http://mobile.example.com/article100.html 今日の注目ワード★(スポーツ) | ANSWER is my life AX

ANSWER is my life

アナタはいくつ知ってますか?
ほぼ毎日!話題&流行キーワードをピックアップ中です。
GET UP AND GO☆彡

※韓国、とんねるず関連
【石橋貴明 & 木梨憲武】情報もね

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート格安航空券 国内持続的で良質な被リンクが得られるディレクトリ登録はSEO対策に必須です!

 
インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | - | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
K-1 ワールドMAX ま、同じ格闘技なんだけどさ なんかバカにされてナイ?苦笑
K-1


城戸必殺技は亀田興毅の「丸パクリ」だった
3月13日7時2分配信 スポニチアネックス

【K―1ワールドMAX】
27日の日本代表決定トーナメント(さいたまスーパーアリーナ)に出場する城戸康裕が、神奈川県内で練習を公開。亀田興VS内藤戦からヒントを得た必殺技の完成を明かした。
08年王者の城戸は「今年は負ける気がしない」と心身の充実を強調。亀田興が多用したノーモーションのストレートを「丸パクリ」し、キックにつなぐコンビネーションで「一発KOできる」と自信を見せた。

城戸が公開練習、“秘策”で一発KO狙う=K-1MAX
3月12日21時11分配信 スポーツナビ

K−1MAX2010開幕戦「K−1 WORLD MAX 2010 −70Kg Japan Tournament」(27日、さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナ)の日本代表決定トーナメント1回戦で龍二と対戦する城戸康裕が12日、神奈川県内のジムで公開練習を行った。
入念なストレッチで体を温めてから、1ラウンドのミット打ちなどを行った城戸は「昨年5月からずっと週2回のペースでフィジカルを練習してきて、ミケランジェロのダビデ像よりもキレイな体になっています」と筋骨隆々の体を披露、笑顔を見せながら好調をアピールした。
豪快なパンチ、破壊力抜群のキックでジム内に大きな打撃音を響かせた城戸は「東海大学の有賀(誠司)先生に指導していただいて、パンチが重くなったりバランスが良くなったりするのが顕著に出て、体で実感しています」と自らの成長を感じている様子だ。
城戸はボクシングの亀田兄弟の試合を何度も見て研究し、パンチの技術も格段に向上していると語る。今回の試合では、亀田戦からヒントを得て「ノーモーションパンチからのコンビネーションに秘策があります。試合では楽しみにしてほしいですね」と一発KOも可能だという必殺技について言及した。
昨年の日本代表決定トーナメント1回戦で日菜太に判定負けし、(日菜太の負傷で出場した)準決勝で小比類巻太信にKO負けを喫したことについては考えないようにしているという城戸は、肉体改造が成功した今年の大会では「負ける気がしないですね。判定で勝つのは好きじゃないですし、お客さんを沸かせるような戦いを見せたいと思います」と強気な姿勢を見せる。
また、K−1MAX日本代表決定トーナメントの翌日には、自身が所属する谷山ジムの25周年記念興行(後楽園ホール)が予定されており「K−1MAXで優勝して、ベルトを持って帰ってこれたら気持ちいいですよね。骨折しても出場するつもりなので」と、連日の試合出場を明言した。さらに「(報道陣の)皆さんの優勝予想は日菜太選手だと聞きましたが、絶対にオレが優勝します。今回のトーナメントでは2位も8位も同じだと思っているので、必ず勝ちたいと思います」と、魔裟斗引退後の日本人トップファイターの1人として、自信を隠さず優勝を宣言した。

■「K−1 WORLD MAX 2010 −70kg Japan Tournament」
3月27日(土)埼玉・さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナ 開場15:00(予定) 開始16:00(予定)

<日本代表決定トーナメント1回戦(1)>
龍二(日本/リアルディール/第2代RISE70キロ級王者)
城戸康裕(日本/谷山ジム/K−1MAX2008日本代表決定トーナメント優勝)

<日本代表決定トーナメント1回戦(2)>
小比類巻太信(日本/BRAVI RAGAZZI/K−1MAX2004&05&09日本代表決定トーナメント優勝)
長島☆自演乙☆雄一郎(日本/魁塾/K−1MAX2009ベスト16)

<日本代表決定トーナメント1回戦(3)>
中島弘貴(日本/バンゲリングベイ・スピリット/Krush70キロ級トーナメント2009優勝)
TATSUJI(日本/アイアンアックス/RISEミドル級トーナメント2005優勝)

<日本代表決定トーナメント1回戦(4)>
日菜太(日本/湘南格闘クラブ/初代RISE70キロ級王者)
山本優弥(日本/青春塾/K−1MAX2009世界3位)

<スーパーファイト K−1ルール 3分3R延長1R>
ジョルジオ・ペトロシアン(イタリア/サトリ・グラディエートリウム・ネメシス)
佐藤嘉洋(日本/名古屋JKファクトリー)

<スーパーファイト K−1ルール 3分3R延長1R 63キロ契約>
渡辺一久(日本/フリー)
DJ.taiki(日本/Team Nakano)

<スーパーファイト K−1ルール 3分3R延長1R 63キロ契約>
小宮山工介(日本/北斗会館)
村浜 TAKE HERO(日本/大阪ファイティングファクトリー)

<オープニングファイト 大渡博之引退試合 K−1ルール 3分3R延長1R>
大渡博之(日本/正道会館)
松倉信太郎(日本/バンゲリングベイ)

<オープニングファイト K−1ルール 3分3R延長1R>
小宮由紀博(日本/スクランブル渋谷)
ダニロ・ザノリニ(ブラジル/志村道場/ブラジリアン・タイ)

JUGEMテーマ:K−1

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 今日の注目ワード★(スポーツ) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
スポーツとECOをつなぐエンターテインメント 「GOLIATH(ゴリアテ)」オープン

スポーツ予想がエコになる「GOLIATH(ゴリアテ)」がオープン
2010年02月12日 10:31 発信地:東京

【株式会社LR】
株式会社エルアール(東京都港区 代表取締役社長:石嶺 慶洋)は本日2月10日、スポーツとエコをつなぐWebサイト『GOLIATH(ゴリアテ)』の提供を開始しました。
会員登録及びコンテンツ利用は無料です。
ただ今、会員登録で5000ポイントプレゼントのキャンペーンを実施中です。
「GOLIATH」は、プロ野球やサッカー、ゴルフなど、さまざまなスポーツの結果をユーザーに予想して頂き、貯めたポイントを使って環境保護団体を支援できるWebサービスです。
スポーツ観戦がより一層エキサイティングになるだけでなく、同時に環境保護活動に貢献することができます。
ユーザーが友人にメールを送ると「GOLIATH」に招待できる機能を搭載し、お互いが「ともだち」関係となって、ポイントによるランキング対決が可能。
さらに、コミュニティ機能を使えば、共通の興味や、同じスポーツが好きなユーザー同士が集まって、予想対決をすることができます。
2010年はバンクーバー五輪やサッカーWカップ等、多くのスポーツイベントが開催されます。
「GOLIATH」はスポーツを通して、地球環境問題の解決に寄与していきたいと考えています。

エルアール、スポーツとエコをつなぐWebサイトを開設
2010年02月10日 19:08更新

株式会社エルアールは、2月10日、スポーツとエコをつなぐWebサイト「GOLIATH(ゴリアテ)」の提供を、開始した。
「GOLIATH」は、ユーザがプロ野球やサッカー、ゴルフなど、さまざまなスポーツの結果を予想して貯めたポイントによって、環境保護団体を支援できるというWebサービス。スポーツ観戦がよりエキサイティングになるだけでなく、同時に環境保護活動にも貢献することができる。会員登録及びコンテンツ利用は、無料となっている。

【情報・関連サイト】
GOLIATH(ゴリアテ)

JUGEMテーマ:スポーツ


ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 今日の注目ワード★(スポーツ) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
バカにされちゃってる? いや…仕込まれてたり・・・?
亀田大毅 デンカオーセン


“タダ見”タイ人100人?大毅世界戦で不正続出
2月10日7時1分配信 スポニチアネックス

亀田ジムの五十嵐会長が都内の日本ボクシングコミッションを訪れ、タイ人による不正入場の取り締まり強化を訴えた。
亀田大毅が王座奪取を果たした7日のWBA世界フライ級戦で、係員が前王者デンカオセーン(タイ)陣営に配布したIDカードの偽造パスを使用するタイ人を発見。「100人ぐらいいたようだ。リングサイド(5万円)に座られたら被害額は500万円にもなる」と五十嵐会長。タイでは基本的に入場無料でお金を払う習慣がないことが原因と考えられるが、日本では犯罪行為にあたるだけに渋い表情だった。

デンカオ陣営で偽造パス100枚
2月10日9時36分配信 デイリースポーツ

7日の世界戦で用意されたIDパス、左が亀田ジム陣営用で右がデンカオセーン陣営用
7日に神戸ワールド記念ホールで行われたWBA世界フライ級タイトル戦で偽造IDパスが使用されたことが9日、分かった。亀田ジムによると、王者デンカオセーン(タイ)陣営に配布したパスが100枚近く偽造された。この日、亀田ジムの五十嵐紀行会長(35)が日本ボクシングコミッションに事実報告をした。
試合当日、関係者入り口でIDパスをチェックしていた警備員によって偽造が発覚。偽造されたパスは正規のものをカラーコピーしたため色が薄く、不審に思った警備員がチェックしたところ、通し番号が同一だったため偽造が判明。すでに前座試合が始まっており、偽造パスをすべて回収することはできなかった。
五十嵐会長は「100人近い人間が偽造パスで入ったようです。入場料に換算すると500万円近くの損害。これはうちだけの問題ではなくボクシング界全体の問題」と話した。IDパスを試合前日に渡したため、偽造する時間が作られたとみて、防止策として試合当日に手渡すことを検討するという。

JUGEMテーマ:亀田三兄弟

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 今日の注目ワード★(スポーツ) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
亀田家に対して 対戦相手続々と名乗り出る?
亀田大毅 亀田興毅


坂田、大毅選手と対決したい!
2月9日9時59分配信 デイリースポーツ

亀田大毅戦をアピールする坂田=東京・協栄ジム
WBA世界フライ級王者・亀田大毅(21)=亀田=との対戦を予定している、元WBAフライ級王者・坂田健史(協栄)が8日、あらためて対決をアピールした。前夜の試合をテレビで観戦し、「前回のよくなかった部分が修正されていた」と評価。現状となると、大毅戦は流動的だが「とにかく、大毅選手と対戦できることを信じて、目の前の試合に集中したい」と、20日に行う世界前哨戦へ意気込んだ。

清水V3!「亀田兄弟狙う」/BOX
2月9日7時52分配信 サンケイスポーツ

王者・清水智信(28)が、挑戦者・小林タカヤス(30)に7回59秒、TKO勝ち。3度目の防衛に成功した。現在、フライ級は国内でもっとも熱い階級。WBC世界同級王者は亀田興毅(23)、WBA世界同級王座には「亀田3兄弟」の次男・大毅(21)=ともに亀田=が就いたばかり。その兄弟に挑戦状をたたきつけた。
王者の甘いマスクが真っ赤に染まる。2回終盤、清水が右フックを相手の顔面にヒットさせ、ダウンを奪う。4回には挑戦者の故意のバッティング(減点1)で、互いに流血。7回、王者がフックの連打を放ったところで、レフェリーが試合を止めた。
「やってきたことの半分は出せた」。この試合に備え、元WBA世界フライ級王者・坂田健史(協栄)と約30回のスパーリングを消化。自信をつけた。現在はWBC世界ランク6位。WBA同12位の小林を破り、こちらでも世界挑戦が可能な15位以内にランクインすることは確実だ。
「亀田兄弟? どちらでもいい。両方を狙う」。07年4月にはタイ人王者へ挑み、08年7月には王者・内藤大助(宮田)に挑戦し、ともに敗れた。3度目の世界挑戦へ。「亀田家」を追いかける。

清水標的は亀田!日本王座V3
2月9日9時59分配信 デイリースポーツ

「日本フライ級タイトルマッチ」
(8日、後楽園ホール)
王者・清水智信(金子)が、挑戦者のWBA世界同級12位・小林タカヤス(川島)を7回59秒TKOで下し3度目の防衛に成功した。2回に右ショートでダウンを奪い、7回、小林をロープにつめて連打でストップ。年内にも3度目の世界挑戦を狙う清水は、「WBA、WBCどちらでもいい。亀田兄弟は、興毅も大毅もどちらもやりやすい。今は世界戦をやりたくてしかたがない」と、同級世界王者の亀田兄弟の名を挙げた。

JUGEMテーマ:ボクシング

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 今日の注目ワード★(スポーツ) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
亀田大毅 階級上げて兄・興毅同様…目標は2階級制覇?
亀田大毅


大毅、2階級制覇だ!王座返上も/BOX
2月9日7時52分配信 サンケイスポーツ

プロボクシングのWBA世界フライ級王者で「亀田3兄弟」の次男・大毅(21)=亀田=が、獲得したばかりの王座を返上し、階級を上げる可能性が8日、浮上した。
大毅は前日、前王者デンカオセーン・カオウィチット(33)=タイ=との再戦で判定勝ち。3度目の世界挑戦で悲願の王座を奪った。WBC世界フライ級王者の長男・興毅(23)=亀田=に続き、国内初の兄弟世界王者に輝いたが、試合後には激しい減量が原因で39度以上の熱が出て、祝杯もできずに安静を強いられた。
一夜明けたこの日、神戸市内で会見した大毅は、「不思議な気持ち。オレでも王者になれるんやなあ」と笑顔をみせながら、「(今後については)しんどくて何も考えたくない」と言葉を濁した。亀田ジム・五十嵐紀行会長(35)は、「いろいろな選択肢がある」と、このまま防衛戦をせずにベルト返上の可能性を示唆。興毅と同様、階級を上げて世界2階級制覇を狙うプランもあるようだ。
WBAからは元世界フライ級王者・坂田健史(30)=協栄=と90日以内に初防衛戦を行うよう通達されているが、かつて興毅、大毅が所属していた協栄ジムとは現在、ファイトマネー未払い問題で係争中。先行きは不透明となっている。

JUGEMテーマ:亀田三兄弟


ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 今日の注目ワード★(スポーツ) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
ボクシング フライ級新王者 亀田大毅、一夜明け会見一問一答
亀田大毅


「まだ、実感がない」と亀田大=兄弟王者誕生から一夜明け会見−ボクシング
2月8日12時47分配信 時事通信

日本ボクシング史上初の兄弟世界王者となった、世界ボクシング協会(WBA)フライ級新王者の亀田大毅(亀田)が試合から一夜明けた8日、神戸市内で記者会見を行った。
世界ボクシング評議会(WBC)同級王者の兄・興毅とともに会見に臨んだ亀田大は「まだ実感がない。チャンピオンになったのかな、という感じ」と、まだ夢見心地の様子。「正直、お兄ちゃんみたいにチャンピオンになれるのかな、と思っていた。おれでもなれるんだな、と。うれしさを通り越して不思議」と話した。
亀田興は「(三男の和毅も含め)大きな舞台で3大タイトルマッチをできるぐらい頑張ってやりたい」と今後の抱負を口にした。
WBAから元同級王者坂田健史(協栄)との対戦を義務付けられているが、今後のことは未定という。「あとのことは全然分からない。今までで一番頑張ってきたし、今はほんまに疲れました。ゆっくり休みたい」と語った。 

ボクシング・亀田大「まだ、実感ない」
2月8日13時12分配信 時事通信

WBAフライ級の王座奪取から一夜明け、チャンピオンベルトを肩に掛けて記念撮影に応じる亀田大毅(右)、興毅兄弟。亀田大「まだ実感がない。チャンピオンになったのかな、という感じ」(8日午前、神戸市中央区)

JUGEMテーマ:亀田三兄弟

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 今日の注目ワード★(スポーツ) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
えっ? また?? もぅ 既に負け惜しみ? 大毅 坂田選手との試合はNO?
ボクシング 亀田大毅


協栄とは試合できない?大毅、即王座返上も
2月8日7時2分配信 スポニチアネックス

【WBA世界フライ級タイトルマッチ】
3度目の挑戦で世界奪取を果たした亀田大毅が、防衛戦を行わずに王座を返上する可能性が浮上した。
WBAは90日以内に前王者・坂田健史(30=協栄)との指名試合を行うことを義務付けているが、亀田ジムは協栄ジムとファイトマネーの支払いをめぐって係争中。亀田ジムの五十嵐会長は「まだどうなるか分からない。話し合わないといけないし何も決まってない」と困惑の表情を浮かべた。別の関係者は「裁判が終わらない以上、(対戦は)ありえない」とする強硬論を口にする者もおり、交渉は難航が予想される。
大毅の勝利を受けて協栄ジムの金平会長は「今回の世界戦そのものが坂田との指名試合を戦うことを前提にWBAから認可されている。やってくれると信じている」とし、20日には坂田が予定通り世界前哨戦に臨むことを強調。坂田はフライ級リミットの50・8キロで戦うことになっており、直後にも世界ランク入りする見通しだ。
すべては今後の交渉次第だが、仮に決裂し大毅が王座を返上した場合は暫定王者コンセプシオン(パナマ)と坂田が空位になった正規王座を懸けて戦う選択肢も浮上してくる。ただ、日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内事務局長は「せっかく苦労し手に入れた世界王座。WBAの指示通り初防衛戦をやってくれるものと信じている」と話し、仲介に乗り出す可能性を示唆した。これまでもジム間でファイトマネーなどでトラブルを抱えることはあった。だが、興行的にうまみのある世界王座を安易に手放すケースはほとんどなかった。亀田側がどのような決断を下すのか。今後の動向から目が離せなくなってきた。

世界王座獲得の亀田大 快挙も後味の悪さ残る
2月7日23時13分配信 産経新聞

「何回も言うけど、オレ、そんなに強くないんです。必死にやってるだけですから」。試合前のたけだけしい顔とは違い、試合後はつきものが落ちたように亀田大は語った。日本初の兄弟世界王者は「亀田家」という呪縛(じゅばく)からようやく解放されたようだった。
世界タイトルは奪った。だが、後味の悪さは残る。デンカオセーンがクリンチするたびに亀田大は顔をしかめ、両手を広げてレフェリーにアピール。6、11回にホールディングで王者が減点される。このあたりから流れが変わった。デンカオセーンは「変なポーズをとったり、トリックが多かった。演技をやめてフェアに試合してほしい」と悔しそうに話した。
前回対戦では接近戦で王者の老獪(ろうかい)さに振り回された亀田大。「クリンチ対策」を練ってきたと話していたが、それが“演技”だったとすれば、残念というしかない。
2度の世界戦で敗れ、しかも内藤戦では反則を繰り返して1年間の出場停止。亀田大は「3兄弟の中で邪魔なんかなと思って。(今回)もし負けたら、亀田家におられへんのとちゃうやろか…」と試合前の気持ちを吐露した。幼少時から世界王者を目標にしてきた一家。家族は支えだが、プレッシャーでもある。なりふり構わぬ戦いでベルトを奪いにいく心境も分からぬではないが…。
「家族に恩返しができた。21年間で最大の仕事をやり遂げた」。試合後、出場停止のころの思いを詩に書いた歌を披露した亀田大。ボクシングをしているときよりも、はるかに自然な表情が印象的だった。

亀田大毅の王者奪取劇、よくやったけど「世紀の凡戦」
2月8日12時38分配信 サーチナ

7日に行われたWBA世界フライ級タイトルマッチで、挑戦者・亀田大毅がチャンピオンのデンカオセーン・カオウィチット(タイ)を判定で破り、同級王者を獲得したこと世間の注目が集まった。
昨年に対戦して判定で敗れた王者との再戦となった7日の試合で、大毅は着実にポイントを重ねて3−0の判定勝ちを収めてリベンジを果たすとともに、念願のチャンピオンベルトを手に入れた。団体こそ異なるものの、先日内藤大助を破ってWBCフライ級王者となった兄・興毅とともに市場初の兄弟世界王者となった大毅について、ネット上の感想はいくつかのパターンに分かれている。
まずは、大毅の王座獲得を素直に祝福する内容である。2年前に内藤に挑戦した際に反則行為を繰り返して敗戦し、1年間の出場停止処分を受けた上に「負け犬」「反則王」と猛烈なバッシングを浴びた過去を振り返ったうえで「よくここまで成長した」「いろいろあったが実際にチャンピオンを獲得したことは立派」と評価するコメントが多く見られた。
次に、試合内容の物足りなさだ。激しい打ち合いの派手なボクシングではなく、クリンチを多用する地味な内容に、「タイトルマッチとは思えない」「世紀の凡戦」といった厳しい感想が寄せられた。中には「こんな試合でチャンピオンと呼んでいいのか」といったコメントや、大毅の構え・ボクシングスタイルを酷評して「やめてほしい」という、一連のバッシングの流れをくむようなコメントも見られた。
そして、試合会場や放送に関する内容だ。近年リングの各コーナーやマット上に多く貼り付けられるようになったスポンサーロゴがすべて試合を中継したTBSのロゴだったことや、通例ではラウンド間に入るCMが後半は1本も入らなかったことから「スポンサーがついてない」という感想が多く見られた。また、実況について「絶叫するほどの試合ではなかった」「会場音声だけの副音声をつけてくれ」という不満もあった。
全体的には祝福ムードが大きい大毅の世界奪取劇だったが、一方でアンチファンもなおも多い。また、父親のセコンド復帰については否定的な意見も多いことから、亀田3兄弟がより多くの人々に歓迎されるようになるには今後も結果を出し続ける必要がありそうだ。

JUGEMテーマ:亀田三兄弟

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 今日の注目ワード★(スポーツ) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
世界初の3兄弟世界チャンピオン 次は 亀田家三男 和毅!
亀田和毅


ボクシング 海外では双子王者の例も
2010/02/07 22:25 産経新聞

海外では兄弟世界王者は珍しくはない。同一階級となるとヘビー級で、兄ビタリ、弟ウラジーミルのクリチコ(ウクライナ)や兄レオン、弟マイケルのスピンクス(米国)などが有名だ。タイのカオサイ(スーパーフライ級)、カオコー(バンタム級)のギャラクシー兄弟のように双子の例もある。
国内では元世界スーパーライト級王者の平仲明信の弟、信敏(故人)がフェザー級で世界王座に挑んだ例などがあるが、亀田兄弟が達成するまでは兄弟王者はまだいなかった。

歓喜の亀田3兄弟 和毅「あとはオレだけ」
2月7日23時1分配信 産経新聞

次男の大毅の勝利に亀田3兄弟は抱き合って喜んだ。兄の興毅は「間にはさまってつらい思いをしてると思う。才能ないって言われてたのに、世界の頂点に立った」と涙ぐんだ。大毅の反則問題の際には家族を代表して謝罪会見を開くなど、ライセンスを停止された父の史郎氏に代わって一家を支えてきた長兄らしく弟を思いやった。
三男で1月に世界ボクシング評議会(WBC)中米連盟バンタム級王座を獲得した和毅は「あとはオレだけ。世界初の3兄弟世界チャンピオンになるんで、よろしく」と気勢をあげた。

三男も続くぞ!和毅「来年は世界行きたい」
2月8日7時2分配信 スポニチアネックス

ベルトを巻いた亀田大毅(中央)とファイティングポーズを決める兄・興毅(左)と弟・和毅
【WBA世界フライ級タイトルマッチ】
亀田家の三男・和毅は「あとはオレだけ。世界初の兄弟3人チャンピオンになるので、応援よろしく」と史上初の快挙を誓った。08年11月にメキシコでデビューし、現在、中米カリブ・バンタム級王者。今年1年はメキシコで修業を続ける予定で、「来年は世界に行きたい」と力を込めていた。

世界初3兄弟制覇へ!ウェル亀の野望/BOX
2月8日7時51分配信 サンケイスポーツ

プロボクシング・WBA世界フライ級タイトルマッチ(7日、神戸ワールド記念ホール、観衆=5532)3兄弟世界王者の夢へ王手や! 「亀田3兄弟」の次男・大毅(21)が、3度目の世界挑戦で、WBA世界フライ級王座を獲得。世界2階級制覇を達成したWBC世界同級王者で長男・興毅(23)と、日本初となる兄弟世界王者となった。興毅は年内にも日本人ボクサー初の3階級制覇を狙う野望を持つ。WBC中米連盟バンタム級王者で三男・和毅(18)も、父・史郎氏(44)から許可が出れば、来年にも世界初挑戦へ飛び立つ。
日本初の快挙に、とどまっているつもりはない。まだ、世界で記録されていない3兄弟世界王者へ、いよいよ亀田家が動き出す。
大毅のセコンドに付いた興毅は、ガッチリと抱き合い「ようやった!」と絶叫し、号泣。日本で初めての兄弟世界王者の誕生。興毅と和毅は次男が熱唱パフォーマンスするまでの間、リング上で近い将来の「マニフェスト」を宣言した。

興毅
「誰がきてもきっちり勝って防衛していくだけや。フライ級に敵はいない。3階級制覇を目指してがんばっていくで」

和毅
「今年はメキシコでタイトル戦をやって、オヤジのゴーサインが出たら、オレも3兄弟王者を目指す」

興毅はWBCから同級暫定王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(32)=タイ=との王座統一戦を義務付けられており、3月下旬に予定されている。前王者・内藤大助(35)=宮田=から再戦を要求されているが、眼中にはない。フライ級(リミット50・8キロ)に標的がいなければ、1階級上のSフライ級(リミット52・1キロ)へ転級し、WBA世界Lフライ級王座を含めた3階級制覇を狙っている。
亀田家「最終兵器」といわれる和毅は08年11月にプロデビュー後、練習拠点のメキシコで試合を急ピッチで消化。1月にはWBCの下部団体、WBC中米連盟バンタム級王座を獲得した。興毅は19歳、大毅は21歳で世界王者になったことを踏まえれば、来年にも世界初挑戦の計画が実現する。
そのキーマンは、現在、セコンドライセンス無期限停止の処分を受けている父・史郎氏の動向だ。この日もリングサイドで声をからし、息子たちの奮闘を見守るしかなかった。「ホッとした。(大毅は)小さいころから1位になったことがない子」と感激しながら、「何もできん悔しい思いがある。はがゆい」と複雑な表情。日本ボクシングコミッション(JBC)にはセコンドライセンス再交付を申請しており、処分解除を決める倫理委員会の開催を待っている。それぞれの宿命を抱える亀田家。目標とする3兄弟世界王者実現へ、歯車がまた1つ動いた。


JUGEMテーマ:亀田三兄弟


ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 今日の注目ワード★(スポーツ) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
試合後一夜明け 涙×2の亀田家だったようで…。
世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチ
亀田大毅


亀田大が新王者に=初の兄弟チャンピオン誕生−WBAフライ級
2月7日21時16分配信 時事通信

世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチ12回戦は7日、神戸ワールド記念ホールで行われ、挑戦者で同級11位の亀田大毅(亀田)が王者デンカオセーン・カオウィチット(タイ)を3−0の判定で下し、3度目の世界挑戦で念願の王座を手にした。現世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の兄、亀田興毅(亀田)とともに、日本初の兄弟王者が誕生した。亀田大は16勝(11KO)2敗、デンカオセーンは48勝(20KO)2敗1分け。日本ジム所属の世界王者は、過去最多に並ぶ7人となった。
亀田大は足も使いながら、冷静な戦いぶりを見せた。6、11回には焦ったデンカオセーンが反則で減点。中盤から一気にペースつかんで押し切った。 

「これからがまた夢」=亀田一家、兄弟王者に感涙−WBA世界戦
2月7日22時55分配信 時事通信

世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトル戦が7日、神戸ワールド記念ホールで行われ、亀田大毅選手(21)が王座を獲得した。兄の興毅選手(23)は別の団体、世界ボクシング評議会(WBC)で同じ階級の王者。日本では史上初の兄弟王者に、亀田一家が涙をこぼした。
父の史郎氏(44)は2007年10月に大毅選手の世界初挑戦の際、コーチ役のセコンドを務めた。だが、その試合で大毅選手は反則行為を犯し、1年間のライセンス停止処分を受けた。父も無期限のライセンス停止。リング下で息子のインタビューを聞き、「苦しくつらかったと思う。やっと…」と声を震わせた。
今回は父の願いも背負い、興毅選手、弟の和毅選手(18)がセコンドに。勝利が決まった瞬間、2人は泣きながら大毅選手を抱き締めた。「すごい努力をして、頑張っていた」と兄。
大阪出身の一家は父の下、少年時代からボクシング漬けの日々。和毅選手はWBAバンタム級で世界ランキング入りしたばかりで、「あとはおれだけ」。史郎氏も「これからがまた夢」と「3兄弟世界王者」の目標を掲げた。一家の夢はまだまだ終わらない。

大毅 号泣リベンジ!「亀田家の恥」が世界獲った
2月8日7時2分配信 スポニチアネックス

大毅が泥臭く世界ベルトを手にした。WBA世界フライ級タイトルマッチが7日、神戸ワールド記念ホールで行われ、4カ月ぶりの再戦に臨んだ亀田3兄弟の次男・大毅(21=亀田)は王者デンカオセーン・カオウィチット(33=タイ)とのもみ合いで再三、リングに尻もちを付きながらも3―0判定で雪辱。3度目の世界挑戦で悲願の王座奪取に成功した。2階級制覇を達成している長男でWBC世界フライ級王者・亀田興毅(23=亀田)に続く兄弟での世界戴冠は、国内では史上初の快挙となった。
涙で顔をクシャクシャにした大毅が、兄・興毅、弟・和毅へと勢いよく飛びつき抱き合った。日本初の兄弟世界王者を成し遂げ、感激にむせぶ。勝利者インタビューは、おえつで声にならなかった。
「今まで21年間生きてきて…一番うれしかった。こんなセンスもなく才能もないと言われたオレが…ここまでやれたのは家族のおかげ。ホンマ、ありがとう」
何が何でも勝つ。その気持ちだけで最後までパンチを繰り出した。クリンチを多用する王者デンカオセーンと何度ももみ合いになり、4回に1度、6回に2度、そして8回に3度と計6回もマットに尻もちをついた。だが、かつてのように自分を見失い反則行為に走ることはなかった。逆にイライラを募らせた王者がクリンチで6回と11回にそれぞれ減点1を科せられ、優位に立った。
「(世界初の)3兄弟での世界王者が亀田家の目標。オレは2回負けとるし、もし負けたらオレはもう…亀田家にはおられんのじゃないかなと」
ガードを固めるスタイルを捨てフットワークを使ったアウトボクシングで戦った。判定で敗れた昨年10月の対戦からわずか4カ月での再戦。左ジャブから右や得意の左フックにつなげる正統派のボクサースタイルはぎこちなかった。王者のクリンチを嫌がりアピールを続ける様は、決してレベルの高いものではなかったが、大毅も「必死に頑張っているだけだから。そんなにオレは強くない」と承知のうえだった。
当時18歳で世界初挑戦となった07年10月11日の内藤大助(宮田)戦。反則行為を連発し1年間のボクサーライセンス停止処分を受けた。「(反則は)負けるのが怖かったからかな」。完敗を素直に受け入れられない未熟さ。自らまいた種とはいえ一時は引退が頭をよぎったこともある。
昨年10月の2度目の世界挑戦も判定で敗れた。父・史郎氏(44)は「正直、何をしても一番になれないヤツだと思ったことはあった」と振り返る。順調に2階級制覇を達成した興毅、メキシコで修業を積み素質は3兄弟一と評価される和毅の存在。常にその兄弟と比較され、アマ時代には試合に負け「亀田家の恥」と帰りの車に乗せてもらえず、会場に置き去りにされたこともある。
「これが最後の覚悟だった。2年間は正直つらかった。そのプレッシャーに打ち勝てたのが一番うれしい」と大毅。試合3日前の4日には減量苦で貧血を起こし自宅で倒れるほど肉体的にも追い込まれたが、それも乗り越えた。激しいバッシングを浴びた内藤戦から850日。長く苦しんだ分だけ、ベルトの重さが心地良かった。

大毅涙!日本初の兄弟王者や!!…WBA世界フライ級
2月8日8時0分配信 スポーツ報知

◆WBA世界フライ級タイトルマッチ 
同級11位・亀田大毅(判定3−0)王者 デンカオセーン・カオウィチット
(7日・神戸ワールド記念ホール) 
挑戦者・亀田大毅(21)=亀田=が初の世界タイトル奪取に成功した。昨年10月の対戦から4か月後の再戦で、王者デンカオセーン・カオウィチット(33)=タイ=に3―0の大差判定勝ち。王者のクリンチワークに苦しみながらも冷静に有効打を重ね、WBC世界フライ級王者の兄・興毅(23)と並び、日本初の兄弟同時世界王者が誕生した。また、国内の世界王者は過去最多タイの7人となった。大毅の戦績は16勝(11KO)2敗。
不安で仕方なかった。終了のゴングが鳴り、判定を待つ大毅の表情は神妙だった。ジャッジ2人が最大6ポイント差をつける勝利がコールされた次の瞬間、振り向きざまに、セコンドの兄・興毅と強く抱き合った。和毅も加わり日本初の兄弟同時世界王者誕生の喜びを分かち合った。「21年間生きてきて一番うれしい」。涙が止まらない。続けてマイクを握った興毅が「大毅、よーやった」と涙で絶叫した。
敗戦を糧に勝利をつかんだ。昨年10月、王者の巧みなクリンチワークに苦しめられ判定負けした。今回も開始40秒でいきなりクリンチを仕掛けられた。体を寄せられ、リズムをつくれなかった。だが、いら立ちを見せた前回の幼い姿はなかった。冷静さを失わず、6回、11回とデンカオセーンに2度のホールディングによる反則で減点を引き出した。
この4か月で鍛えた下半身の成果を出すように出入りのスピードを生かし、パンチを重ねる。頭から飛び込む王者に4回スリップしてもペースを崩さず、10回には高速ジャブで王者をふらつかせた。たった4か月間。それでも心と体を成長させ、3度目の世界挑戦で頂点を極めた。
重圧が体をむしばんだ。試合3日前の4日。東京・葛飾区の自宅の廊下で倒れた。原因は立ちくらみ。減量は過酷さを極めたが、それ以上に精神的に厳しかった。
07年の内藤大助戦での反則行為で1年間ボクサーライセンスを停止され、バッシングを浴びた。栄冠をつかんだ試合の後のリング。「ご迷惑をかけました」と改めて謝罪。周囲が考える以上に本人の中でけじめはついていなかった。
家族の夢もいつしか大きなプレッシャーとなった。兄の興毅は無敗で2階級制覇を達成。弟の和毅も今年1月に初の地域タイトルを獲得した。自分はといえば21歳にして世界戦に2度敗北。「3兄弟の中で俺は邪魔なんだと思っていた」といつしか劣等感を抱いていた。重たい十字架もこの勝利でようやく下ろすことができた。
初防衛戦の相手は、元王者の坂田健史(30)=協栄=が有力。WBA本部から日本ボクシングコミッションに、この試合の勝者に坂田との対戦を義務づけるレターが届いている。ただ、かつて兄弟が所属した協栄側と亀田ジムはファイトマネー支払いをめぐり係争中のため、事態は流動的だ。
「今は気持ちがいっぱいいっぱい」と大毅は明言を避け、亀田ジムの五十嵐紀行会長(34)は「坂田側と交渉は行う」と話すにとどまった。
世界初の3兄弟世界王者の夢はこれから始まる。静けさが戻ったリングの横で、大毅は2年7か月ぶりに試合後のパフォーマンスを行った。特技のピアノで自作の「みんなへ」というシックな楽曲を披露。「俺はもう一度立ち上がる」という詞。かつて地獄を見た青年は、やっと自分自身に決着をつけた。

◆亀田 大毅(かめだ・だいき)
1989年1月6日、大阪市西成区生まれ。21歳。2004年5月、史上最年少の15歳4か月で全日本実業団バンタム級優勝。アマ戦績は10勝(3KO・RSC)2敗。06年2月26日、1回KO勝ちでプロデビュー。07年10月にWBC世界フライ級王者・内藤大助に挑戦も0―3の大差判定負け。反則行為で1年間のライセンス停止処分を下される。世界戦2度目の09年10月のWBA世界フライ級王者・デンカオセーン戦は0―2の判定負け。身長168センチの右ファイター。愛称は「浪速の弁慶」。

ボクシング 亀田大毅戦の視聴率19%
2月8日10時20分配信 毎日新聞

亀田大毅選手が判定勝ちした7日の世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチ12回戦で、TBS系が午後7時58分から放送した試合の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ)は関東地区で19.0%だった。
一方、日本テレビが5日、放送した金曜ロードショー「崖の上のポニョ」は29.8%を記録した。同ロードショーでは歴代5位の高視聴率だった。

<ボクシング>亀田大毅対デンカオセーンの世界戦視聴率最高25.4%、平均は19%
2月8日10時19分配信 毎日新聞

【WBAフライ級タイトルマッチ】
亀田大毅選手が(21)=亀田=が、王者デンカオセーン・カオウィチット選手(33)=タイ=に判定勝ちし、新王者となった世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチ(TBS系)の視聴率が平均19.0%、最高視聴率は25.4%だったことがビデオリサーチの調べで分かった。
試合は、昨年10月以来の再戦となった亀田選手が、判定3−0で勝ち、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の兄興毅選手とともに国内初の兄弟世界王者となった。 

JUGEMテーマ:亀田三兄弟

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 今日の注目ワード★(スポーツ) | TOP↑ |

 インフォブログランキング にほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
WBA世界フライ級タイトルマッチ 亀田大毅 とりあえず…おめでとぅ (@^▽^@)ノ 兄弟王者誕生っ
ボクシングWBA世界フライ級タイトルマッチ

●[王者]
デンカオセーン・カオウィチット
(タイ/50戦48勝1敗1分)
12R 判定0−3
(110-116、112-114、110-116)
○[挑戦者]
亀田 大毅
(亀田ジム/同級11位/17戦15勝2敗)

ボクシング 亀田大毅が判定勝ち 日本初の兄弟王者誕生
2月7日21時44分配信 毎日新聞

【WBAフライ級タイトルマッチ】
世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチ12回戦が7日、神戸・ワールド記念ホールで行われ、同級11位の亀田大毅(21)=亀田=は昨年10月以来の再戦となった王者のデンカオセーン・カオウィチット(33)=タイ=に判定3−0で勝ち、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の兄興毅とともに国内初の兄弟世界王者となった。デンカオセーンは3度目の防衛に失敗。男子で国内ジム所属の現役世界王者は、史上最多タイの7人に増えた。
また、WBA女子スーパーフライ級タイトルマッチ10回戦もあり、王者の天海ツナミ(25)=山木=が同級9位、シャニー・マーティン(28)=英国=を3−0の大差の判定で降して初防衛に成功した。国内の女子世界王者は4人のまま。

【略歴】亀田大毅(かめだ・だいき) 
89年1月6日、大阪市出身。「亀田3兄弟」の次男。
04年5月、史上最年少の15歳3カ月で全日本実業団選手権バンタム級優勝。
06年2月にプロデビューし、18歳だった07年10月に世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の内藤大助に挑戦して判定負け。
この試合での反則行為により1年間のボクサーライセンス停止処分を受けた。
08年11月に復帰し、昨年10月にデンカオセーンに挑んだが判定で敗れ、今回が3度目の世界挑戦だった。
右ファイター。
戦績は18戦16勝(11KO)2敗。

≪日本の他の現役世界王者≫
▽WBCフライ級=亀田興毅(亀田)
▽WBAスーパーフライ級=名城信男(六島)
▽WBCバンタム級=長谷川穂積(真正)
▽WBCスーパーバンタム級=西岡利晃(帝拳)
▽WBAスーパーフェザー級=内山高志(ワタナベ)
▽WBAスーパーウエルター級暫定=石田順裕(金沢)

○亀田大毅3−0デンカオセーン・カオウィチット●
スピードに勝った亀田大が、終盤にデンカオセーンのスタミナ切れを誘った。序盤は王者がボディーを有効に決め、優位に進めた。しかし、亀田大は素早い動きで攻撃をかわしながら、踏み込んでの左フックを軸に挽回(ばんかい)。クリンチで逃れる作戦に出た王者は六、十一回の2度、ホールディング(相手の腕や体を抱え込む反則)で減点となったのも痛く、終盤の打ち合いは亀田大が制した。

◇亀田大、スピードで王者を圧倒
勝負の分岐点は六回だった。王者がホールディングを取られて1点の減点。序盤はやや劣勢だった亀田大だが、この反則の直後に「相手が乱れてきている」という実感が生まれた。
伏線はあった。クリンチでかわす王者得意の戦法に、何度も身ぶりで不満をアピール。クリンチ状態からのスリップは6回を数えた。デンカオセーンは十一回にも同じ反則を取られて戦意を失う。
もちろん、亀田大の成長もあった。王者が「すばしこかった」と称したスピードで圧倒。足を使ったアウトボクシングに徹し、12歳年上となる王者のスタミナを奪ったことが勝利の要因となった。
父史郎氏は「小さい時から1番になったことがない子。世界戦も2回負け、トラウマもあったと思う」と語る。この壁を破るため、3兄弟の中でも「練習嫌い」と評判の次男が今までにないトレーニングを積んだ。ビルドアップされた肉体が、その成果を物語る。
ただ、本人も認めるように試合内容自体は褒められたものではない。スピードでかく乱し、鋭い左フックを放つ新境地も見せたが、そこから右のコンビネーションにつなぐまでには至らなかった。王者のクリンチもあり、攻めあぐねた場面が目立ったのも事実だ。
兄弟王者の偉業について、「21年間で最大の仕事はやり遂げた。仕事の内容はあれだけど……」と語った亀田大。今後の防衛戦で真価を問われる自覚はあるようだ。

○…デンカオセーンは、ホールディングによる2度の減点を「あれで気落ちして、スピリットが落ちてしまった。ジャッジは減点すべきじゃなかった」と判定への不服を口にした。前回の対戦同様、中盤以降は足が止まったが「逃げずに打ち合いに持っていこうとしたから」と、スタミナ不足との指摘を否定。今後も現役続行の意向を示し「(亀田大と)もう一度やりたい。必ず勝つ」と話した。

○…女子の天海は王座獲得から1年ぶりの試合で、ブランクを感じさせない俊敏な動きを見せた。身長で8センチ上回る挑戦者を相手に「打ち終わりに懐が空くので、そこを詰めた」と長いリーチをかいくぐり、左右の連打を面白いように決めた。それでも、「倒すことを目標に鍛えてきたので、まだまだ」。満足せず、次を見据えた。

<亀田大毅>「練習嫌い」返上、王者の反則引き出す
2月8日7時1分配信 毎日新聞

【WBAフライ級タイトルマッチ】 
○亀田大毅(判定・3−0)デンカオセーン・カオウィチット●
スピードに勝った亀田大が、終盤にデンカオセーンのスタミナ切れを誘った。序盤は王者がボディーを有効に決め、優位に進めた。しかし、亀田大は素早い動きで攻撃をかわしながら、踏み込んでの左フックを軸に挽回(ばんかい)。クリンチで逃れる作戦に出た王者は六、十一回の2度、ホールディング(相手の腕や体を抱え込む反則)で減点となったのも痛く、終盤の打ち合いは亀田大が制した。

■亀田大、スピードで王者を圧倒
勝負の分岐点は六回だった。王者がホールディングを取られて1点の減点。序盤はやや劣勢だった亀田大だが、この反則の直後に「相手が乱れてきている」という実感が生まれた。
伏線はあった。クリンチでかわす王者得意の戦法に、何度も身ぶりで不満をアピール。クリンチ状態からのスリップは6回を数えた。デンカオセーンは十一回にも同じ反則を取られて戦意を失う。
もちろん、亀田大の成長もあった。王者が「すばしこかった」と称したスピードで圧倒。足を使ったアウトボクシングに徹し、12歳年上となる王者のスタミナを奪ったことが勝利の要因となった。
父史郎氏は「小さい時から1番になったことがない子。世界戦も2回負け、トラウマもあったと思う」と語る。この壁を破るため、3兄弟の中でも「練習嫌い」と評判の次男が今までにないトレーニングを積んだ。ビルドアップされた肉体が、その成果を物語る。
ただ、本人も認めるように試合内容自体は褒められたものではない。スピードでかく乱し、鋭い左フックを放つ新境地も見せたが、そこから右のコンビネーションにつなぐまでには至らなかった。王者のクリンチもあり、攻めあぐねた場面が目立ったのも事実だ。
兄弟王者の偉業について、「21年間で最大の仕事はやり遂げた。仕事の内容はあれだけど……」と語った亀田大。今後の防衛戦で真価を問われる自覚はあるようだ。

大毅、王座奪取!涙で「21年間で一番うれしい」/WBAフライ級
2月7日21時16分配信 サンケイスポーツ

世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチは7日、神戸ワールド記念ホールで行われ、同級11位の亀田大毅(21)=亀田=が王者デンカオセーン・カオウィチット(33)=タイ=を3−0の判定で下して、王座奪取に成功。「亀田3兄弟」の長男・興毅(23)はWBC同級王者で、国内では初となる兄弟での世界王者誕生の快挙となった。試合後、大毅は「今まで21年間生きてきて一番うれしかったです」と涙を流して喜びを語った。
両者は1Rから激しく打ち合い、大毅は左フックをヒットさせてデンカオセーンをフラつかせる場面もあった。デンカオセーンは6Rでホールディングの反則で減点1、さらに11Rでも同じくホールディングで減点1が与えられた。
大毅とデンカオセーンは昨年10月に対戦し、大毅は0−2(1人引き分け)で判定負けしていた。亀田大毅の戦績は18戦16勝(11KO)2敗。これで日本のジムに所属する男子の世界王者は7人となった。

亀田大「今までで1番大きな仕事をやり遂げた」試合後コメント
2月7日23時16分配信 スポーツナビ

世界ボクシング協会(WBA)のフライ級タイトルマッチが7日、兵庫・神戸ワールド記念ホールで行なわれ、挑戦者・亀田大毅(同級11位)が王者デンカオセーン・カオウィチットを判定で破り、王座獲得に成功した。
序盤は押され気味だった亀田大だが、徐々にペースを握ると兄・興毅直伝ノーモーションの右ストレートなどで試合を優位に進め、デンカオセーンの反則を誘発。減点2を取られた王者は、終盤猛ラッシュを仕掛けるも、亀田大は冷静に対処し、判定勝利を収めた。

以下は試合後の亀田大のコメント
■亀田大「1番大きな仕事をやり遂げた」
──試合を終えて感想は?
俺が世界チャンピオンになったのか、信じられへん。

──今日のデンカオセーンの印象は?
今日戦ってみて、思っていた以上に強い選手だということがわかった。その強い選手に勝つことができてうれしい。夢のようです。

──日本初の兄弟世界チャンピオンになりました。
過去2回世界タイトルに挑戦して、失敗した。(三兄弟での世界チャンピオン達成に)自分は邪魔なのかと思ったこともあった。

──試合を振り返ってみて、感想は?
相手も自分もベストコンディションだったと思うが、自分の方が上積みがあったように思う。
お兄ちゃんがチャンピオンになってから死に物狂いでやってきたことが、やっと報われた。

──勝利を確信した瞬間は?
ずっと確信はなかった。

──手ごたえを感じたラウンドはあった?
相手のスタミナ切れや、ボディーが効いていると感じたときがあったが、油断はしなかった。相手のパンチは強かったし、自分は自分の作戦を確かめながら戦っていた。

──勝利を告げられた瞬間の感想は?
おやじがそばにいないのが寂しかった。

──お父さんに何を伝えたい?
「ありがとう」しかないな。この試合に負けたらどうしようかと思っていた。プレッシャーに勝つことができて良かった。疲れた。

──デンカオセーン選手にホールディングの減点が課された時、何を感じた?
「乱れているな」と思った。けど、練習してきたことは全然出せなかった。今は大きな仕事が終わったと思っている。21年間生きてきて、1番大きな仕事をやり遂げた。少しゆっくりしたい。

──内藤選手と対戦後の2年間を振り返って。
正直つらかった。俺だけだったらいいけど、家族やファンに迷惑を掛けた。

ランキングに参加中です
ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ブログランキング  

List Me〜σ(〃'▽'作) by BlogPeople

     
続きを読む >>
  blogram投票ボタン ブログランキング
track feed
| - | - | 今日の注目ワード★(スポーツ) | TOP↑ |
グーグル ページランク無料ブログ ランキング