http://mobile.example.com/article100.html 韓国映画(MOVIE) | ANSWER is my life AX

ANSWER is my life

アナタはいくつ知ってますか?
ほぼ毎日!話題&流行キーワードをピックアップ中です。
GET UP AND GO☆彡

※韓国、とんねるず関連
【石橋貴明 & 木梨憲武】情報もね

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート格安航空券 国内持続的で良質な被リンクが得られるディレクトリ登録はSEO対策に必須です!

 
インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | - | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
映画 日韓共同制作「テレシネマ7」 東方神起のジェジュン主演の「天国への郵便配達人」など7作品が完成 ことの起こりは・・・
映画
テレシネマ7


「好きに書いていいと言われた」 日韓共同制作「テレシネマ7」で成果 
6月11日7時56分配信 産経新聞

■市川森一放送作家協会理事長
日韓共同制作のドラマプロジェクト「テレシネマ7」が、昨年11月の韓国に続き、5月末から日本で劇場公開されている。「自由に作品を書ける環境が、日本の脚本家のモチベーションを引き出した」と、発案した日本放送作家協会の市川森一理事長は、プロジェクトの成果を強調する。
「テレシネマ7」は、日本の人気脚本家が書いた脚本を、韓国人スタッフ、韓流スターの出演でドラマ化。北川悦吏子脚本、東方神起のジェジュン主演の「天国への郵便配達人」など7作品が完成した。

ことの起こりは平成19年6月。
国際会議の「東アジア放送作家カンファレンス」に参加した日韓の放送作家の間で企画が持ち上がり、日本からは大石静、中園ミホら7人のヒットメーカーが脚本を担当することになった。
「7人に頼んで、何人かが引き受けてくれればいいと思ったら、誰も断らなかった」と市川理事長は“うれしい誤算”を口にする。多忙な7人全員が快諾した理由は「韓国側から、『脚本家の好きなように書いていい』と言われたことに尽きる」という。
日本で脚本家たちを取り巻く制作環境は厳しい。法政大学の藤田真文教授(メディア論)は「最近の日本の脚本家は、マンガなどの原作を脚色する役回りが増え、キャスティングも前もってテレビ局に決められ、自分のカラーを出すことが難しい」と指摘する。優れた脚本家に贈られる「向田邦子賞」も、今年は初めて該当者がなかった。
「テレシネマ7」は、キャストも白紙、コンセプトも自由だった。韓国人監督が脚本に難色を示したケースでは、監督が交代し、脚本に最後まで“横やり”は入らなかった。
こうして日本の誇るヒットメーカーが存分に腕をふるった7作品は、韓国でも多くのファンに支持された。今回参加した脚本家の尾崎将也さんは、すでに来春放送の韓国の連続ドラマで脚本を担当する話が具体化している。
市川理事長は、今回の試みが日本の脚本家の制作環境を改善する一助になればと願う。「今回の作品を見て、やっぱり脚本はプロに完全に任せればいいんだと分かってもらえたらうれしい。いい作品を作りさえすれば、市場は海外に広がるのです」

JUGEMテーマ:韓流♪

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 韓国映画(MOVIE) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
韓国映画 『房子伝』 古典『春香伝』を裏返して、モンリョンの侍女・房子と春香、モンリョンのもつれた愛を描いた映画
韓国映画
房子伝
キム・ジュヒョクチョ・ヨジョンリュ・スンボム


リュ・ヒョンギョン、『房子伝』で濃艶・セクシーなヒャンダンに変身
2009/10/24(Sat) 14:04

映画『房子伝』のリュ・ヒョンギョンが濃艶なヒャンダンに変身した。映画『淫乱書生』のキム・デウ監督の次期作として注目されている『房子伝』は、古典小説『春香』のイ・モンリョンより抜きん出た人物として設定される房子の視角で新しく再解釈されるコミック時代劇。
『房子伝』でリュ・ヒョンギョンの演ずるヒャンダンが、やはり古典での忠誠心が強くうぶな春香の侍女ヒャンダンから脱して、房子を間に置いて春香と対立して性にする欲求と身分上昇に対する欲望を積極的に表す人物である。今回の映画ではヒャンダンが古典小説の中で刻印された先入観を破り、主体的な意志を持った人物として脚色されるだけに、春香をしのぐほどに派手で濃艶に復活する予定。春香の侍女としてみすぼらしくて仕方のなかったヒャンダンではなく、きれいな韓服の姿と派手で高級なかんざし、装飾品などで飾ったヒャンダンに変身するようになる。リュ・ヒョンギョンは「既存の私が知っていたヒャンダンではない、新しく表現しなければならない人物という点が私にもとても面白く、一味違う試み」であると述べながら「ヒャンダンだけでなく、房子、春香、イ・モンリョンなどの人物が既存の設定を完全にひねるために、とても面白い作品が出てくるようで、大分期待できる」と伝えた。
9月末クランクインした『房子伝』は、現在慶南密陽とヤンス里のセット場等の地で撮影の真っ盛りで、来年上半期に封切られる予定である。

JUGEMテーマ:韓流♪

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 韓国映画(MOVIE) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
韓国映画 『砲火の中へ』 1950年8月10日に、数百人の北朝鮮精鋭軍と71人の韓国の少年学徒兵の間で起こった12時間の激しい戦闘を描いた作品
韓国映画
砲火の中へ
クォン・サンウチャ・スンウォン
キム・スンウBIG BANGT.O.P


「砲火の中へ」制作発表会、豪華キャスト勢ぞろい
5月10日17時23分配信 聯合ニュース

【ソウル10日】
新作映画「砲火の中へ」の制作報告会がソウル市内のホテルで10日に行われ、豪華キャストが顔をそろえた。
作品は、朝鮮戦争のなかでも71人の学徒兵と北朝鮮軍による戦闘を描く。カン・ソクテ(キム・スンウ)の部隊は洛東江死守のため浦項を離れ、71人の学徒兵を残す。ジャンボム(T.O.P)が中隊長に任命されるが、ガプチョ(クォン・サンウ)のグループと摩擦が生じる。北朝鮮軍の進撃隊長パク・ムラン(チャ・スンウォン)率いる人民軍766遊撃隊は、洛東江に向かえという指示を無視し秘密裏に浦項に方向を変え、学徒兵らと対決することになる。
クォン・サンウは「デビューしたころの気持ちで撮影した。キム・スンウ、チャ・スンウォン先輩のおかげでしっかりやれた」と語り、「男ばかりの現場だったので、気楽で楽しめた。ボーイスカウトになった気分だった」と振り返った。ことし34歳ながら、「マルチュク青春通り」(2004年)以来の学生服姿を披露したことには「年のせいでキャスティングしてもらえないところだった」と笑わせた。
この作品が映画デビューとなった歌手グループBIGBANGのメンバー、T.O.Pは「学びの遊び場に出かける気分だった。疲れたり苦しいときは先輩たちが助けてくれた。成熟できる契機になった作品」と語った。
ドラマ「アイリス」でもT.O.Pと共演したキム・スンウは、T.O.Pについて「役に完全に溶け込んだなと思った。期待以上だった」と高く評価した。
メガホンを取ったのは、「私の頭の中の消しゴム」「サヨナライツカ」のイ・ジェハン監督。制作には113億ウォン(約9億円)が投じられた。韓国で来月17日封切り予定。

JUGEMテーマ:韓流♪
JUGEMテーマ:韓流♪


ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 韓国映画(MOVIE) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
韓国MOVIE 『夢は叶う』 サッカー好きの南北部隊の「ワールドカップ観覧作戦」を描いたヒューマンコメディー。
韓国映画
夢は叶う


イ・ソンジェ、北朝鮮語の“猛勉強中”
2009/12/17(Thu) 11:25

俳優イ・ソンジェが久しぶりに姿を現わす。イ・ソンジェは3年ぶりのスクリーン復帰作『夢は叶う』が公開したスティール写真を通じ、新しい姿を披露した。
『夢は叶う』でイ・ソンジェが演じる役は非武装地帯DMZ内の北朝鮮GPの文隊長で、イ・ソンジェがデビュー15年で初めて制服を着て演技をする。これまで『美術館の隣りの動物園』『ホリデイ』『新羅の月夜』『公共の敵』などで様々な役を演じてきたイ・ソンジェは、今回の映画でその道の第一人者というほどの熱烈サッカーファンで、自身の文隊員らを実の弟のように大切にする長兄のようなキャラクターを演じ、温かいカリスマを発散させる。
特に今回の役のためにイ・ソンジェは北朝鮮語の発音を録音し、数限りなく聞きながら完璧で自然な発音練習に情熱を注いでいるという。イ・ソンジェ、カン・ソンジン、チョン・ギョンホ、オ・テギョン、チュ・サンノクなどが出演する『夢は叶う』は、来年の上半期に公開を目標に撮影中。

■■■■■ ワールドカップの熱気を映画で感じる『夢は叶う』 ■■■■■
「サッカーボールに思想はない」という言葉のように政治的な意味とは関係ない。「2002年のワールドカップ時、非武装地帯で北朝鮮軍は何をしていただろうか」に焦点を当てて、映画を楽しんでくれればと思う」
俳優イ・ソンジェは12日、ソウル市龍山CGVで開かれた『夢は叶う』の試写会で「天安艦の沈没事件など国が落ち着かないが、政治的な意味を考えないで、楽に映画を通じ雰囲気が和らいでくれたらと思う」と明かした。「転役してから20年以上経ったが、その時も今も軍隊を見ると次々と思い出が出てくる。楽しかった」としながら「仮想の中継放送の声を聞くんだと思いながら、私たちだけで楽しんで撮った。その感じを最大限活かして演じた」という困難さも伝えた。
カン・ソンジンは「中継放送が聞こえない状況で、聞こえているかのように演じなければならなかったジレンマがあった」とし「出演俳優と撮影の前日、大きな部屋を借りて予習をしたりもした。演劇舞台を除いて予習と復習をしたのは初めてだった」と打ち明けた。
映画はワールドカップの熱気が届かない唯一の場所である非武装地帯、東部前線43GP1分隊が背景。ただワールドカップの中継放送が見たいという一念だけで、非武装地帯の南北兵士たちの「ワールドカップ観覧作戦」を描いた。イ・ソンジェは北朝鮮のサッカーマニア1分隊長、カン・ソンジンは1分隊の中兵を演じた。1分隊の異常な動向を調査するため派遣された人民軍を演じたチェ・ジヒョンは「スクリーンデビュー作なのですごく苦悩もし、責任感もすごく感じ、プレッシャーが多かった」とし「映画を見て、今後さらに一生懸命頑張る俳優になれるよう努力したい」と誓った。
ケェ・ユンシク監督は「北朝鮮とサッカーという素材を結び付けて作った」とし「またGPという特性上、写真や資料がなかったので、脱北者の中で非武装地帯に勤務していた方の話を聞いて制作した」と話した。27日に公開される。




JUGEMテーマ:韓流♪

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 韓国映画(MOVIE) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
韓国MOVIE 『砲火の中へ』 1950年8月10日に、数百人の北朝鮮精鋭軍と71人の韓国の少年学徒兵の間で起こった12時間の激しい戦闘を描いた作品
韓国映画
砲火の中へ
クォン・サンウ


「砲火の中へ」制作発表会、豪華キャスト勢ぞろい
5月10日17時23分配信 聯合ニュース

【ソウル10日】
新作映画「砲火の中へ」の制作報告会がソウル市内のホテルで10日に行われ、豪華キャストが顔をそろえた。
作品は、朝鮮戦争のなかでも71人の学徒兵と北朝鮮軍による戦闘を描く。カン・ソクテ(キム・スンウ)の部隊は洛東江死守のため浦項を離れ、71人の学徒兵を残す。ジャンボム(T.O.P)が中隊長に任命されるが、ガプチョ(クォン・サンウ)のグループと摩擦が生じる。北朝鮮軍の進撃隊長パク・ムラン(チャ・スンウォン)率いる人民軍766遊撃隊は、洛東江に向かえという指示を無視し秘密裏に浦項に方向を変え、学徒兵らと対決することになる。
クォン・サンウは「デビューしたころの気持ちで撮影した。キム・スンウ、チャ・スンウォン先輩のおかげでしっかりやれた」と語り、「男ばかりの現場だったので、気楽で楽しめた。ボーイスカウトになった気分だった」と振り返った。ことし34歳ながら、「マルチュク青春通り」(2004年)以来の学生服姿を披露したことには「年のせいでキャスティングしてもらえないところだった」と笑わせた。
この作品が映画デビューとなった歌手グループBIGBANGのメンバー、T.O.Pは「学びの遊び場に出かける気分だった。疲れたり苦しいときは先輩たちが助けてくれた。成熟できる契機になった作品」と語った。
ドラマ「アイリス」でもT.O.Pと共演したキム・スンウは、T.O.Pについて「役に完全に溶け込んだなと思った。期待以上だった」と高く評価した。
メガホンを取ったのは、「私の頭の中の消しゴム」「サヨナライツカ」のイ・ジェハン監督。制作には113億ウォン(約9億円)が投じられた。韓国で来月17日封切り予定。

『砲火の中へ』、米スタンフォード大学で招請上映会
2010/05/05(Wed) 15:02

チャ・スンウォン、クォン・サンウ、チェ・スンヒョン(BIGBANG T.O.P)主演の映画『砲火の中へ』が、韓国での公開に先立ち、米国スタンフォード大学で現地上映会を行う。
5日、製作会社であるテウォンエンターテイメントによれば『砲火の中へ』は米国スタンフォード大学の招請を受けて今月27日に公式上映会を行う。 今回の上映会はスタンフォード大学のアジア-太平洋研究所(Asia-Pacific Research Center at Standford University)が韓国戦争の実話を素材にした『砲火の中へ』に大きな関心を示し、大学次元で招請されて実現した。このような招請上映会はゴールデングローブ外国語映画賞を受賞してアカデミー作品賞候補に上がったクリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』以後、2年ぶりだ。
テウォンエンターテイメント側は「フランス・カンヌ、ドイツ・ベルリン映画祭をはじめとして世界有数の映画祭で韓国映画が注目されるという成果を上げるのに反して、米国を代表するアカデミー映画祭には韓国映画が一度も候補に上がったことがないという点を考慮する時、『砲火の中へ』に向けられたスタンフォード大学の関心は鼓舞的と言える」と期待感を表した。
上映会は今月27日米国・カリフォルニアにあるスタンフォード大学のキャンパスで行われ、スタンフォード大学側はイ・ジェハン監督と主演俳優クォン・サンウを始め、製作スタッフと米国の有名な評論家スコット・ファウンダス(Scott Foundas)、米軍参戦した勇士などを招請して映画を共に観覧した後、討論の時間も設ける予定だ。
『砲火の中へ』は学生の身分で戦場のど真ん中に飛び込んで巨大な戦争の運命を変えたが、今は誰も憶えていない71人の学徒兵の話を描いた感動的な実話だ。韓国での公開は6月中に予定されている。

JUGEMテーマ:クォン・サンウ

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 韓国映画(MOVIE) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
韓国MOVIE 『苔(こけ)』 同名の人気インターネット連載漫画を映画化したサスペンスドラマ
韓国映画
苔(こけ)


パク・ヘイル&チョン・ジェヨン、映画で正面対決
2009/06/22(Mon) 21:05

演技派俳優パク・ヘイルとチョン・ジェヨンが、映画『苔』にキャスティングされた。同名人気webtoonを原作に、カン・ウソク監督が映画化する『苔』は、チョン・ジウ監督がシナリオを担当、パク・ヘイルとチョン・ジェヨンのキャスティングで強力なシナジー効果を発揮する展望だ。
父の死で村を訪れた後、そこに留まって住民が隠している真実を暴いていく主人公“リュ・ヘグク”役はパク・ヘイルが、リュ・ヘグクと対立する“里長チョン・ヨンドク”役はチョン・ジェヨンが演じる。“パク検事”役にはユ・ジュンサンがキャスティングされ、村の秘密を作っていく村の構成員“キム・ドクチョン”“チョン・ソクマン”“ハ・ソンギュ”役には、各々ユ・ヘジン、キム・サンホ、キム・ジュンベが出演する。
また演技派俳優のユ・ヘジンは、里長のそばで彼の農作業や村の行事などを担当して処理する愚かな独身男性“キム・ドクチョン”役を演じて、久しぶりにカン・ウソク監督の映画に出演する。映画紅一点の“イ・ヨンジ”のキャスティングだけを残した映画『苔』は、8月クランクインして、2010年上半期公開予定だ。

JUGEMテーマ:韓流♪
ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 韓国映画(MOVIE) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
韓国MOVIE 『房子伝』 古典『春香伝』を180度ひねって、“夢竜”の小間使い“房子”と“春香”、“夢竜”の絡まった愛を描いた史劇
韓国映画
房子伝
キム・ジュヒョク リュ・ヒョンギョン チョ・ヨジョン


キム・ジュヒョクが時代劇に初挑戦、セクシーな「房子」に変身
2009/10/05(Mon) 19:19

俳優キム・ジュヒョクが、時代劇に初挑戦、セクシーな房子に変身した。キム・ジュヒョクは最新映画『房子伝』で、魅力的でセクシーな男“房子”役を演じて、ひげと髪を伸ばして、今までとは違う姿を披露する。
『淫乱書生』のキム・デウ監督の次期作であり、キム・ジュヒョク、リュ・スンボム、チョ・ヨジョン、リュ・ヒョンギョンの出演で期待を集めている映画『房子伝』は、1日京畿道両水里のセット場で、順調な撮影を祈る映画成功祈願祭とともに初めての撮影に突入した。
『房子伝』は、韓国を代表するロマンスである古典小説の『春香伝』を、 李夢龍(イ・モンリョン)と春香(チュニャン)中心の愛情構図から抜け出し、“房子”の見解で新しく再解釈した作品だ。『妻が結婚した』『グァンシクの弟グァンテ』などでロマンチックな純情派の男性役を主に演じてきたキム・ジュヒョクが、 李夢龍(イ・モンリョン)より容貌と魅力を持ち合わせた房子を演じる。
今回の作品で初めて時代劇に挑戦するキム・ジュヒョクは、映画成功祈願祭の写真を通じて、韓服姿と長く伸ばした髪とひげで、異色な変身を披露した。キム・ジュヒョクは「『妻が結婚した』以来、一年ぶりに現場に戻ったが、気分がとても良い。初めての撮影から予感が良くて、良い映画が出来ると確信している」と所感を明らかにした。
キム・ジュヒョクの他に、リュ・スンボムが“李夢龍(イ・モンリョン)”役を、チョ・ヨジョンが“春香(チュニャン)”役を、リュ・ヒョンギョンが“ヒャンダン”役を演じる。映画『房子伝』は、来年上半期公開予定。

JUGEMテーマ:韓流♪

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 韓国映画(MOVIE) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
韓国MOVIE 『僕のやくざみたいな恋人(私のチンピラのような恋人)』 度胸のないやくざと、度胸だけはある女が半地下の住居で隣人として出会い、奇妙な半同棲生活を始めるという内容のロマンチック・コメディー。
韓国映画
僕のやくざみたいな恋人
パク・チュンフン チョン・ユミ


パク・チュンフン、「大麻草事件、僕の人生でどん底だった」
2010/05/05(Wed) 07:36

俳優パク・チュンフンが「大麻草事件は僕の人生でどん底だった」と告白した。
パク・チュンフンは4日午後2時、ソウル鍾路プリマス・ピカデリー劇場で開かれた映画『私のチンピラのような恋人』の試写会及び記者会見で質問に答えた。
喧嘩より口が立つ三流のチンピラ“ドンチョル”役を演じたパク・チュンフンは「俳優は直接経験できないことは、似た経験で類推をする。俳優は観客に無視される時と無視されない時の思いが極端に違うが、今回はそのような場合を通じて類推した」と明らかにした。引き続きパク・チュンフンは「十数年前に法律に違反して、大きな家に行ってきたことがある。その時大きな傷を受けたことを思い出す」と、1990年代大麻草喫煙で拘束されたことを言及した。
一方どん底人生、別名“ルジョ”役を演じたことに対して「『ラジオスター』も“ルジョ”だと言えて、『強敵』という映画でも似ていたが、街頭の“ルジョ”は久しぶりだと思う。私は裕福に育ったが、映画はどん底“ルジョ”を演じるとき、観客が共感してくれるようだ。 自分が優秀だと考える人は、そんなにいないために、観客らがこのような人物に感情移入するのが易しいと思う」と答えた。

JUGEMテーマ:韓流♪
ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 韓国映画(MOVIE) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
韓国映画 『雲から抜けた月のように』 、新たな世界を夢見て立ち上がる反乱軍の首長、イ・モンハクと、世の中を守ろうとするジョンハクの運命的な対決を描く。
韓国映画
雲から抜けた月のように


イ・ジュンイク監督の時代劇映画、制作報告会
3月24日11時0分配信 聯合ニュース

【ソウル23日聯合ニュース】
観客1000万人を動員した「王の男」(2005年)のイ・ジュンイク監督が手掛けた時代劇映画「雲から抜けた月のように」の制作報告会が23日、ソウル・淑明女子大学アートシアターで行われた。
壬辰倭乱(文禄・慶長の役)直後を舞台にしたこの作品はイ監督にとって「黄山ヶ原」「王の男」に続く3作目の時代劇となる。
イ監督は、時代劇はやればやるほど大変で、難しく、観客がこの作品に対し「王の男パート2」のような内容を期待するだろうと思うと、大きなプレッシャーになったと振り返った。また、「時代劇は個人より時代と社会像を反映するようになる。時代劇の制作能力が高い国が文化先進国だと信じている」と話した。
同作品は、優れた作品性で国内外で認められた漫画家パク・フンヨンの同名漫画を原作とし、ファン・ジョンミン、チャ・スンウォンらが出演。制作段階から期待を集めた。
映画は壬辰倭乱直後に混沌(こんとん)の時代を制し、自ら王になろうとするイ・モンハク(チャ・スンウォン)と、彼に立ち向かい世の中を守ろうとする盲人剣客、ファン・ジョンハク(ファン・ジョンミン)の運命的な対決を描く。
ファン・ジョンミンはアクション演技より、目の見えないジョンハクをどのように演じるかが大きな負担になったと話した。一方、チャ・スンウォンは同い年の俳優、ファン・ジョンミンについて共演して初めてすごさがわかったとし、「演技は競争ではなく、調和であることを改めて感じだ」と語った。
「雲から抜けた月のように」は来月29日に公開される。

「雲から抜けた月のように」、キャストそろい試写会
4月20日12時4分配信 WoW!Korea

【ソウル20日】
パク・フンヨンの同名漫画が原作の時代劇映画「雲から抜けた月のように」(イ・ジュンイク監督)の試写会が19日にソウル市内の映画館で行われ、主演のチャ・スンウォンらが顔をそろえた。
謀反の集まりの長として反乱を起こすイ・モンハクを演じたチャ・スンウォンは、「モンハクは野獣性を宿した人物。そんな内面を際だたせたかった」と話した。原作でのモンハクは抽象的な人物だが、監督と話をしていくうちに、自然にキャラクターが形づくられていったという。
原作は主人公のキョンジャ(ペク・ソンヒョン)の1人称で、盲人の剣客ファン・ジョンファク(ファン・ジョンミン)の2人をメインに展開するが、映画では、モンハクと彼を愛する妓生のペクチ(ハン・ジヘ)にもスポットを当てた。イ監督は「1人の青年の成長ドラマではストーリー不足だったので、キョンジャの成長に寄与させるよう脚本を書いた」と説明した。
一方、ファン・ジョンミンは初めての盲人の役のため、盲学校で授業を受けたり、同意を得てカメラで撮影し動作を研究するなど「自分なりに一生懸命準備しました」と明かした。
劇中、歌も披露するハン・ジヘは、音楽監督と何度も練習を重ねたという。「歌そのものが良かったので」と語った。
「雲から抜けた月のように」は29日に封切り。

JUGEMテーマ:韓流♪

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 韓国映画(MOVIE) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
韓国映画 『詩(Poetry)』 自分が生きている世界を一篇の詩にするため、詩人になろうと挑戦する過程をつぶさに描いた作品
韓国映画


女優のユン・ジョンヒ、15年ぶりにスクリーンに復帰
2010年04月16日 14:00 発信地:ソウル/韓国

【4月16日】
15年ぶりにスクリーンに復帰する女優のユン・ジョンヒ(Yoon Jung-Hee)の出演で話題を呼んでいる映画『詩(Poetry)』の制作報告会が、4月14日、ソウル江南区(カンナムク)狎鴎亭(アックジョン)CGVにて行われた。
同席でユン・ジョンヒは、「映画を離れたと思ったことはありません。だから撮影現場に入った時は、まるで親友に会ったような気持ちで、楽しく、疲れも忘れました」と語った。
『詩』は、世界的にも名を知られているイ・チャンドン(Lee Chang-Dong)監督の新作で、純粋で好奇心旺盛な60代の女性「ミジャ」(ユン・ジョンヒ)が、自分が生きている世界を一篇の詩にするため、詩人になろうと挑戦する過程をつぶさに描いた作品。
5月にフランスのカンヌで開かれる「第63回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)」にも出品されている同作は、5月13日に公開される。

JUGEMテーマ:韓流♪

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 韓国映画(MOVIE) | TOP↑ |
グーグル ページランク無料ブログ ランキング