルク;ファン・デル・ヴィール、ハイティンハ、マタイセン、ファン・ブロンクホルスト、ファン・ボメル、カイト、デヨング、ファン・ペルシ(88分:フンテラール)、スナイデル(83分:アフェライ)、ファン・デルファールト(72分:エリア)

色んな方のコメント
・俊輔と玉田にはがっかりだ。
途中から入ったんだから、もっと動けよ。

・善戦したが、善戦止まりだった。
次がんばればいい。
しかし途中出場の3人はダメだったなー。

・へばった松井君のほうがよっぽどましだったと思うのですが・・・。
10番のやる気を感じられないプレーには悲しくなりました。
長友 本当にすごいです。

・中村ははたくだけのプレイさらにプレスも「捕る!」って感じがしない中途半端・・・
帰国しろ!!

・まあ、善戦したと言えるでしょう!
デンマーク戦、しっかり勝ちに行こう!!

・中村はもう帰って来い
取られ過ぎ倒され過ぎ

・玉田じゃなくて、森本だよな。中村俊輔じゃなくけんごの方がいいよ

・俊輔、玉田はいらん。
邪魔なだけだ。
もっと、他に使える選手いるだろ・・・
デンマーク戦勝ちに行くなら、二人は出すな。

・中村走れよ!

・やっぱり中村が入るとリズムが悪くなるよ。
相変わらずシュート狙えるのにパスを出していたな。
川島は責められないね。2点防いでいたし。
岡崎のシュートは惜しかった…。

・岡田さんが俊輔を出さなければ
もしかしたら勝てるかもって思っていたのに・・・
彼は、現在のシステムには馴染まない。
岡崎が叩きつけてたら・・・・

・カメルーンの江藤君がデンマークをやっつけてくれますように。

・3戦目に向けて、攻撃に転じた際の交代の選択肢があまりに少ないことが露呈してしまった。
あとは森本か。

・スナイデルのシュートは仕方ないな

・中村!死ぬ気で走れよ!

・アレ?この試合は捨て試合じゃなかったっけ?論調変わるねぇw
アルゼンチンに粉々にされたチームよりよっぽど可能性残ってるじゃないの。
交代選手が悪い?誰彼の所為じゃなくて1チャンスを活かせるか活かせないかの差が世界のトップとの差だよ。
同じ0−1スコアでもフランス大会のアルゼンチン戦に比べたらずっと近づけたと思わない?
まぁ、まだまだ差は厳しいなぁ……って思うけども日本なんてW杯出るようになってまだ4回目だって。
それがある程度プラン通りに試合をこなせたんだし十分、御の字。デンマーク戦に本当の総力戦で挑んでくれれば良いよ。
とにかく1失点で抑えたのは上出来だって。初戦で勝ったからって、ちょっと欲張り過ぎでしょw

・私もそう思う21点私はそう思わない1点相手の交代で長友を左サイドにやったとことか、岡田さんはよく準備してたなーって。
ただ、交代した選手が。。。。。。
岡崎のシュートシーンは、松井か森本ならきめれたんじゃないかなぁ。。

・私もそう思う21点私はそう思わない1点岡崎は相変わらず岡崎だった。

・私もそう思う21点私はそう思わない2点0−1 オランダの攻撃陣に対し、カード1枚ももらわず。
想定できる中では最高の結果のような。
・・・とはいえ、日本がこんなにオランダ相手に戦えるなんて、カメルーン戦前では
誰も予想できなかったような気がする。
思いっきり期待させたもんなぁ。
キーパーの手をはじけるような威力のシュートが打てれば、、、

・最終戦、期待してるぞ!!
とりあえず、次のデンマークVSカメルーンが引き分けてくれることを願う。

・岡田はしたたか
松井、大久保、長谷部は次戦のデンマークに向け早めに交代。
代わりに出た選手は思い出作り。
森本も隠した。
最初からオランダ戦捨てると批判されるからなあ。

・上出来です。

・てか本番は次。

・俊輔バックパスばかりだし、走れてないよね。前向いてドリブルしても倒されるだけ。

・松井のようなタイプって誰かいないの?
石川。。。
サイドアタッカーは絶対必要だった。
終盤負けてるのに10番投入する意味が分からない。
相手のカウンターの起点になってた。

・俊輔投入、そこを起点にピンチ頻発・・・って悲しすぎる。起点の方向が逆だろ!攻撃もスピード上がらないし・・・俊輔好きなんだけど、明らかに今のチームにはフィットしない。コンディション上がってきたって言ってなかったっけ?すでにこのレベルの試合じゃ判断スピードが遅すぎて使えない気がする。このメンバーだと点を奪うためのオプションが少なすぎる。森本入れても孤立しそうだし、松井のようなタイプって誰かいないの?

・ナカムラってワールドカップになると視野が無くなっちゃうのね?

・松井⇒玉田
大久保⇒岡崎
長谷部⇒森本 で良かったんじゃない?
中村さんはもういいです。ガッカリ。

・みんな期待が大きすぎ〜。。上出来ですよ・・・あれだけ守れれば。。

・オランダ相手に善戦した。0−1なら。
オランダに惨敗したデンマーク相手になら、ちょっと日本に光を感じた。
次は期待しています。頑張って欲しい。

・点を獲る、好パスを出す。走る。守る。
特に途中交代の選手は積極的にやらなきゃいけないこと。
その点では俊輔、玉田は残念ながら失格でしょう、、

・なんか俊輔批判が多いが敗因は選手とか采配じゃなくて、相手との絶対的な力量差。
むしろその差があったにもかかわらず0−1で終えたのは凄い。
デンマーク戦頑張れ!

・基本的に守りは良かったね。
まあ、大久保がスナイデルで岡崎がファンペルシーなら勝ってた!
それくらいの差だったと思う。
1−0ならほぼプラン通り、問題ない。あとは、カメがデンマに引き分け以上なら言うことなし

・俊輔批判がすごいけど元々チーム事態の力差がありすぎるの
が敗因なんだけどな。失点も投入前だし。
なんでも批判すればいいってもんじゃないよ

・私はそう思わない8点想像してたより日本はほんと強かった。
韓国アルゼンチン戦で比べて見ると
韓国より日本が強いと思った!
私もそう思う8点私はそう思わない0点「善戦」だったけど、

・これからの日本の成長を考えるなら、
負けて「善戦」というのは、これが、最後にしてほしい。
私もそう思う8点私はそう思わない2点スターティングメンバーは、よくがんばった。

・松井を交代させなくてもよかったような。
そのほか交代が大疑問。
告私もそう思う7点私はそう思わない1点善戦したように見えるがあまり素直に喜べる内容ではない。
オランダに主力温存された分善戦度が半減したようだ。
おまけに点が取れない。デンマークは守備力が高いので心配だ。

・デンマーク戦は悔いの残らない試合をしてもらいたい。
私もそう思う7点私はそう思わない1点俊輔には本当にガッカリだわ。流れを変える存在(?)よく言うわ。
競歩大会なら優勝かもしれないね。
それにしてもスタメンの選手は本当によくやっていたと思いますなぁ。

・0−1で負けて惜しいとはいえ悔しいが負けは負け!
しかし、どんな状況であれ中村選手を入れてほしくなかった・・・
中村選手が入ってる試合って日本動き悪いよね。
松井選手と交代した時点で先取点取られてたわけだけど、逆転はおろかまた点を入れられるんじゃないかって冷や冷やした。
交代する選手間違えたね。
次デンマーク戦がんばってほしい!!ぜひ勝ち点3で!

・1-0は善戦じゃない
4-3とかならそうかもしれんけど。
点を獲る気配がしなかっただけに
デンマーク戦が善戦という
訳のわからない結果に終わらない事を祈る。

・1-0なら上等。
これなら次戦で十分トーナメント狙える!
頑張れ日本!

・デンマーク戦も同じ先発でいいけど、後半で点取りに行くなら、
松井→森本、長谷部→稲本、大久保→ケンゴまたは玉田っていうのがセオリーじゃない?
岡崎は矢野と同様、勝ってるときの守り要員でしょ。

・今日の試合、検討はしてたが今の現状では、点が入りそうな気がしないのも事実。
デンマーク戦ではここで、フレッシュな森本を1トップで使って、本田を2列目
もしくは、1.5列目位にした方がいいかもね。

・私もそう思う5点私はそう思わない0点修輔はケガがトラウマになって怖がってませんか?
いくら体の調子上げても、そういう精神的な状態だと戦えないと思う。

・私もそう思う5点私はそう思わない4点がむしゃらに走らない岡崎…投入した意味ないじゃん。
相手のディフェンスラインでのボール回しに、
しつこくプレスをかけ続けるのがお前の役目だろ?

・よし、あとは、今日のカメルーンVSデンマーク次第。
できれば、カメルーンが1−0で勝ってくれないかな。

・お疲れ様!!!!!!!!次! 次に頑張ろう! 応援します!

・松井は堂々とプレイしてたね。こ洒落た足技使ったりしてて頼もしかった。
大久保もこんなにキープと突破できるとは思わなかった。後は岡崎じゃなくて森本使って欲しい

・岡田の戦術が良くわからん・・・。
今日は勝ちに行ったのか、引き分けに行ったのか??
中途半端な戦術だから結局負ける羽目になる・・・。
オランダは勝ちに行って、点を取るなり守備を固め出てきたところを
カウンター。深追いはせず、勝ち点3にこだわった戦いが見ていて伝わってきた!
格下相手に1-0で満足はしていないだろうが、あくまでも勝ち点に終始した戦いだった!!
テレ朝はそれを「よく戦った!次につながる負け方だ!」なんて放映してたけど
こんな戦い方してれば、次も負けるぞ!!

・まぁこれで俊輔は3戦目の出番は無しだな。
個人的には森本が見たいな。

・良いね良いね 負けても責めない
ここが日本人の良い所

・交代の枠がもったいない。
日本はただでさえスタミナがないんだから交代枠の選択は絶対にミスしてはいけない。
デンマーク戦は悔いのない試合運びが見たい。
応援してます!

・面白かった。

・この試合は、もちろんデンマーク戦へ生かす必要もあるけど、
これから、ワールドカップで、優勝候補とぶつかるときでも、自信になるんじゃないの?
今日の試合できれば、相手が、イタリアでも、ドイツでも、同様の善戦になったでしょう。

・オランダはプラン通りだよね。
前半は無理に攻めないでパス回し。カウンターだけ警戒

後半日本が疲れてプレスが甘くなってきたころに先制点(予定より早く入った)

あとは適当にボール回し(日本はフリーにさえしなければ点は入らない)

できれば2点目
結局オランダは省エネサッカーで勝った。

・大久保のファイティングスピリットは良かったが
シューートするなら何度も外すなよ
本番は決めるかどうかだけ。惜しいじゃ済まない。

・交代で出た三人より、矢野や稲本を出して欲しかった。
それと、今日の川島も良かった♪

・引き分け狙いの日本、勝ち狙いのオランダ
勝敗はこの2つで大きく分かれました。

日本、善戦もオレンジ軍団に黒星 スナイデルの豪快ボレーに屈する/日本代表
6月20日0時47分配信 ISM

2010年W杯は現地時間19日(以下現地時間)、グループリーグ第2節の試合が行なわれ、グループEの日本はオランダに0対1と敗戦。前半は出場国屈指の攻撃力を誇るオランダを抑え込んだものの、後半にスナイデルの強烈なシュートで先制点を奪われると、終盤の反撃も空しく黒星を喫し、成績は1勝1敗の勝ち点3となった。
国際Aマッチ4連敗という最悪な状況でW杯に突入した日本だったが、第1節では本田のゴールによりカメルーンに1対0で勝利。大切な初戦で勝ち点3を手にして、グループ最大の強敵オランダとの一戦を迎えた。
勝てば決勝トーナメント進出がほぼ決定的となるこの一戦に岡田武司監督が選択したのは、カメルーン戦とスタメンもシステムも同じ4−5−1。本田を1トップに置き、右サイドに松井、左サイドに大久保、中盤のセンターに遠藤と長谷部が入り、アンカーには阿部。バックラインは左サイドに長友、右サイドに駒野、中央に中澤と闘莉王、GKは川島。一方のオランダも、初戦と同じメンバーが名を連ね、注目のロッベンは負傷のため、初戦と同じくスタメンから外れた。
そして迎えたキックオフのホイッスル。日本は立ち上がりから高い守備意識を見せ、オランダに決定機を作らせない。中盤とゴール前に人を集めてプレスをかけ、ファン・ペルシ、スナイデル、カイト、ファン・デルファールトというタレント軍団たちを自由にさせない。攻撃面では、なかなか崩すことは叶わないものの、長友が思い切りのいいミドルを放ち、駒野が右サイドをフリーで抜け出してクロスを上げるというチャンスも作った。
前半を0対0で折り返し、日本にとってはさらにオランダの焦りを誘いたいところだったが、後半開始直後、日本の目論見はオレンジ軍団に打ち砕かれる。後半開始と同時に積極的にオフェンスに出ていたオランダは53分、日本のクリアボールを拾ったファン・ペルシのパスに、昨年9月の日本戦でも強烈なミドルを決めているスナイデルがエリア外から右足を一閃。一直線にゴールに向かったボールに対し、GK川島が反応したものの、その手を弾き飛ばしてゴールネットが揺れる。
1点を失って前に出るしかなくなった日本は、ここから中村俊らを投入して攻めに転じ、必死にオランダゴールに迫り始める。その代わりに危険なカウンターに晒されるシーンも出てきたが、GK川島がファン・ペルシ、アフェライとの一対一を制するなど、追加点を与えずに攻撃陣の反撃を待つ。すると終了間際の89分、オランダゴール前に送られたロングボールを、闘莉王が競り勝ってヘッドで流すと、途中出場の岡崎がこれに反応。しかし、至近距離で反転しながら放った左足のボレーは惜しくもバーの上。数少ない決定機を逃した日本は、そのままオランダに逃げ切りを許すこととなった。
上位2チームが決勝トーナメントに進むことができるグループリーグ。現在グループEではオランダが勝ち点6(2試合消化)、以下日本が勝ち点3(2試合消化)、カメルーン、デンマーク(以上勝ち点0/1試合消化)と続いており、このあとカメルーン対デンマーク戦が行なわれる。なお、グループリーグ最終節では日本はデンマークと、オランダはカメルーンと、それぞれ24日に対戦する。

=以下、日本代表・オランダ代表出場メンバー=
日本代表:
川島永嗣;阿部勇樹、駒野友一、田中マルクス闘莉王、長友佑都、遠藤保仁、松井大輔(64分:中村俊輔)、大久保嘉人(77分:玉田圭司)、長谷部誠(77分:岡崎慎司)、本田圭佑、中澤佑二

オランダ代表:
ステケレンブルク;ファン・デル・ヴィール、ハイティンハ、マタイセン、ファン・ブロンクホルスト、ファン・ボメル、カイト、デヨング、ファン・ペルシ(88分:フンテラール)、スナイデル(83分:アフェライ)、ファン・デルファールト(72分:エリア)

他の方のコメント
・もう中村俊輔は必要ない
さっさと日本に帰らせろ

・松井、大久保はいいチームからのオファーが期待できるかもね。

・中西哲生氏ついったより
走行距離トップは、この試合も遠藤保仁(11.005km)(FIFA)。
パス成功率は、オランダ78%(515/663本)−日本64%(256/401本)(FIFA)。
シュートは、オランダ9本(枠内5本)−日本10本(枠内3本)(FIFA)。
ボール支配率は、オランダ61%−日本39%(FIFA)。
これでカメルーンVSデンマークの行方が、なおさら重要。
0−1なら、上出来。

・見るものに伝わるのはやっぱり上手い、下手はもちろんだけどそれより
ハートだよ!
この2試合はそれが本当に伝わってくる。
だからこそ!今回は決勝トーナメント行こうぜ!
よーく戦ってるのが伝わるからこそ今回はいつものように惜しいで終わらせるな!
今のチームならそれが出来る!

・松井、大久保、長谷部の交代は点を取りにいくためのためだったのか、
それとも次戦を見据えた体力温存だったのか知りたい。
前者だったら逆効果だったよね。

・結果が出せなくても、調子が悪くても、ここで批判され続けても、
前を向いて頑張ってきた大久保に、次は点を決めて欲しい。
積極的にシュートを打つ姿勢はとてもよかった。

・中村が必要ないとは思わないけど、
あんなコンディションなら使うべきではなかったね・・。
ところで森本を使わない理由は、コンディション? それとも個人的に嫌ってる??

・川島がいなかったら、あと2点は確実に失点してた。
負けたけど、このオランダ戦で得たものは大きいと思う。

・ナカムラは、コンディションというよりは、視野が、、、、
もともと視野が命の選手が、大舞台になると目の前真っ白って感じ。

・デンマークVSカメルーン戦引き分けにならないかな。

・あのボレーはすさまじかったな。。。
この試合は負けたけど、すばらしかった。
特に松井の攻守に渡る献身的な動きは、自分もスポーツをする人間として尊敬に値した。(当然、同じレベルではないけどネ…)
だからこそ、あの交代が違うメンバーだったら、、、と悔やまれてしまう。
勝負に『たら、れば』は厳禁だけど。。。

・今日の負けは想定範囲内さ。すべてはデンマーク戦だよ。

・無駄にランクがある訳じゃない。結果は当然。でも、よく最少得点差で抑えたね。デンマーク戦が本当の勝負だ!!

・次に繋がる良い試合でした。
調子も上がってきたし、守備重視からの攻撃の連動性も良かった!
あとは調子を戻してデンマーク戦に勝って予選突破だ!

・なんとか松井選手のスタミナをもたせる方法はないものか・・・?
あと監督、交代は大事ですよ!
デンマーク戦は期待してますよ。

・今までうざいと思っていた闘莉王が、
W杯に入ってちょっと格好良く見えてきました。
くれぐれも退場しないよう気をつけてください。

・実力差からすれば0−1負けは良くやったと言えるが、やっぱり引分けて欲しかった。

・スナイデルの一瞬の隙を逃さずシュートを打てる技術と判断はさすが
それに比べてうちの10番ときたら…
打てない・走れない・守れない
闘莉王がまた怒ってたぞ
「あの10番代えてよ」って…

・交代選手を最善の手段として活用できるほど、チームはできていなかった。
23人のチームではないな。

・アウェーでやってたような雰囲気の中、
オランダ相手によくやった。
デンマーク戦は、カメルーン対デンマークの結果をみて、
考えよう!
ドイツ大会との大きい違いは闘莉王みたいな気迫があり熱い選手がいることだと思う。
(ときには裏目に出ることもあるかもしれないけど。)

・日本にもスナイダーみたいな強烈なシュート打てる選手がいればなーとつくづく思った
決定力はもちろんだけど日本のキーパーの質向上のためにも
海外でプレーしてないキーパーにあのシュート抑えるのは難しい注文だと思う

・VTRで失点シーン見たけど
スナイデルを追っていたのは「本田」じゃないの?

スナイデルがパスを出した後、本田はスナイデルをケアしないでフリーにさせて歩いてる

フリーのスナイデルの所にボールが出てシュート打たれて失点
全体を通じても「本田」の存在感が無かったのが印象的な試合だった

・日本の選手はゴール前でボール持つとテンパっちゃうからなー

・途中から出たのにソファで葉巻をくゆらすような選手がいた。
われわれはスペインではない。泥にまみれろよ。

・連携プレーがうまく機能しなくても、勝つことができるのが強豪。でも日本はよく守ったね。

・私もそう思う3点私はそう思わない0点スナイデルのシュートは、無回転のブレ球のようなミドルだったのか?
2006年のブラジル戦でミドルを決められた川口が、当時は俺の技術では止められないと言っていた。それと同じようなもの?
それとも、ただの弾丸シュート?

・スナイデルのシュートは止められなくて仕方ないシロモノだと思ったけど、世界レベルでは普通なんだね。
でも他に1対1の場面を2回止めているから、0−1で終えたことは評価していい。
デンマーク戦引き分けでも2位という状況を作れたのだから。
負けたけど、悪い内容じゃなかった。
逆に言えば、今の日本はこれ以上の試合をできないという意味でもあるが・・・。

・カメルーンが負けて、次のデンマーク戦引き分け以上で決勝トーナメントでしょ。
とすれば、川島のファインセーブ連発はどれだけ価値があったか!
次の試合も頼んまっせ!!

岡田ジャパン、オランダに敗れるも一歩前進
6月20日7時19分配信 ISM

日本代表は現地時間19日(以下現地時間)、2010年W杯のグループリーグ第2節でオランダと対戦し、0対1で敗れた。
前半はプラン通りに戦えていた。カメルーン戦と同じ顔ぶれで強豪オランダに挑んだ日本は初戦と同じくブロックを築く戦い方でアップセットを目論んだ。守備の連動性はカメルーン戦のときよりも高く、速攻の形もしっかりと作れていた。ボールポゼッションでは劣勢を強いられたが、それは想定内。シュートはオランダの3本を上回る5本を数え、決定機も日本の方が多かった。
日本は右サイドからチャンスを作っていたが、それは綿密なスカウティングの賜物でもあった。主役は駒野だ。「あの裏は開いてくるから狙えと言われていた」。日本は駒野を起点にオランダの左サイドバック、ファン・ブロンクホルストの裏を意図的に狙っていた。
36分、松井のパスからファン・ブロンクホルストの裏に飛び出した駒野は鋭いクロスを送って本田の決定機をお膳立て。42分にはファン・ブロンクホルストの前で起点になり、本田に裏のスペースを使わせてチャンスを呼び込んだ。
しかし、本気を出したオランダはやはり強かった。オレンジ軍団は後半に入ると攻撃のギアをひとつ上げた。前半はブロックの前で相手を抑えられていた日本だったが、オランダの攻勢にゴール前まで迫られるシーンが増えた。そして後半開始からわずか8分、昨年9月に惨敗を喫した時と同じくスナイデルにミドルシュートでゴールを割られた。「シュート力が違うと思った」。駒野も脱帽の強烈な無回転シュートが川島の手を弾き飛ばした。
カメルーン戦からパフォーマンスが向上していることは間違いない。守備は洗練され、反撃の刃も鋭くなった。「去年よりいい試合ができたと思うし、相手を脅かすことができたと思う」とは長友の弁。チーム最多のシュート3本を放った大久保も「個人的にはいけた」と自信を深めた。
「自分としては想定内。できれば引き分けたかったが、予選なので次にしっかりと勝ち点を取ることだけ考えて、切り替えることが大事」と松井。オランダに敗れはしたものの、最少失点での黒星は許容範囲内。強豪相手につかんだ収穫を糧に、次のデンマーク戦に決勝トーナメント進出をかける。

色んな方のコメント
・選手交代するまでは11人対11人の勝負だったが
全く使い物にならないキノコ頭と
どこにいたのかわからない「空気王」玉田のせいで
交代後は9人対11人の勝負になっていた
日本の最大の課題はベンチワークかね

・俊輔の動きは最悪
代わったばかりなのに走らなさすぎ
あれなら長谷部を90分 使った方がよっぽどマシ
しかしナゼ 森本使わないの?

・中村選手の枠はもったいなかったなあ・・・。
それも松井選手を下げるとは。
昨夜最大の失策。

・3戦目は引き分けOKなのだが・・・中途半端な戦い方になって負けないように勝ちに行ってください。

・大久保、前向きの気持ちは分かるがパスを選択したほうが明らかにいい場面が多かった。
視野が狭い・そこにパスを出す技術がなかったと言うのならば仕方ないが。

決勝T一番乗りも日本を絶賛「守りに散々苦しめられた」…オランダ
6月21日8時0分配信 スポーツ報知

1―0で日本を破ったオランダは勝ち点を6とし、決勝T進出一番乗りを決めたものの、母国のメディアは日本を絶賛した。公式戦2年間負けなし、20連勝中のオレンジ軍団を苦しめた日本の守備に対して、NRCの電子版では「オランダの攻撃陣は、日本の強烈で力強いPKエリア付近での守りに散々苦しめられた」と評価した。
決勝ゴールを決めたMFスナイデルは、「(シュートは)狙った方向とは違ったが、入って良かった。最初の2試合を勝ててうれしい。日本戦は難しいだろうと分かっていた。彼らはよく走り、試合を困難にした」と余裕のコメント。しかし「これまでの2試合で、自分たちのベストプレーはまだ見せていない」と2連勝にも内容については納得していない。
エースFWロッベンが左太もも痛のため離脱しているだけに、まだまだ良くなる要素を残しての2連勝。ファンマルバイク監督(58)も「自分たちはチャンピオンになるために来たが、そんなに甘いものではないと現実的に考えている。しかし選手が自信を持てば、ずっと良くなる」とすでに決勝Tでの戦いに目を向けた。オランダのメディアは手厳しいが、選手たちの自信は深まるばかりだ。

<南アW杯>オランダ16強一番乗り デンマーク逆転勝利で 
6月20日5時26分配信 毎日新聞

【カメルーン・デンマーク】
後半16分、ロメダールのゴールで逆転し、喜ぶデンマークの選手=AP
 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は第9日の19日、1次リーグ3試合。E組では、ともに初戦を落としたカメルーンとデンマークが対戦し、デンマークが逆転の末2−1で勝利した。

◇日本突破条件は「次戦ドロー以上」に
これにより、同日の日本戦に勝利し勝ち点6としていたオランダのE組2位以上が確定し、決勝トーナメントに一番乗りで進出した。カメルーンは今大会最初の1次リーグ敗退チームとなった。日本は24日午後8時半(日本時間25日午前3時半)のデンマーク戦で、勝つか引き分ければ02年日韓大会以来の決勝トーナメント進出が決まる。
カメルーンが序盤から主導権を握り、前半10分、エトーが先制点。しかし前半33分、デンマークのベントナーが同点ゴールを奪い、後半16分にはロメダールが勝ち越し点を挙げた。右サイドから仕掛けたロメダールがペナルティーエリアまで持ち込み、左足でシュートを決めた。
E組のもう一試合で、オランダは日本に1−0で勝利。日本は、前半は粘り強い守りで無失点で切り抜けたが、後半8分にMFスナイダーのミドルシュートで得点を許し、その後の反撃も実らなかった。日本は1勝1敗で勝ち点3のまま。D組はオーストラリアとガーナが対戦し、1−1で引き分けた。前半、オーストラリアがホルマンのゴールで先制した後、ガーナがPKで追いつき、後半はともに無得点だった

岡田監督、ピッチに立ち尽くす「悔しかった」
6月19日22時34分配信 サンケイスポーツ

サッカーW杯・南アフリカ大会第9日(19日、オランダ1−0日本、ダーバン)日本は後半8分、オランダのMFスナイダーに先制点を奪われ、そのまま得点できずに0−1で敗れた。岡田監督は試合終了直後、しばらくピッチに立ち尽くした。
岡田監督は、試合後のインタビューで「悔しかった。何とか点を取りたかったけど残念です。選手たちは攻守にわたってよく頑張ってくれた」とコメントした。
後半0−1とリードを許してから、MF中村俊輔を投入にしたことについては「松井がへばってたんで、攻めにいく起点を作ってもらうために入れた」と語った。

ボールが消えた…川島「ジャブラニ」の餌食に
6月20日7時3分配信 スポニチアネックス

【W杯1次リーグE組 日本0―1オランダ】
痛恨のシーンは0―0の後半8分だった。MFスナイダーが放ったミドルシュートに川島は反応し、右に跳んで両手で外側にはじき出そうとした。だが、わずかに変化したボールは左手をかすめて反対の左方向へ。「外側にはじこうと思っていた。30センチ手前までは見えていたけど…。そこから消えたというか、見えなくなった」。ゴールへとボールが吸い込まれると、倒れ込んだまま頭を抱えた。
「あれだけインパクトあるシュートだと不規則な変化をする」。今大会で各国から不満が続出している予測不能な変化をする公式球「ジャブラニ」に、日本の守護神も餌食になった。
それでも、最少失点で切り抜けられたのは守護神のスーパーセーブがあってこそだった。後半40分にはMFアフェライとの1対1でシュートをブロック。43分にも再び1対1の決定機を防ぎ、追加点を許さなかった。01年に浦和東からJ2大宮へ入団。試合に出られない日々が続くと、自分の感情をコントロールできずプレーが雑になった。当時の白井淳GKコーチ(現新潟GKコーチ)から「イライラしていたら周りも言うことを聞いてくれない」と言われ、以後「精神的にバランスを崩していてはいいパフォーマンスは出せない」と常に平常心で戦うことを心掛けてきた。
1次リーグを突破するためには得失点差も重要になるだけに、気持ちを切り替えて1失点に封じたことは大きい。「GKは何本止めても1本決められたら悔しい。デンマークに勝って決勝トーナメントでまたオランダとやりたい」。再戦するとすれば決勝か3位決定戦。新たなモチベーションを胸に秘め、日本の守護神がデンマーク攻撃陣の前に立ちはだかる。

俊輔が今大会初出場、惜敗に「下を向く暇はない」
6月19日23時51分配信 スポーツ報知

◆南アW杯第9日 
▽1次リーグE組 オランダ1―0日本
(19日・ダーバン) 
日本代表MF中村俊が、後半19分にMF松井と交代で登場し、今大会初出場した。左足首故障で調整が遅れていた背番号10番は、投入直後にMF遠藤とのショートコーナーで好機を作ったが、オランダの守りの前に大きな見せ場を作れなかった。1点差の惜敗に「みんな激しくいっていた。負けたけど、次に向かっていけると思う。下を向いている暇はない」と、1次リーグ最終戦のデンマーク戦(24日・ルステンブルク)に勝っての決勝トーナメント進出へ気持ちを切り替えていた。

俊輔、2度目W杯は“不完全燃焼”の26分
6月20日7時3分配信 スポニチアネックス

【W杯1次リーグE組 日本0―1オランダ】
MF中村の2度目のW杯は不完全燃焼の幕開けとなった。0―1の後半19分、疲れの見え始めた松井と代わって今大会初出場。岡田監督からは「前線でのタメとセットプレーを期待」されてピッチへ送り出されたが、セットプレーは後半24分の右CK1回のみ。最後まで好機は演出できなかった。
「0―2にされたくないけど、でも攻めたい。(あの状況での出場は)難しかった」と悔しがったが、動きには物足りなさが残った。後半33分には後方からのタックルでボールを奪われ、カウンターでピンチを招いた。後半45分には、前線でロングボールを受けた闘莉王が胸で落としたパスに攻め上がって詰めるでもなく、守備に備える消極的なプレー。これには闘莉王も怒りをあらわにした。
サッカー人生すべてを懸けて今大会に臨んでいた。2月にはエスパニョールからJリーグに復帰。苦渋の決断も、すべてはW杯に万全で臨むためだった。年齢的にも今回が最後のW杯となる可能性は高く、W杯後は代表引退も視野に入れ「自らのサッカー人生の集大成」と位置づけて強い気持ちで臨んでいた。
それだけに、大会直前に左足首痛が再発しても、必死に調整を続けてきた。06年W杯ドイツ大会では主力組と控え組の意識に温度差が生じて、チームがまとまりを欠いた。だからこそ、先発の座を失っても「絶対に自分の出番が来る」と強い気持ちで出番を待っていた。
32歳の誕生日でもある24日のデンマーク戦もベンチスタートが濃厚。「前線へ(ボールを)上げるだけだとはじき出される。だから、小技も必要になる」と課題を口にしつつも「勝たなきゃいけないというプレッシャーは感じなくていい。カメルーン戦同様、守って速攻で良いと思う」と話した。信頼を取り戻し切れなかった中村に、再び出番はあるのだろうか。

英メディア「魅惑的な試合」日本−オランダ戦を評価
6月20日0時16分配信 サンケイスポーツ

日本の初戦を酷評した英メディアは19日、オランダに善戦した日本の試合内容を好意的に伝えた。
BBC放送の電子版は“魅惑的な試合だった”と表現。日本代表を「素晴らしいほど頑固。統制のとれた素晴らしい戦術で、オランダの攻撃を何度も食い止めた」と評価した。また「松井は輝きを放っていた」とサイドでの動きを振り返った。
同局のラジオで解説を務めるデビッド・プリート氏は「日本のディフェンスは、オランダの攻撃陣を試した」と規律のある守備陣を褒めた。
スポーツ専門局のスカイスポーツは「決然として立ち向かった。大久保は積極的だった」と伝え、大衆紙ザ・サンは「前半、オランダはボールを支配したが、日本を脅かす場面は少なかった」と守りを評価した。
どのメディアも失点シーンに関しては辛口。「オランダへのプレゼント」「セーブできるシュート」などの言葉が並んだ。だが、その後のピンチで見せた好セーブには賞賛も。
また、岡崎のシュートミスを「この試合最高のチャンスをふいにした」と批評した。

南アW杯 オシム前監督、「殺し屋の本能が欠けていた」
6月20日0時55分配信 毎日新聞

【オランダ・日本】
サッカー日本代表の前監督、イビチャ・オシム氏(69)が19日に行われた日本−オランダ戦の後、滞在先のオーストリアと日本を結んだ衛星回線を通じて記者会見を行い、日本の戦いぶりについて「攻撃はもっと勇敢になるべきだ。好機を必ずものにする殺し屋の本能が欠けていた」と独特の言い回しで感想を述べた。
オシム氏は約30分間にわたり、日本の戦いぶりを振り返った。FWで起用され、無得点に終わった本田に対しては「1人で2人を倒そうと思ったのか、(ボールをキープし過ぎてチーム全体の)プレースピードが落ちていた」と批評。遠藤や途中交代でピッチに立った中村俊には「ソファで葉巻をくゆらすような選手になってほしくない。もっとモダンでスピーディーなプレーをしてほしい」と注文を付けた。
1次リーグ最終戦のデンマーク戦は、日本にとって2大会ぶりの決勝トーナメント進出がかかる。オシム氏は「相手DFは背が大きいけど、動作が機敏でない選手もいる。機動力を使い、1人がキープする時間を短くしてボールを動かすことが大事」と話した。

ジーコ日本スタッフ・ジュニオール氏が日本を絶賛「予想以上に健闘」
6月21日8時0分配信 スポーツ報知

ジーコ監督の下で日本代表のスカウティング担当を務めた元ブラジル代表のジュニオール氏(55)が、オランダ戦での日本の戦いぶりを称賛した。「オランダ選手とは個人能力でかなりの差があるものの、日本代表は組織力で対抗し、予想以上に健闘した」と評価した。
ジュニオール氏は左サイドバックとして、ジーコ氏とともに1982年のスペインW杯に出場。ブラジルのテレビ局で、この試合を解説した。「試合を通じて、闘莉王は素晴らしいプレーを見せた。終盤はゴール前に上がり、ヘディングで競り勝って、岡崎に絶好機を提供した」と絶賛した。ただ、この決定機を外した岡崎については「日本のFWはシュートの精度に大きな問題を抱えている。あの場面でシュートを枠に飛ばせないと、世界ではとても戦えない」と苦言も呈した。

「次がある」 ニッポンコール鳴り止まず
6月20日1時26分配信 産経新聞

【ダーバン(南アフリカ)】
「次がある」「あきらめるな」。試合終了を告げるホイッスルがスタジアムに鳴り響く。その瞬間、観客席に詰めかけた日本サポーターからは深いため息がもれた。だが、次第にどこからともなく「ニッポン」コールが沸き起こり、あちこちで日の丸が大きく揺れた。
「前半はほぼ互角の戦いだっただけに残念。でも最少失点に抑えられたのは収穫だし、次につながる敗戦だった」。東京都から来た小野沢亮さん(49)は、落胆の色をにじませながらも、強豪相手の「善戦」に希望を見いだした。
前半は両チームともに決め手を欠く展開。ところが、後半にオランダが得点するとムードは一変した。ピッチ上での攻防が激化するにつれ、観客席も緊迫。
劣勢が続く中、家族で観戦した後藤美紀さん(36)は「早く点を取ってほしい」と祈るように両手を合わせた。オランダがゴールに迫るたびに、青いユニホームに身を包んだ日本サポーターからは、悲鳴のような叫びが上がった。
サウジアラビアから来た商社員、安増隆さん(32)も「決勝トーナメント進出の可能性はまだ十分ある。まずは同組のデンマーク−カメルーンの試合に注目したい」と話した。
1泊4日の弾丸ツアーで駆けつけた秋田市の自営業、工藤勝さん(39)は「同点なら上々と思っていたが…。でも押し込む場面もあったので、次に向けてがんばってほしい」。大阪市の鳥居聡さん(31)は「厳しい試合になるのは十分予測できたこと。次のデンマークも強いが、最後のつもりで全力でぶつかってほしい」と次に期待を込めた。
予選リーグも2戦目となり、すっかりおなじみになった民族楽器「ブブゼラ」の“騒音”対策を練るサポーターも。有志が日本から青い風船を持ち寄り、スタンドで揺らした。東京都中央区の会社員、落合智さん(33)は「ブブゼラの音で声援が届きにくくても、サポーターがいっぱい来ていることが選手に伝わったはず」と語った。

岡田武史監督「下を向いている時間はない」/日本代表
6月20日3時8分配信 ISM

日本代表は現地時間19日(以下現地時間)、2010年W杯のグループリーグ第2節でオランダと対戦し、0対1で敗れた。以下、岡田武史監督の試合後のコメント。

岡田監督
「今日はオランダという非常に強い相手から勝ち点3を取りたかったし、選手は全力で戦っていたが、残念ながら及ばなかった。応援してくれた方には申し訳なかったと思うが、下を向いている時間はない。デンマーク戦に向け、最高の試合ができる状態に持っていきたい。

(交代のカードを切ってから中盤が流動的に動いていたが、あれが日本の戦う術だと考えているのか?)
得点というのは色々な形から生まれる。パスをつないで崩すだけではなくて、守備から早い攻撃をしなければいけないときもある。縦に速い攻撃だけではなかなか得点できない。強烈なセンターフォワードがいないので、ボールを奪ってから早く攻撃を仕掛けたり、セットプレーから狙ったり、パスをつないで流動的に動いて崩すというのもある。ただ、パスをつないでやると向こうにも組織を作る時間を与えることになるので厳しいプレッシャーを受けることになる。

(守りの形から勝利を狙っていたと思うが、失点してサッカーが変わった。そのことは頭のなかにあったのか)
別に前半から守りを徹底していたわけではない。オランダは日本に大勝するつもりで臨んでくると思っていたし、点が取れないと焦れてくるので、ボールを持ったら勇気を持って前に出ろと言っていた。前半はそういう感じで、後半の20分から25分ぐらいに勝負をかけようと思っていたが、先に失点しまい、選手たちは勝ち点を取りに行きたいので前がかりになった。打ち合いになると、こっちのミスが目立つのはしょうがない。ダブルボランチにして、前がかりに行くのは練習でやっていた。試合運びとしては予定通りだったが、結果がついてこなかった。残念ながら、そういうことです。

(後半は前半と違って深追いするケースが増えたが、それは選手の判断なのか。ハーフタイムの指示と「世界を驚かすサッカー」ができたかどうか教えてください)
後半になってやり方を変えたわけではないが、キックオフしてから最初のパスをミスしてカウンターを受けるという悪い流れから入ってしまったのが要因かなと思っている。ハーフタイムにはディフェンスは今のままで、全体のバランスについて指示をした。攻撃のときにマイボールになったら、もう少し落ち着いてツータッチぐらいでも大丈夫だと。パスやドリブルでひとりかわしても次が来るけど、もうひとりかわせばかなりフリーになるから、今までの感覚だとひとつかわすとホッとするところがあるから注意しろと言った。驚かすことについては、今言ってもしょうがない。W杯が終わってから判断する。

(今野の起用も報道されていたが、その選択肢については? また非公開にしているにもかかわらず、情報が漏れていることについては?)
今野については周りでいろいろ言われていたようだけど、ひとつのオプションとしてスナイデルにマンツーをつけることを考えていた。阿部のイエローについても考えたが、そういうことは他の選手にも起こることなのでその場で対処しようと思っている。情報が漏れていることについては残念に思っている。試合前に知ったので選手には伝えなかったが、明日にでも「もう少しチームのことを考えてほしい。周りは日本のサッカーのことなんて考えていないということを理解してほしい」と言おうと思っている。

(最後、闘莉王が前に行ったが、それは指示か? 3戦目のスタメンはどのように考えているのか?)
闘裏王はベンチの指示。3戦目はその時点で色々なことを考えた上でのベストメンバーで臨む。疲労のことも考えるが、今からは考えていない。

(選手交代の意図は?)
俊輔については、松井は走っていて90分は持たないと思っていたし、前でタメが欲しい、そしてなんといってもセットプレーのキッカーとして欲しかった。それ以外の大久保、長谷部については、悪いわけじゃなかったけど、流れのこともあったし、元気な選手を入れて刺激を入れたかった。岡崎は左に入って、俊輔とのコンビネーションもいいし、裏に抜ける動きを期待した。玉田は練習からコンディションもよく、向かい合って勝負ができる数少ない選手なので、局面打開を期待した。

(試合球ジャブラニの影響については?)
スナイデルのシュートがよかった。オランダ相手に無失点でいけるとはそれほど思っていなかったし、点を取れなかったことが敗因だと思っている」

NHKアナ発言影響?オランダ戦視聴率43%
6月21日10時5分配信 読売新聞

テレビ朝日系で19日夜に放送されたサッカー・ワールドカップ南アフリカ大会の「日本対オランダ戦」の平均視聴率(関東地区)が、43・0%だったことが21日、ビデオリサーチの調べで分かった。
瞬間最高視聴率は、試合終了時の19日午後10時19分で、55・4%だった。

テレ朝ショック?オランダ戦、ゴールデンも視聴率ダウン
6月21日16時57分配信 夕刊フジ

サッカーW杯南ア大会で、日本が優勝候補のオランダに0−1で惜敗した1次リーグ第2戦の生中継(19日夜)の番組平均視聴率(ビデオリサーチ調べ)は、関東地区で43・0%を記録した。
中継したテレビ朝日では放送日の6月19日にちなみ、応援団長のSMAP香取慎吾(33)が目標視聴率を61・9%に掲げてたが、遠く及ばなかった。また、NHKが14日に放送したカメルーン戦(前半44・7%、後半45・2%)にも届かなかった。
瞬間最高視聴率は試合終了直後の55・4%で、カメルーン戦の同49・1%を抜き、今年の全番組で最高視聴率を記録した。また、ほぼ同じ時間帯のNHK−BSの中継は平均6・3%の視聴率を獲得した。
NHKではスタジオでW杯中継の進行役を務める神田愛花アナ(30)が17日の放送中、オランダ戦の中継を告知する際に、「BS1でたっぷり放送、コマーシャルありませんからね」とアピール。放映権は民放と共同購入していることから、後日「配慮に欠けた」と謝罪する一幕もあったが、NHKに流れたファンもいたようだ。
決勝トーナメント進出をかけた大一番となる次のデンマーク戦は25日午前3時から日本テレビ系で中継される。キックオフは同3時半。金曜日は寝不足必至か。

ネット出前サイト、「日本対オランダ戦」でアクセス数が先週比2倍
6月21日15時11分配信 japan.internet.com

大阪のネット出前サイトを運営する夢の街創造委員会は2010年6月21日、FIFA ワールドカップ「日本対オランダ戦」開始後、同社ネット出前サイト「出前館」のアクセス数が先週比で200%となった、と発表した。
日本対オランダ戦の試合当日(日本時間6月19日20時台)の出前館アクセス数は先週比200%で、オーダー数は151%。
試合がちょうど日本時間の夕食時に行われたため、食事を作るかわりに出前を注文したのではないか、と同社では推測している。


ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | サッカー(WORLD CUP・W杯) | TOP↑ |
グーグル ページランク無料ブログ ランキング